<   2006年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 17日

WBC雑感 その2

WBCについて再度書くことになるとは、思いもよらなんだ・・・(笑

日本が優勝するよりも、準決勝で韓国に勝てるのか、その関心の方が高いです。
今大会、韓国が強い理由はいくつかありますよね。

   兵役免除というアメ
   大リーガーを大勢招集できた
   日本戦に限れば、日本にだけは負けたくないという執念が強い

現状のチーム力を比較すれば、たしかに韓国代表の方が上だと言えるのかもしれません。
それと、どうやら球場の観客は韓国人のほうが多いようなので、アウェー環境ということも日本にとっては不利なんでしょう。
しかし、もし次も韓国に負けてしまったとしたら、さすがに・・・さすがに日本プロ野球界にとって大打撃になるのではないでしょうか?
あんまりスポーツの試合に国の威信がどうとか言いたくないんですけど、なんとかならんのかと、ついグチの一つでもこぼしてみたくなります。

それから、昨日今日ラジオを聞いていたら、やはりというか、日本人大リーガーが代表の召集を断ったのは愛国心に欠けているからだ、という意見を聞きました。
じゃあ他の国はどうなんだと言うと、日本よりも愛国心が強いと言われているアメリカでさえ召集を断っている選手がいるんだから、代表を断る選手は愛国心に欠けている、とは一概に言い難いと思います。
さらに、韓国なんか兵役免除っていうご褒美があるんでしょ?
もし、国の大事な義務から逃れたくて頑張って勝ってるんだとしたら、その選手には愛国心があるって言えるのかな?
国を愛しているけれども兵役には就きたくない、そういうのもアリかもしれないけれど、あんまりそんな奴の言うコトは信用したくないね。

愛国心はとても大切なモノだと思うし、特に日本を代表するような人には当然のように備わっていて欲しいと思いますよ。
ひょっとしたら、日本が韓国に勝てないのは、こういうことが関係しているのかもしれませんしね。
でも、どうもWBCに関する最近のメディアのコメンテーターの主張の中には、排他的で不寛容で攻撃的な意見があり、上手く言えないんだけど釈然としないモノを感じています。

しかし・・・
一昨年の近鉄買収騒動で日本のプロ野球と決別宣言したわりに、未だにプロ野球に関心がある私ってどうなんでしょうか?(苦笑
[PR]

by k_milliard | 2006-03-17 14:29 | 寸評
2006年 03月 16日

WBC雑感

WBC2次リーグ、韓国代表に負けたのは残念でしたね。
それだけ韓国代表に実力がありチームとしても調子が良く、なにより精神的に勝負に拘っていた結果、日本代表に勝てたんだと思います。
日本代表も現状でやれるだけのことはやっていたと思いますけれど、やはり韓国よりも何かが劣っていたから負けたはずです。
ここは素直に韓国代表の強さを認め、準決勝で韓国代表が善戦するよう願いたいです。

ところで、2ちゃんねるを見ていると、韓国に負けたのは誰のせいなのか、戦犯探しがちらほらと。
試合に出場していないヤンキース松井の名前なんかも出てました。
でも、負けた後からあれこれ言っても意味無いっすね。
負けたことを誰か個人のせいにしても何の収穫も無いでしょ。
たしかに、監督の采配や個々の選手の資質的な問題があったのかもしれないけど、特定の人間だけを槍玉にあげるのはどうかと思います。
まるで、太平洋戦争をA級戦犯だけのせいにしておけば東アジアに平和が訪れるんだぁ、みたいな特亜的未来志向のようで嫌です。(笑
しかも松井選手なんか出場してないのに、出場を辞退したことが負けた原因のように言われて、迷惑な話ですよ。
前にも書いたように、大リーグでもそうでしたけど、有力選手が出場辞退した原因は、こんな時期に開催したWBC側にありますから。
それに、例えスケジュールに余裕があったとしても、出場するしないを決めるのは最終的には選手個人の判断であって、それを尊重せずに「今のおまえがあるのは誰のおかげだ!?」っていう言い方は、いかにも日本人の悪い部分、ムラ社会の閉鎖的なモノの考え方だなぁと思います。
(韓国はもっと酷いのかもしれませんが。(笑))
いや、道理としては正しいと思いますよ。
ただ、松井選手にしても、どんな思いで出場を辞退したのか、体調はどうなのか、彼を取り巻く環境はどうなのか。
そういうことを勘案するだけの寛容な精神も無く、恩着せがましく、厳しく批判する人の気持ちのほうが私は問題だと思いますね。

これを何か身近な話に無理やり例えるとすれば、忘年会シーズンに身内の法事が重なった場合なんかどうですかねぇ。
例えば、大事な案件の仕事が山場の時期で失敗が出来ず、故に上司や部下とコミュニケーションを密に図りたいと思っているときにシーズンたけなわの忘年会が企画された、と。
一方、同時期に身内の法事も予定されていて、週末にズラすことも出来るのに、運悪く平日の同じ日にやると連絡が来てしまった。
一応、週末であれば出席できるとは言ったものの、そんな意見は却下されてしまった。
本当なら大事な身内の法事なので自分としても出席するのが筋だし行きたい気持ちは十分にある。
でも、今の仕事のことを考えると、どうしてもこの忘年会だけは外せない。
悩んだ挙句、当日は忘年会に行くことにした。
すると、親戚の中から「どうしてあいつは来ないんだ」「一体、誰のおかげで今の生活が出来ると思ってるんだ」という非難の声があがる。

かなり強引な例え話なので、これに関して厳しいツッコみはご遠慮下さいな・・・;
でも、こういう「どっちを取る?」みたいな話なら、私達の身近にもあるんじゃないかと思います。

まぁ、私はイチロー選手よりも松井選手のほうが人格的に優れていると思うから、余計に松井選手を贔屓目に見てしまうのかもしれませんけどね。
イチロー選手がプロ野球選手として一流なのは認めてますし、彼は彼なりにストイックな性格だと思います。
でも、1次リーグ前の記者会見で、イチロー選手はちょっと強気な発言をしてたでしょ。
たしか、「30年は日本に手は出せないな、という勝ち方をしたい」って言ってましたよね?
あーいう発言、私嫌いなんですよねぇ。
思い返せば1989年の日本シリーズ第三戦終了後、近鉄の加藤投手の不用意な発言がきっかけで巨人が奮起し近鉄が日本一を逃したのは有名な話です。
口は災いの元って言いますけど、イチロー選手の場合もちょっとその気があるんじゃないでしょうか?
先輩選手やOBに対して、冗談だと分かっていても高慢な発言が過ぎると思います。
いまいち私がイチロー選手を好きになれないのは、そういう面が目立つからです。

今回の彼の発言は韓国を名指ししていたわけでは無いので韓国側の屈折した過剰な反応もあったにせよ(笑)、謙虚さを感じさせない自信たっぷりな発言をするイチロー選手には、今回のことで何かを学んで欲しいと思いました。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-16 20:10 | 寸評
2006年 03月 15日

こりゃ「七転八倒」だぁw

民主・起き上がり小法師で激励のはずが…起きあがらない!?(サンスポ)
--- 記事引用開始 ---
  転んでも転んでも起き上がろう!! 民主党の渡部恒三国対委員長(73)は14日、地元の
 福島県会津地方の民芸品「起き上がり小法師(こぼし)人形」を前原誠司代表(43)ら同党の
 衆院議員に手渡した=写真。
 
  転がってもすぐ元に戻る縁起物で、メール問題で沈みがちな党議員らを励まそうと、常任幹事
 会で「七転び八起き。春が来ない冬はない。どんなに転んでもわれわれは立つ。これが今の民主
 党だ」と語りかけた。
 
  ところが、前原代表がもらった人形だけが起き上がらず「あれ、起きないな」(前原代表)。
 渡部氏は「起きるはずなんだけど。転び方が悪かったかなぁ」と笑いでまぎらわせた。渡部氏は
 9月の党代表選挙で前原氏続投がないことを示唆しているだけに、周りに合わせて笑顔を見せる
 前原氏のほおは、心なしか引きつっていた…。
--- 記事引用終了 ---

こういうことってあるんですねぇ。(笑
励まそうとしたのに逆に縁起の悪いことになってしまったとは・・・トホホ。
前原代表、よくよくツイてないというか、民主党自体がオチ目だという象徴みたいな話に感じました。

しかし・・・手渡す前に一回くらい確認しとけばいいだろうに。
偽造メール問題といい、今の民主党に一番相応しいツッコみは、

「ちゃんと確認した?」

でしょうね。(笑
[PR]

by k_milliard | 2006-03-15 10:11 | ニュース
2006年 03月 13日

優勝候補と言うよりは、優勝予定

日本、米にサヨナラ負け-WBC2次リーグ開幕(サンスポ)
--- 記事引用開始 ---
  【アナハイム(米カリフォルニア州)12日共同】野球の第1回ワールド・ベースボール・
 クラシック(WBC)は12日、2次リーグが開幕し、当地での1組第1試合で日本は優勝候補
 の米国に3-4でサヨナラ負けした。
 
   (途中、省略)
 
  審判員の判定が覆られなければ、日本は勝利を収めていたかもしれない。3-3の八回一死
 満塁で岩村が左飛。三塁走者の西岡がタッチアップで本塁に突っ込み、1点を勝ち越したかに
 見えた。このプレーに米国のマルティネス監督が抗議。西岡の離塁が早かったとみなされて、
 西岡はアウトに変更され、勝ち越しは夢と消えてしまった。
--- 記事引用終了 ---

アメリカ、必死だな。(笑

八回の、この問題のプレーをまだ動画で観てないので実際はどうなのか分からないけれど、日本が勝ち越す判定を覆してしまうあたり、アメリカの必死度が伝わってきます。
スポーツの国際試合では抗議で判定が覆るのはたまにあることなので、こういうことも含めて、特にこの試合のようにアウェーでの試合では、ある程度ホーム有利なのは覚悟の上なんでしょうけれど。
ただ、このWBC、ベースボールの世界的な普及を目指すのが目的とかなんとか言ってるけど、アメリカが強引に開催に漕ぎ着けた経緯から考えても、第1回目くらいはアメリカが優勝しなきゃ面目丸潰れでしょ。
例えるなら、漫才のM1グランプリの第1回目で吉本興行の中川家が優勝したようなものか?(笑

もし、この大会でアメリカが優勝しなかったとしたら、どうなるんでしょうねぇ。
これがアメリカじゃなく他の国なら、監督コーチ選手一同、山奥の炭鉱での強制労働送りになるのかもしれませんが。
今のアメリカなら、徴兵されてイラク行きが妥当な線か?(笑
[PR]

by k_milliard | 2006-03-13 11:13 | ニュース
2006年 03月 09日

【恥辱の楽園伝説】ハッタり・ユスり・タカり・偽造紙幣でどこまでイケるか

北朝鮮、米朝協議体の創設提案・米銀への口座開設も(日経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  【ソウル=峯岸博】北朝鮮が7日のニューヨークでの米朝接触で、米ドル紙幣偽造と北朝
 鮮政府は「全く無関係」と反論したうえで、違法金融活動に関する米朝協議体の創設や米
 銀への北朝鮮口座開設を米側に提案していたことが8日明らかになった。会合に出席した
 北朝鮮の李根(リ・グン)外務省米州局長が韓国のハンギョレ新聞とのインタビューで語っ
 た。
 
  同紙によると、李局長は米国との会合で海外からの観光客を通じて北朝鮮に偽造紙幣
 が入ってくる可能性を指摘。平壌にニセ札製造工場があるとの情報も他国の情報機関の
 陰謀だと否定した。
 
  6カ国協議については、中国・マカオ特別行政区にある銀行「バンコ・デルタ・アジア」に米
 政府が科した実質的な「金融制裁」の解除が協議復帰のための「最低限の条件だ」と米側
 に伝えたことを明らかにした。
 
 一方、「米国が情報を提供すれば製造者を逮捕して機械や紙、インクなどを押収、米財
 務省に通報できる」と述べ、情報交換や対策を話し合う米朝協議体構想の利点を強調し
 た。米側は「考えてみる」と答えたという。
--- 記事引用終了 ---

アメリカ側が最後に答えた「考えてみる」って、「イランよりも先に北朝鮮を攻撃目標にすることを考えてみる」って意味だったりしてね。(笑

んで、毎回白々しい北朝鮮側の反論ですが、

> 海外からの観光客を通じて北朝鮮に偽造紙幣が入ってくる可能性を指摘。
> 平壌にニセ札製造工場があるとの情報も他国の情報機関の陰謀だと否定した。

こういう反論は、かつてオウム真理教もやってましたね。
いまさら北朝鮮も事実を認めるわけないし、ひたすら被害者面で通すしかないんだろうけど。(苦笑

そういえば北朝鮮、こっそり日本海に向けてミサイルを発射してたみたいですね。
ちょうどミサイル防衛の日米共同実験が成功したときだし、なんらかのメッセージと受け止めるべきでしょうか。
でも、やってることのレベルといえば、気に入らない隣の家の壁に向かって立ちションしてみた程度のセコい嫌がらせのようにも感じますが。(笑
[PR]

by k_milliard | 2006-03-09 18:25 | ニュース
2006年 03月 08日

その先心中

“及び腰外交”大きなツケ 境界画定棚上げ論も(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  日本政府内には未確定の日中中間線の境界画定を棚上げし、共同開発論議を前進させ
 るという秘策も浮上している。だが、東シナ海の海洋権益確保に猛進する中国にどう対処
 するかという根本問題の解決にはほど遠い。試掘実施が最も効果的な対抗策のはずだ
 が、“及び腰外交”を繰り返す政府の対応が今日の事態を招いたといえる。
 
   (途中、省略)
 
 ≪誤算≫
 
  二階経産相は就任後、東シナ海問題について「中国との粘り強い対話」を強調してきた。
 
  中川昭一前経産相(現農水相)が試掘権を盾に中国と正面から対峙(たいじ)したが、「私
 はその道はとらない」と公言する二階経産相の戦略は、省エネや環境対策の技術協力と引
 き換えに中国側の譲歩を引き出そうとする「太陽路線」。二月の訪中時には、「日中省エネ
 環境総合フォーラム」を今年五月に日本で開催することで合意するなど、中国に便宜を図る
 形での関係改善を模索していた。そういった思惑も、中国にはまったく通じなかった。
 
  中国のエネルギー需要は石油換算で二〇〇四年の十三億八千六百万トンから、二〇二
 〇年に二十億六千三百万トンへ約一・五倍に増えるとの試算もある。「資源獲得への切迫
 感は日本と比較にならない」(資源エネルギー庁幹部)という。
--- 記事引用終了 ---

> 中国に便宜を図る形での関係改善を模索していた。そういった思惑も、中国には
> まったく通じなかった。

便宜を図っても、まったく通じなかったそうですよ。(笑
今後、二階経産相はどうするつもりなんでしょうかね。
その他大勢の「親中派」と呼ばれている人たちもどうなんすか。
これからも中国と共に歩んで行かれるわけですか?
だったら、これからは「親中派」ではなく「中国と心中派」と呼ばせてもらいましょうか?(笑

ところで、ここんとこ中国の動きは分かり易いですね。
7日の李外相の日本批判の様子なんか、かなり末期的に思えるんですけど。
このエネルギー・資源問題、中国はとても切迫しているんでしょう。
どうも、ちゃんと対外的な戦略を考えてる余裕が無いっていう感じで、とにかく目の前の問題をクリアするのに必死のようです。
サメと同じで、止まったら死んじゃう、みたいな。(笑
だから、李外相のような場の空気を読めない対応をしてしまうように思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-08 11:08 | ニュース
2006年 03月 07日

2010年 はやぶさの旅

探査機「はやぶさ」との交信回復 地球帰還は苦難の道(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  小惑星イトカワへ着陸を果たした後、姿勢制御が不能になって交信も途絶した探査機
 「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)は7日、交信が回復したと発表し
 た。今後2010年の地球帰還を目指した作業を始めるが、姿勢制御用の化学エンジンの
 燃料がすべてなくなったらしいことが判明。帰還は困難が予想される。
--- 記事引用終了 ---

気まぐれな友人が時々思い出したようにかけてくる電話のように、記憶が薄れかけた頃に報じられる探査機「はやぶさ」の行方。
この日本の宇宙航空テクノロジーは、きっと物凄く大変な技術力に違いないんだろうなぁと思いつつも、その凄さがいまいちピンとこないです。
失敗なんだか実は紙一重で上手くいってんだか、素人の私にはよく分かりません。
身近な話に例えるなら・・・暗闇の中で皿の上の大豆の山を別の皿に箸で摘んで一粒ずつ移動しようとする、それくらい危なっかしい作業なんでしょうか?(笑

2010年に地球に帰還する予定だそうなので、無事に「はやぶさ」が帰還することを流れ星にお願いしておきます。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-07 23:06 | ニュース
2006年 03月 07日

どこからが差別なんだか、よく分からない

均等法改正案を閣議決定 間接差別の禁止も明記(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  政府は7日午前、間接差別の禁止や、妊娠を理由とした職種、配置転換などの禁止を盛
 り込んだ男女雇用均等法の改正案を閣議決定した。同日午後、国会に提出し今国会での
 成立を目指す。施行は来年4月の予定。
 
  間接差別は一見、性別に中立のようで、合理的な理由がないまま一方の性を差別する考
 え方。改正法案では、省令により(1)募集、採用で仕事と関係ない身長や体重(2)総合職
 の募集で全国転勤(3)昇進時の転勤―を要件にすることを禁じる、とした。
 
  現行法では妊娠、出産を理由とした解雇だけの禁止だが、新たにパートなどへの職種転
 換、配置転換、退職強要などの禁止を加えた。このほかセクハラ対策の強化も盛り込ん
 だ。
 
  炭鉱労働者の減少やトンネル工事の安全・衛生化から、坑内労働で女性技術者が管理
 監督業務に就くことを解禁する労働基準法改正案も閣議決定された。
--- 記事引用終了 ---

当たり前の話だけど、差別はいけませんよ。
この記事に関連して、例えば私のこんな体験談はどうでしょうか。

私は、会社を辞めた後の一時期、いろんな職種の面接を受けたことがあります。
中には募集内容と異なることを要求してきた会社もあり、法的に問題がある会社もありました。
で、ある会社では、面接に行ってみると職場のほとんどが女性という職場がありました。
面接官の人はいい感じの人だったんですけど、女性だけのいい雰囲気の職場に男を入れたくないというのがなんとなく態度から伝わってきました。
私は応募の段階でそれが分からずに、わざわざ面接を受けたもののダメでした。
本当はその会社としても募集の時点で女性オンリーを条件にしたかったんだと思います。
私だって、そんな会社の意向を無視して強引に働かせろなんて言いませんよ。
その会社が悪いとは思わないんですけど、だったら募集内容に明確に書いておいて欲しいと面接を受ける側としては思いましたね。
そうすれば、貴重な求職活動の時間を無駄にせずに済んだんですから。
でも、そういうのって今の時代は差別って言われてしまうのかなぁ。

もう一つ、別の体験談です。
ある時期に私が働いていたベンチャー企業では、業務のうえで電子メールが必須だったので、その会社は「メールアドレスを持っていること」を条件の一つとして採用活動をしてました。
ある日、人事担当の人が電話で採用の対応をしていると、電話をかけてきた年配の女性がエラく怒りだしました。
その様子を近くの席で見ていたんですけど、どうやらその女性はメールアドレスを持っていなかったらしく、「メールアドレスを持っていることを条件にするのはおかしい、差別だ」と言い出して怒り出したらしいのです。
その怒り方がハンパじゃなく、とうとう社長さんが代わって対応したんですが、それでも「訴えてやる!」とまで言って半狂乱で怒っていたようです。
さすがにこの女性の場合はちょっと病的なものを感じますが、なんとか職にありつこうと必死なのは分かりますけど、こうやってクレームをつけてくる人もいるんですよねぇ。

性差を理由に差別したり結婚や出産を契機に退職を迫るようなのはダメだと思いますよ。
でも、私が経験したこういう例なんか、私は差別だとは思わないんですけどねぇ。
たしかに、差別的な意識から募集内容に様々な条件を付けていた会社が今まではあったんでしょう。
私もたくさんの会社の面接を受けてきたので、そういう社会の汚い一面があるのは実感として理解してます。
特定の職種に偏見を持っていた団塊の世代の部長さんが面接官だったときは、その部長さんの職業蔑視的な発言に気分が悪くなったこともありました。
私は直接関係ないにしても、差別的な発言を聞かされると、とても気分が萎えるんですよねぇ。
逆に、先ほどの例のように、些細なことで会社に難癖つけてくるような人もいます。
だけど、こういうことっていろんなケースが考えられるので、仕方が無いこととはいえ、法律で画一的にするのはなんとも窮屈な感じがします。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-07 14:48 | ニュース
2006年 03月 07日

五輪でパッと弾ける華もある

中国、失地農民4000万人 突然の略奪、揚げ句…犯罪者扱い(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  中国では開発に伴う農地収用で土地を失った農民は4000万人に上るといわれ、土地
 問題を主な原因とする農民の暴動を含む住民の集団抗議行動は、昨年だけで8万7000
 件に達した。5日に開幕した全国人民代表大会(全人代=国会に相当)で温家宝首相は社
 会のひずみを是正、発展から取り残された農民ら弱者を救済する方針を強調した。しかし、
 実際に土地を奪われた農民には、救いの手はほとんど届かず、不満は高まるばかりだ。
 (北京 野口東秀)
--- 記事引用終了 ---

まぁしかし・・・こんな状態で2年後、本当にオリンピックを開催できるのかな?
全人代で温家宝首相はどうにかするって言ってるけど、どうだかねぇ。
政情不安でダメになった時のために、こっそり日本での代替開催を準備しておいてもいいかもね。(笑
そんときは、また日韓共催になったりして・・・ orz=3

で、ついでに中国がらみの記事といえば、こんなのも。

南京攻略描く米映画制作情報 在米反日団体が昨年流布(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  【ワシントン=古森義久】日本軍の南京攻略を描く映画が米国ハリウッドの著名俳優、クリ
 ント・イーストウッド氏の監督で制作されるという中国発の報道が同氏の代理人によって否
 定されたが、その情報は最初、米国内に拠点をおき中国当局と密接に連携する反日団体
から公式の「プレス発表」として宣伝されていたことが判明した。
--- 記事引用終了 ---

今や企業も政界も「嘘」や「偽情報」が大流行のご時世ですが、その本家はやはり中華様ってことで。w

小泉首相の靖国参拝批判が外交カードにならなくなったので後ろ盾のアメリカに働きかけて日本を孤立させようとしていますが、これもアメリカ発の情報として反日気分を煽りたかったんでしょう。
次が民主党政権にでもなれば分からないですけど、少なくともブッシュ政権の間は大丈夫ですね。
ただ、こういうちょっとしたジャブの連打が後々けっこう効いてたりするので、日本としても笑い事ではなく、情報戦で先手を打つくらいでないといけないと思うんですが。

近い将来、「中国コケたら皆コケた」で総地盤沈下するのかもしれませんねぇ。
そうなったら日本は耐えられても、お隣さんは危ないでしょ。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-07 10:46 | ニュース
2006年 03月 03日

君、金で魂を売りたもうことなかれ

http://www.sankei.co.jp/news/060303/sei024.htm(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  陸上自衛隊の地対空ミサイル(SAM)データが在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下
 の団体に流出した問題で、防衛庁は二日、流出元の三菱電機と三菱総合研究所につい
 て、再発防止が確認できるまで防衛装備品などの新規契約を停止することを決めた。防衛
 秘密の流出に対する異例の制裁は、政府が日米同盟の強化策の一環として米国との間で
 情報保全協定の締結を検討していることを踏まえた措置だ。
 
   (途中、省略)
 
  防衛庁と三菱電機の契約のうち、平成十七年度予算で予定しながらまだ契約をしていな
 いものは額面で一千億円以上という。自衛隊の運用やミサイル防衛(MD)などに支障が出
 ないように「やむを得ないものは契約するケースもある」(防衛庁幹部)ものの、今回の厳し
 い制裁措置の背景には「企業も国家防衛に携わることへの認識を改めるべきだ」(同)とし
 て防衛産業への一罰百戒とする意味もありそうだ。
--- 記事引用終了 ---

私が小学生か中学生の頃だったかな?三菱と言えば「鉛筆から戦闘機まで」作る会社だと何かの書物で読んだ記憶があります。
(※訂正:鉛筆の三菱はグループ企業ではないそうです。上記は私の思い込みでした。)

それだけの大企業が日本の防衛機密情報を北朝鮮側に漏洩していた問題は大きいですが、

> 「企業も国家防衛に携わることへの認識を改めるべきだ」

という意見は、もう少し広い意味で私達民間人にも言える話だと思います。

日本という共同体の一員として、どのように行動しどう振舞うべきか、という意識。
こういうことは誰かに言われるようなことではないと思いますが、防衛問題に限らず、国の方針とか他国との約束事など、その国の国民として一致団結してあたらなければいけないことがあると思います。
もっと生活レベルに近い形で言うと、他国の人と接する場合に、個人の資質や性格とは別に「日本人」として評価されてしまうことがあるでしょう。
何かマナーの悪いことをしたら、それが日本人全体のこととして受け止められかねない。
だから、たとえ個人的な旅行であったとしても、国際色のある場では常に「日本」を意識しないといけないと思います。

この防衛機密漏洩問題や私達民間人の些細な振る舞いも、根っこにあるべき意識は似ているんじゃないでしょうか?
集団の中で勝手なことをすると「和を乱すな」と言って怒られたりして、時には日本人の悪い面を表現する場合にも使われたりしますけど、こういう考え方はやっぱり大事でしょう。
別に個人の意見や政治的な主張はそれぞれだからどう表現しても構わないし大いに議論すべき時はしたらいいと思いますが、行いとして、行動として勝手なことをしたら日本全体に迷惑がかかるようなことは慎むべきだと思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-03 10:19 | ニュース