<   2006年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 10日

感覚が麻痺しました

新生児誘拐 借金返済目的か 根本容疑者「病院と関係ない」(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  仙台市の新生児誘拐事件で、身代金目的誘拐容疑で仙台東署捜査本部に逮捕された
 宮城県七ケ浜町の衣料品販売業、根本信安容疑者(54)が「六千万円の借金がある」と供
 述していることが九日、分かった。消費者金融からの借金も含まれるという。根本容疑者は
 六千百五十万円の身代金を要求しており、捜査本部は借金返済のため誘拐を計画したと
 みて調べている。
--- 記事引用終了 ---

新年早々の事件でしたが、無事に解決して何よりでした。

生後数日しか経ってない新生児を誘拐するなんて、被害に遭われたご両親、特に母親の心痛を思うと許せない事件でした。
結果的に無事に解放されたものの、この犯人には厳罰、それと新生児がいる部屋に不審者を入れてしまった病院側の防犯面にも落ち度があったと思うので、これを機に全国の病院でも運用の見直しをしたほうがいいと思います。

あと、この犯人に関する報道を聞いていると、目的が身代金だったので命を奪うという一線を超えていなかったという意味でまだ「まとも」だったことが、昨年の後半から続いていた子供や女性への殺人事件と比較して、なぜだか安堵感を感じてしまう自分が怖い。
事件に重いも軽いも無いんだけど、悲惨な事件が続くと感覚が麻痺してしまうのかもしれない。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-10 09:49 | ニュース
2006年 01月 05日

今日も元気だ朝日が昇る

旧満州国の中央銀、アヘン専売制へ資金 公文書館に資料(朝日新聞)
--- 記事引用開始 ---
  日本が戦前、中国東北部につくった旧満州国で実施されたアヘンの専売制
 度をめぐり、同国の中央銀行だった「満州中央銀行」が、生産や販売に資金を
 提供するなど制度確立に重要な役割を果たしていたことが明らかになった。愛
 知県立大の倉橋正直教授(中国近現代史)が、中国・吉林省の公文書館にあ
 たる「档案館(とうあんかん)」が保存していた同銀行の内部文書を入手した。
 同国は建国当初からアヘンを歳入の柱の一つとしており、背後にあった当時の
 日本のアヘン戦略の全体像を解明する手がかりになる可能性もある。
--- 記事引用終了 ---

朝日新聞は今年も健在です。(爆

これはあれですね、過去に朝日新聞が「従軍慰安婦に軍が関与していた証拠が見つかった」と報道したのと同じ類いの記事ですね。
全国のアサヒウォッチャーからは、「だから何?」的なツッコミが大勢寄せられたことでしょう。(笑

> 背後にあった当時の日本のアヘン戦略

って言うけど、怖いねぇ~、戦前の日本は悪いっていう視点で見たら、何やっても犯罪者のような扱いにしかならないんだから、表現するのって怖いよ。

この記事は、4日朝刊の1面にデカデカと掲載されました。
今後、朝日新聞がこの記事をどこまで引っ張って料理するのか楽しみです。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-05 11:28 | ニュース
2006年 01月 05日

お笑い芸人は笑いをとってナンボ

毎年、お正月は箱根駅伝を楽しみにしているのですが、今年は帰省していたこともありほとんど観戦できませんでした。
例年になく面白い展開だったのに・・・残念!

で、他の番組もあんまり観れなかったのに、なぜかこういうモノは観てしまった。

   1月3日放送 日テレ系「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」

爆笑問題の太田さんが政策を掲げて討論し賛成・反対の決を取る、というバラエティ番組。
この中で、「自衛隊の基地を無くして田んぼにする」という政策の討論を観てしまいました。
観れたのは後半部分で、ほとんどを太田さんが熱く、かなり熱く語ってました。
太田さんはお笑いの人だからネタとして最初は観てたんですけど、それにしても熱くなり過ぎでしたねぇ。
あれだけ熱く言われたら、こっちとしても反応しちゃうんですけど。(笑
彼の映画批評やコメントは好きなんだけど、ちょっと評価変わったなぁ。
いや、芸人としては優れているのかもしれないけど、どこまで自分を客観的に見れているのか疑問を持ちました。
あくまでお笑い芸人なんだからネタとして笑いにもっていって欲しかったのに、あれじゃあ笑えないもの。

それから、「自衛隊を無くす」側に座って太田さんの政策に賛同していた人の中には、お約束のように田嶋女史や共産党の議員もいて、あれはあれで良かったですね。(笑
なんかもう、田嶋さんはお花畑のど真ん中で花の首飾りでも作っててくれないと気持ち悪いでしょう。(笑)

今回の太田さんの提案の論旨は「自衛隊不要論」でしょう。
世界平和のために理想を語るのは良いことだけど、それを穢れを知らない子供が言うのならまだしも、ある程度社会経験を積んだ大人が理想だけを語るのはいかがなものでしょうか?
彼らからすれば、日本が率先して武装放棄することが世界平和につながると言うのかもしれないけど、もしそうならなかった場合、その犠牲になるのは私達の子供や子孫ですよ。
私達大人は好き勝手なことを言ってても、あとせいぜい数十年で死んじゃうからいいけど、その後に続く者のことを考えてあげないと。
だから、「自衛隊不要論」が崇高な意見だとしても、自分達の子供や子孫の将来が不幸なものになるようではダメなんですよ。
それこそ大人として無責任な態度ですよ。
日本の弱体化を謀っている側がそれを言うのなら分かるけど、日本人として生活して子供を育てているような人までもが、まるで当たる確証の無い博打に全財産を賭け奇跡を夢見るような理想論者ではいけないと思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-05 11:08 | テレビ
2006年 01月 01日

新年の抱負

新年、明けましておめでとうございます。

年末年始は妻の実家に帰省してまして、お正月らしいお正月を送っています。
事前の天気予報では天気があまり良くないと聞いていたのに、けっこう晴れてました。

新年の抱負は・・・特に無いっつったらダメか。(笑
なんだろうなぁ
仕事を一生懸命やって稼ぐ、ガンガン稼ぐ・・・そして、稼ぐ。w
これからの日本経済がどうなるのか分からないけど、まずは自分の生活が大事ですからねぇ。
その上で、このブログでも好きなことが書けるのだし、社会にも貢献できるんだし。

社会の動向で引き続き注目していこうと思うのは、北朝鮮の拉致事件と中国の政治・経済です。
いずれも難しい問題ですけど、分からないなりにも関心を持ちつづけて、このブログでも思ったことを書いていくつもりです。

たぶん、他のブロガーの方もそういう人が多いのかもしれないけど、自分の考えを書くのって勇気がいることだと思うんです。
それが正しい考え方とは限らないし、時には少数意見だろうと思いつつも書く場合もありますから。
そのたびに、間違っていれば指摘して頂いただいたり異なる意見を頂いて、私の考えが深まり、それがこのブログに反映していければいいのかなぁ、などと考えています。
きっちり調べて発言している方からすれば、いい加減なやり方だとは思うんですが・・・

あ、それと、マスコミに対する批判や監視も引き続きやっていきたいと思います。
もっと、ネットの動きがリアル社会に影響を与えられるようになって欲しいと願いつつ、新年の抱負の締めとさせて頂きます。

では、今年もよろしくお願いします~。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-01 18:19 | 自分のコト