んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 30日

従わない者には死罪を

進む言論弾圧 中国内も疑問視 「冰点」停刊、編集長は徹底抗戦(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
 中国の有力紙「中国青年報」の付属週刊紙「冰点周刊」(水曜日発行)が停刊になり、波
 紋を呼んでいる。今月11日付同紙に掲載された中国の歴史教科書批判論文に対し、共産
 党中央宣伝部が「報道宣伝の規律違反」などとして、同紙に「死罪」を言い渡したが、同紙
 編集長の李大同氏は、処分は憲法違反と抗議、徹底抗戦の構えだ。党の報道規制が相次
 ぐ中、報道界や知識人の間で胡錦濤政権への疑問の声が高まっている。(北京 伊藤正)

   (途中省略)

  袁教授は、日本の歴史教科書を批判しながら、中国の教科書も「西洋人は侵略者であ
 り、中国人には何をやっても理があり、たたえねばならない」との「愛国主義(教育)の要求」
 に沿い、盲目的民族感情をあおっていると批判した。

   (途中省略)

 中国では近年、報道規制が強まり、最近も北京の新聞「新京報」で、編集長への圧力に
 抗議するストもあった。共産主義青年団の機関紙の中国青年報でも一昨年、デスクと記者
 の処分問題で同紙名物記者が公開状で、報道干渉に抗議した。
 
  報道規制は活字・放送メディアだけでなくネット情報にも及んでいる。当局は、報道は党と
 人民の「喉舌」、つまり宣伝道具と主張、党や指導部のイメージを損なったり、社会不安を
 招いたりの記事はご法度だ。
 
  その論理からすれば、従来の共産党の史観と宣伝に反した袁偉時教授の論文は“党へ
 の挑戦”ということになる。ただし教授によると、この論文を3年余り前に発表したときには、
 問題にされなかったという。客観性が基本の科学的発展観を唱える胡錦濤政権下で言論
 弾圧が進む現状に、保守派台頭の政治的背景を指摘する声も少なくない。
--- 記事引用終了 ---

最近、仕事が忙しくてニュースチェックさえ疎かになってます、すいません。

で、この記事で気になったのは、

> 中国では近年、報道規制が強まり

ってとこですね。

経済では自由化の拡大を推し進めているのに、基本的な中共のスタンスは相変わらずで、それどころか自由化に対する反動のような規制強化。
明らかに時代と逆行しています。
この矛盾した状況がいつまで続くんでしょうか。
こんなことでは、国外からの批判も強まるでしょう。
こうやって政権への批判が高まるにつれ、中国はいよいよヤバくなってきているように思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-30 12:52 | ニュース
2006年 01月 25日

どの地域の歴史にも特殊性はありますよ~

歴史研究への米参加拒否 中国「北東アジアは特殊」 (産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  中国外務省の孔泉報道局長は24日、ゼーリック米国務副長官が提案した日米中3カ国
 による歴史共同研究について「北東アジアの歴史は特殊性がある」として事実上拒否する
 姿勢を示した。
 
  報道局長は、この特殊性は「中国、韓国、日本に直接関係する」と指摘、日中韓3カ国に
 よる共同歴史研究を進めることが「われわれの基本的主張だ」と述べた。
 
  中国は昨年11月の中韓首脳会談などを通じ、歴史問題で韓国と連携し日本に対処する
 姿勢を強めている。日韓の同盟国である米国が歴史問題に介入、歴史問題で北朝鮮も含
 めた北東アジアの「対日統一戦線」が乱されることへの懸念が米国参加拒否の背景とみら
 れる。
 
  ゼーリック副長官は北京の米国大使館で記者会見し、温家宝首相らとの一連の会談で日
 中関係について協議したことを確認。日中両国関係には「明らかにある程度の緊張が存在
 する」とする一方、「両国には、広範囲に共通利益を有しているとの認識もある」と強調し、
 米国として良好な日米中3カ国の関係に向け努力したいと述べた。
 
  孔局長はまた、最近、日中韓の学者が教科書の共同制作などを通じ「有益な試みを行っ
 ているのは喜ばしい」とした上で、日中韓3カ国が積極的に歴史研究で協力すべきだとの立
 場を強調した。
 
  ゼーリック副長官は昨年9月の講演で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝など歴史認識
 問題で対立する日中関係打開のため、日米中3カ国の歴史学者による歴史共同研究の開
 始を提案。日本を訪問していた23日にも3カ国が歴史学者らによる対話を始めるよう提起
 していた。(共同)
--- 記事引用終了 ---

> 日中韓3カ国による共同歴史研究を進めることが「われわれの基本的主張だ」

の「われわれ」に無理やり日本が入ってないか?(爆

特亜三国は、歴史共同研究を他の国に邪魔されたくないから拒否するでしょうね。
拒否されているのが戦後占領政策の当事国アメリカだってのが、かなりシュールな話ではありますが。(笑

特亜は、もっと自分達に都合の良い状態を日本に作っておきたいはずです。
そういう世論に近づけるために、おそらく日本で工作活動を展開していると思います。
ところで、この件に関して憲法第9条護憲派とか反戦平和団体などはどういう意見なんでしょうか。
日本の過去を取り上げて問題にするのであれば、最低限の前提としてそれが事実であるべきで、客観的な評価に耐えられるものでなければいけません。
であれば、この記事のように特亜以外の国も入れたほうが、偏りの少ない研究が出来るでしょう。
そうではなく、当事国同士だけで構わないというのであれば、現状としては日本の立場なんか無視され特亜の一方的な「被害者」たる歴史認識だけになるのではないのか?そういう危惧があるわけです。
もしそうであれば、それは歴史共同研究と言いながら、研究とは言えないでしょう。
日本は過去を反省すべきというのなら、その反省すべき特殊性のある北東アジアの歴史的事実とはなんなのかを評価するためにも、第三国も交えて研究しろと言うべきなのではないでしょうか?

だいたい、拒否する理由が「特殊性があるから」だなんて、理由になってないと思うんですけど・・・(苦笑
[PR]

by k_milliard | 2006-01-25 11:00 | ニュース
2006年 01月 24日

コメンテーター特需

堀江社長逮捕、1年前から極秘捜査 元社員ら情報提供(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  ライブドアの脱法的な経営手法について、東京地検特捜部は昨年二月、「時間外取引」
 によるニッポン放送株の大量取得を機に内偵捜査を始め、一年近くにわたり、隠密裏に捜
 査を続けてきた。昨年夏に同社社長の堀江貴文容疑者(33)が総選挙に出馬し、選挙へ
 の影響を避けるため捜査は一時中断したが、グループ元社員ら内部関係者からの情報提
 供によって、捜査は核心へとたどりついた。
--- 記事引用終了 ---

さぞかし、亀井静香さんはご満悦のことでしょう。(笑
あの顔で高笑いしている様が目に浮かびます。
今回の強制捜査について「亀井静香黒幕説」が流れていますが、あの人ならやりかねないかもしれません。(苦笑

今まで堀江社長に興味は無かったんですが、この逮捕で興味が湧いてきました。
これから、どうするつもりでしょうか。
事態が収束した後、今まで以上にバッシングされる中でどうやって復活するのか興味があります。

さて、いつものようにマスコミ批判ですが(笑)、持ち上げといて落とす見慣れた光景が全開ですねぇ。
元社員が捜査に協力していたようなので、内部関係者でしか撮りえない映像や盗撮のような映像も放映されていました。
堀江さんの人となりを示すのに必要な映像なのかもしれないけど、捜査とは直接関係ないモノを嬉々として放映するのは趣味が悪いですねぇ。
それだけ敵が多かったというべきか、嫌われていたというべきか。
それと、今まで見たこともないような経済評論家とか証券関係の人が各局で論評していて、経済コメンテーターの瞬間的なプチバブル状態になってます。
まさに「鬼の首」が捕られた感じで、よいこ浜口の「捕ったどぉー!」という雄叫びさえ聞こえてきそうです。(笑
[PR]

by k_milliard | 2006-01-24 09:50 | ニュース
2006年 01月 23日

私も自衛隊の皆様に感謝しています

法王、スイス衛兵500年の忠誠に感謝(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  ローマ法王の身辺警護などに当たるスイス衛兵が発足して22日でちょうど500年。バチ
 カンのサンピエトロ広場で法王ベネディクト十六世が同日、衛兵に祝福を与え、長年の忠誠
 に感謝した。
 
  スイス衛兵を創設したのは、ミケランジェロのパトロンとしても知られる法王ユリウス二
 世。スイス兵は勇猛で知られ、1527年の神聖ローマ帝国によるローマ略奪では、法王を
 守ろうとしてほぼ全員が戦死した歴史を持つ。
 
  現在の隊員は110人。(1)スイス国籍の男性でカトリック信者(2)身長174センチ以上
 ―などの入隊条件がある。4月上旬には、500年前の衛兵が行軍したスイス―ローマ間
 (約720キロ)を元隊員が行進するなど、記念行事が6カ月間にわたって続く。(共同)
--- 記事引用終了 ---

ローマ法王と衛兵・・・
一見、相反するモノの組み合わせのように思えるけど、血を血で争うような歴史のあるヨーロッパの宗教界では当然のことなのでしょう。
日本でも武装化したお坊さんがいた時期がありましたが。
きっと、スイス人としても衛兵になることは名誉なことなのではないでしょうか?
私は一神教の教徒ではないので、その信条を計り知ることは出来ないですけど。

この話には現実と歴史がありますね。
良くも悪くも理想だけでは語れない、歴史の重みを感じさせてくれます。

衛兵を兵士に言い換えてみますが、兵士がその守るべき対象からねぎらいの言葉を頂けたとしたら、士気も上がることでしょう。
だって、命懸けで守っているわけですから、これほど嬉しいことはないと思います。
日本では、そういう方にたいして石を投げるような人たちがいますが、嘆かわしいことだと思います。
一体、誰のために命懸けで守ろうとしているのか、そういうことを考えたことはないのでしょうかねぇ。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-23 17:18 | ニュース
2006年 01月 21日

随分と日本も舐められたもんやねぇ

米国産牛肉輸入を停止 BSE危険部位が混入(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  政府は20日、米国から輸入された牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危
 険部位の脊柱(せきちゅう)が混入しているのが確認されたため、米国産牛肉の輸入を再び全面停
 止することを決め、米政府に対して当面、停止措置を続けると伝えた。
 
  政府の昨年12月16日の輸入再開からわずか1カ月で安全確保のための前提条件が大きく揺ら
 いだことになり、政府が対米関係に配慮して再開に踏み切った判断は、「見切り発車」との指摘もあ
 ったことから、拙速と厳しく批判されるのは必至だ。

 (途中、省略)

  農水、厚生労働の両省によると、危険部位が混入していたのは、東京の商社が見本として空輸し
 た牛肉。米アトランティック社(ニューヨーク市)が処理した牛肉で、計41箱約390キロのうち、3箱
 約55キロのブロック肉に、脊柱(背骨)が除去されないまま残っているのが、成田の農水省動物検
 疫所が行った目視検査で分かった。この米処理施設は両省の査察をまだ受けていなかった。同社
 の牛肉は全量焼却処分する。
--- 記事引用終了 ---

フフン・・・
と、つい鼻で笑ってしまいました。

だから言わんこっちゃない。
って言うか、

> 危険部位が混入していたのは、東京の商社が見本として空輸した牛肉

ってか・・・
アメリカもさぁ、そんなに日本への輸出にこだわるんだったらぁ、
見本の段階くらい、まともな肉だけで揃えておけよっ!
どんだけルーズやねん・・・
こんなんで安全だなんてよく言えたよなぁ。
上手くやりゃあ、すんなり米国産牛肉が市場に出回ってただろうにさぁ。
はい、残念でした。

やっぱり、自分には米国産の牛肉は食べられませんねぇ。
もう、トコトン無理っすわぁ。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-21 02:23 | ニュース
2006年 01月 17日

おまえはスッコんでろっ!

亀井氏、堀江氏違法なら「刺客」に選んだ首相にも責任(日経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  ライブドアの堀江貴文社長と昨年9月の衆院選で戦った国民新党の亀井静香代表代行は17日午後、
 都内で記者団に「堀江さんを私のところに刺客として送り込んだのは小泉純一郎首相だ。法律違反
 が明確になれば責任がある」と指摘した。「堀江さんは堂々と白日の下でああいう商売をしていた。
 それを承知で『小泉改革の旗手』と称して刺客として送り込んだ責任がある」と述べた。
--- 記事引用終了 ---

> 「堀江さんは堂々と白日の下でああいう商売をしていた。それを承知で『小泉改革の旗手』と
> 称して刺客として送り込んだ責任がある」

   ・・・
   ・・・

   ・・・

う~んとね、手短にツッコんでおこうか。

ワケ、分からんっ!

(マジでこの人、大丈夫か?(失笑))
[PR]

by k_milliard | 2006-01-17 20:32 | ニュース
2006年 01月 17日

困ったジャイアンのお小言

「産経は言論暴力団」 中国誌、名指し批判(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  【北京=福島香織】中国外務省傘下の半月刊誌「世界知識」(16日発行)は3ページをさ
 いて産経新聞などを名指し批判した。中国メディア上で産経が批判対象となることは珍しく
 ないが、「言論暴力団」「保守御用喉舌(宣伝機関)」と呼ぶなど、ここまで激しい論調は珍し
 い。今月上旬、日中協議の席で、中国側が日本側に報道規制を求め断られた経緯がある
 が、当局が日本メディアの中国報道にいかに敏感になっているかがうかがえる。
 
   (途中、省略)
 
 一方、朝日新聞については、「広範な大衆を代表する進歩的メディア」と紹介し、戦後の保
 守勢力台頭に断固反対する民衆と朝日新聞に対し「保守勢力は言論操作の重要性を実感
 した」と解説。フジサンケイグループを、保守政財界のてこ入れで生まれた「保守勢力の御
 用喉舌」と位置づけた。
 
  さらに産経新聞などを「狭隘(きょうあい)な民族主義を吹聴するだけでなく、異論を排斥
 する言論暴力団」と呼び、「朝日新聞や進歩的論客を長期にわたって悪意に攻撃してきた」
 と述べた。
 
  中国は最近、日本の新聞の論調に敏感で、中国外交官が「日本新聞で産経だけが首相
 の靖国参拝を支持している」と語るなど、当局の産経新聞に対する不満が強まっているよう
 だ。
--- 記事引用終了 ---

産経新聞が本当に「言論暴力団」かつ「保守御用喉舌」なのか?ということよりも、中国外務省側からこのように名指しされている事実が、日本における産経新聞の立場を物語っているでしょう。
一方、逆に朝日新聞がお褒めの言葉を頂けている事実も、日本での朝日新聞の立場を明確にしていますね。

中華が言う「保守御用喉舌」というのは、「アメリカの御用聞き」と言う意味でしょうか?
であれば、中華は直接的には日本を攻撃しつつ、実際はアメリカと対峙していると言えるでしょう。
どのような勢力関係があるにせよ、中華が次第に名指しまでして日本の言論機関を批判するようになったことは、日本にとって良いことではないでしょうか?
これをもって近隣諸国との関係が悪化していると言う批判が出てくるはずですが、これも国家間の対話だと思います。
たしかに、今だけを見れば関係は悪化しているようにも見えますが、長期的に考えればこれでいいと思います。
小泉首相の言い方に似てしまいますが、一つがダメなら全部ダメということは無いし、むしろ中華にとって都合の悪い事実を批判したら「黙れ」と威圧されることのほうがおかしいでしょう。

中華はあの手この手で日本に内政干渉し、まさに「異論を排斥」しようとしている暴力団です。
こんな圧力に負けないよう、産経新聞には頑張って欲しいものです。
そして、朝日新聞はこれからも中華と一蓮托生、落ちるとこまで落ちちゃってくださいな。w
[PR]

by k_milliard | 2006-01-17 16:40 | ニュース
2006年 01月 17日

各局、番組の差し替え、お疲れ様です

「事業に問題ない」 堀江社長が会見、捜索容疑は社内調査中(産経新聞)

昨夜、帰宅後に夕食の準備をしながらTVのチャンネルを変えていると、テレビ大阪で放送しているはずの占い番組がなぜだかダイエット番組になっている様子。
おかしいなぁ、と思っていたら、妻からライブドアが捜索を受けていると聞いて初めて知りました。

前にも書きましたが、私は堀江社長について特に何とも思ってません。
最近はTVによく出てるなぁ、くらいにしか思ってませんでした。

この報道については、報ステ・フジ・NHKしか観てませんけど、報ステはもう堀江社長を犯罪者と同列に扱ってましたね。
あと、フジはライブドアとの関係もあるんでしょうけど、他局よりも厳しいコメントが多かったかな。
関係があるだけに厳しいのか、ここぞとばかりに、なのか。(笑
ライブドアという企業よりも堀江社長の個性が目立っていただけに、マスコミが叩く時には容赦が無いようです。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-17 11:04 | ニュース
2006年 01月 16日

日本人には理解しがたい韓国人の思考

韓国人のエピソードで思い出したことがあるので、記憶がおぼろけな部分もありますが書きます。

あれは15年ほど前、ちょうどバブルが弾けようとする頃、当時私は関東に住んでいました。
ある日、韓国から日本に留学していた遠い親戚から連絡があり、韓国から友人が留学に来るので、彼らを都内に案内するときに一緒に来て欲しい、という内容でした。
あまり気乗りはしなかったのですが、事前にその親戚からそういう話を聞かされていたこともあり断ることが出来ませんでした。
そして当日、たしか渋谷で待ち合わせをして、渋谷界隈を半日ほどブラブラと案内しました。
来たのは、男3名女1名、そして私の親戚(男)でした。
親戚は日本での留学期間が長く、一応日本語を話せました。
その他の4名は、日本に来たばかりのせいか簡単な日本語を話せた程度でした。
4名のうち男女二人は日本に来る飛行機の中でカップルになったそうで、終始男が女に対してベタベタとしていました。
女のほうは無視に近かったですけど。(苦笑

で、どこを案内したのかほとんど忘れてしまいましたが、たしか明治神宮に行ったと思います。
そこに記念館もしくは博物館のようなところがあり(おそらく宝物館だったような気が・・・)、そこを見学していたときのことです。
ある広い展示室の壁に歴代天皇の肖像画が掛けられていました。
肖像画と言っても、神武天皇くらい古くなると当然写実的なものではなく、美術作品の展示のような感じだったと思います。
ちょうど初期の頃の肖像画を観ていた留学生の女性が、何かに気づいたらしく、こういう意味のことを言いました。

「着ているものが昔の韓国人にそっくり。それに、顔が韓国人に似ている。」

彼女が言わんとしていることは分かりました。
つまり、「日本の天皇というけれど、当時の日本人はかなり韓国人に似てるじゃないの。なにより天皇の顔が私達に似てるということは、天皇は韓国人ってことじゃないの?」というニュアンスの発言でした。
当日の他のことは覚えてないけど、このことだけは覚えてました。(笑
なぜかと言うと、「えっ!?」と思った私は、「似てるって言うけど、写真じゃなくて想像で描かれた肖像画だけでそんなことを判断されてもなぁ・・・」と、彼女の発言に対してかなりの驚きを感じたから印象に残ってしまったのです。
私の想像ですが、彼女は韓国の親類や友人に「日本の昔の天皇って韓国人だよ」みたいなことを言ってるんじゃないかなぁ。

どうやら、韓国人は自分達にとって都合の良い可能性は、ただの可能性ではなく「かなりの確信」をもって受け止める性質があるようです。
「そうありたい」と願うレベルを超え、「そうなんだ」と頭の中で既成事実化してしまっていると思いますね。
例えば、日本が悪く描かれているようなドラマなんか、意図的な作り話であっても「そうなんだ」と実際にあった話として受け止めてしまう。
歴史教育なんか、その最たるものじゃないでしょうか。

クローン技術の捏造事件で韓国人が熱かったのも、こういう韓国人の性質がベースにあったんだと思います。
特に、未だに黄教授を熱烈に支持している人などは、この傾向が強いのでしょう。
韓国人のオリジナル好きにしても、彼らを論理的に論破することは可能だろうけど、納得させるにはかなり骨のいる作業だと思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-16 15:18 | 朝鮮
2006年 01月 16日

呉越同舟 【クローン技術編】

黄教授に共同研究呼び掛け クローンエイド社(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  世界初のクローン人間を誕生させたと主張しているクローンエイド社は15日、胚(はい)
 性幹細胞(ES細胞)をめぐる論文捏造(ねつぞう)が明らかになったソウル大の黄禹錫(フ
 ァン・ウソク)教授に対し、共同研究を呼び掛ける書簡を送ったと発表した。
 
  発表によると、同社のボワセリエ代表は黄教授について「(研究の成果は)本物だと確信
 するが、研究反対派によってデータを改ざんされ、おとしめられた」と擁護。
 
  代表自身も同様の攻撃にさらされたとして、クローン人間や老化防止などを研究している
 同社に迎えたいとの意向を示した。黄教授側の対応は不明。
 
  同社は新興宗教団体ラエリアンの教祖ラエル氏らが1997年に設立した。(共同)
--- 記事引用終了 ---

こういう展開は予想してなかったなぁ。(笑

いいんじゃないですか、共同研究して今度こそちゃんとした論文を発表して汚名を晴らせば。
(はたして、それが晴らすことになるのかは疑問だが)
相変わらず黄教授には支援者もいることだしね。
せいぜい、これ以上韓国人の顔に泥を塗らないように気をつけてください。
[PR]

by k_milliard | 2006-01-16 13:39 | ニュース