<   2005年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 06日

反米だもの

在韓米軍装備の多くに欠陥 昨秋判明、大慌てで修理(産経新聞)
>  米軍が朝鮮半島有事に備えて在韓米軍に事前配備している戦車などの主要装
> 備の多くが、即時実戦使用に耐えられない欠陥状態だったことが発覚、国防総省
> が大慌てで修理していたことが5日、明らかになった。ワシントン・ポスト紙が未公表
> の米政府監査院(GAO)報告書などに基づいて報じた。
>
>  同紙によると、装備の欠陥は昨年10月に発覚したが、米軍上層部は「不正確な
> 報告」しか受け取っておらず、北朝鮮が核保有宣言した今年2月ごろまで、装備が
> 十分に使用可能な状態にあると信じていた。GAOの報告書は「もし敵対行為が起き
> ていれば、これらの装備を使った反撃開始は数日間遅れていただろう」と指摘し
> ているという。
>
>  欠陥が見つかったのはM1A1戦車や、ブラッドレー装甲戦闘車、パラディン自走
> りゅう弾砲など。エンジンの故障や砲身のひび割れなどで、全体の半分から8割の
> 装備が「任務遂行不能」とされた。現在は正常な状態に戻ったが、中には修理に1
> 000時間以上必要だった戦車もあったという。

これ、わざとだろ・・・
最近の韓国の反米気運に乗じて、わざと手ぇ抜いてたに違いない。(笑

冗談はともかく、この米軍の有様とかハリケーンの対応を見ていると、最近のアメリカはどうしちゃったのかと。
いや、本当は最近だけじゃなくて、元々こんな国だったのかなぁ。
アメリカっていう国は好きじゃないけど、もっとしっかりした国だと思ってたのに、なんか違う。

だってぇ、世界唯一の覇権国家って言うからさ・・・ ボソッ
こんなんで日本有事の際にちゃんと戦えるのかなっ、とかさ・・・ボソッ
ちょっと不安に思っただけです、ハイ。 (^o^) エヘッ

戦後GHQ占領政策の影響というか、私はただの幻想を見せられていただけなのかなぁ。
近い将来、中国ともども内部崩壊ってことにならないように、精々気をつけて下さいな・・・
[PR]

by k_milliard | 2005-10-06 20:33 | ニュース
2005年 10月 06日

崩壊、その先にあるモノはナニ?

辻元清美センセイ ポルノイベントでサイン入りバイブレーターを販売 「日本国民の生命と財産を守るつもりはない」「私は日本という国家の枠を壊す役割を持っている」
「【他称:原理関係者】mumurブログ」より

ことの顛末は mumurさんの上記記事をご覧頂くとして、その中の辻元氏の以下の発言ですが・・・

--- 引用開始 ---
「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」
--- 引用終了 ---

所詮こんな奴なんですよ。
こないだの選挙で辻元氏&社民党に入れた人は、どう思ってんですかね。
「辻元さんらしい」
「こんな人とは思わなかった」
「なにかの間違いだ」

はっ!笑わせんなっ!

「国家の枠を崩壊させる」って・・・おまえ過激派だろ?
国会議員で給与貰ってんじゃないよ、この税金泥棒が・・・

まったく、こういうコト言う奴が一番ムカッ腹立つんだよね。
もうじき国家の枠が崩壊しそうな国なら近場であるからさ、そこで堂々とこんな「辻元節」の一つでも言ってみたら?

「国は崩壊したらええねん!」
[PR]

by k_milliard | 2005-10-06 13:55 | 寸評
2005年 10月 03日

今こそ情報を活用する時代

NHKアーカイブス「NHK特集(1982) 私は日本のスパイだった・ベラスコ」

恥ずかしながら、これを観るまで私はこの方の話を知りませんでした。
第二次世界大戦時、スペイン人ベラスコ氏が日本のスパイとして米英の情報を日本に提供していたそうです。
方法としては、彼の手下のスパイがアメリカ各地に潜伏・情報収集し、それをベラスコ氏がまとめてスペイン駐在日本公使館に提供し、それが日本に送信されていたそうです。

ベラスコ氏のスパイ活動の話も良かったですが、残念なのは、こうやって入手した敵国の情報を日本が生かしきれていなかったことです。
日本側の証言にもありましたが、日本軍には統一された情報部が無く、せっかくの敵国情報を正確に把握し判断するなど分析が出来ていなかった。
もっと情報分析に重点を置いて活用していたら・・・と悔やまれてなりません。

それと、今の日本にこそ、このような情報に特化した組織が必要だと思います。
なんせ、軍事力の行使にはかなり制約がありますから、各国の情報を収集し外交的に生かそうとする方法は有効でしょう。
北朝鮮の工作員がウヨウヨいるような「スパイ天国」日本ですが、それを逆に利用してこちらから仕掛けていくくらいの意気込みが欲しいです。
もし、北朝鮮にスパイを送り込める、もしくは北朝鮮内部に潜伏している反体制組織と通じることが出来れば彼らをバックアップして、核兵器製造に関する情報も大事ですが、拉致されている日本人がどこに生存しているのかを把握しておきたいですね。
奪還するのが難しいとしても、誰がどこにいるのかさえ分かれば手の打ちようもあるんじゃないかと。
少なくとも交渉の仕方は変わってくるでしょう。
表立って情報部の設置が出来ないなら、総務省にダミー部署を作るとかして歳費削減で浮いた予算をそこに回して運用するとか・・・私の妄想にすぎないですが。
これまでのように事を荒立てずに国際法の中で解決しようとするなら限界があるわけで、要は本気で解決する気があれば秘密裏にでもまだまだやれることがあるんじゃないか、と思った次第です。
[PR]

by k_milliard | 2005-10-03 13:24 | 寸評