んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

タカッてユスッて、大忙し

首相にNO、「画期的」評価の声 靖国違憲判決(朝日新聞)
>  午前10時すぎ、大谷正治裁判長が主文を読み上げると、全
> 面的に主張が退けられたと勘違いした傍聴席の原告団から
> は失望の声が上がった。しかし、閉廷後、判決が小泉首相の
> 参拝を職務行為と認め、違憲と判断したことが分かると、一転
> して大きな拍手がわき起こった。
>
>  原告側は大阪市北区の大阪司法記者クラブで会見した。弁
> 護団事務局長の中島光孝弁護士は「結果は棄却だが、内容
> は相当踏み込んだ判断で、画期的な判決だ」と評価した。
>
>  台湾立法院議員で、台湾の原住民族「タイヤル族」の高金
> 素梅さん(40)は「小泉首相は憲法に基づいた行動をとらなけ
> ればならない。憲法を守り、二度と参拝するべきではない」と、
> この日の高裁判決を尊重するよう強く求めた。「違憲かどうか
> は日本人の問題で、私たちにとってはさほど大きな問題では
> ない。関心があるのは、日本の反省、謝罪、賠償だ。そして、
> 靖国神社に合祀(ごうし)されている祖先の霊を返してほしい」
> と語った。

外国人が「日本の憲法を守れ」と日本の首相を訴えていることに限りない違和感を感じてしまう、そんな私はおかしいですか?

自称:原住民族「タイヤル族」の高金素梅・・・
はいはい、台湾人の代表面してこんなコトしてるけど、ネットでは既に素性はバレバレ。
それをどこまで隠し通せるのかな、朝日さん?
なんかもう、これ見よがしにすっごい嬉しそうに報道してぇ。 ププッ
また朝生とかサンプロで田原とかが、これに関して何か言いそうな予感。
高金素梅ともども、そのうち朝日は自爆すると思うな。

な~んか、この人たちって不毛な争いをしてるよなぁ。

   > 違憲かどうかは日本人の問題で、私たちにとってはさほど大きな問題ではない。

ときて、

   > 関心があるのは、日本の反省、謝罪、賠償だ。

ときたもんだ。
ははっ・・・
これって、ヤクザじゃないかぁ~。

違憲判断をしたこの裁判官はどうかと思うけど、賠償は棄却ってコトで判決自体は国の勝ちなんだよね。
そのせいで国は上告できないんだけど。
・・・変なの。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-30 19:17 | ニュース | Trackback(8) | Comments(9)
2005年 09月 29日

何が良くて何が悪いんだか・・・

巡査が男に発砲、元暴力団組員の男が死亡 大阪・岸和田(朝日新聞)
>  28日午後3時45分ごろ、大阪府岸和田市春木若松町の路上
> で、岸和田署地域課の巡査(27)が男2人が乗った車に引き込ま
> れ、約1キロにわたって走行中の車内でもみ合いとなり、1人に向
> けて拳銃1発を発射した。弾は男の右胸に命中し、男は病院に運
> ばれたが出血性ショックなどで約5時間後に死亡。もう1人の男は
> 逃げたが、同日夜、同署に出頭してきたため、監禁と公務執行妨害
> 容疑で逮捕状を請求した。
>
>  同署の調べでは、死亡したのは岸和田市小松里町、元暴力団組員の中
> 井勝明容疑者(34)。被疑者死亡のまま、同容疑で書類送検する予定。
> 逃げていた男は勝明容疑者の双子の弟の暴力団員。

>  巡査は後部座席で弟ともみ合いになり、背後から拳銃を奪われそうに
> なったため、弟の手をかむなどして抵抗していたという。
>
>  勝明容疑者は車を約1キロ先の同市磯上町4丁目の路上で止め、車か
> ら降りて後部座席で弟に羽交い締めされていた巡査に迫ってきたため、
> 巡査は開いていた窓越しに拳銃を発射したという。
>
>  巡査は「男らが『拳銃を奪って殺してしまえ』『アイスピックを使え』と言っ
> ていたので身の危険を感じた」と話し、発砲については「右肩をねらって
> 撃った」と話しているという。

どうですか、この朝日の記事のタイトルの付け方。
これだと、どちらかと言えば警官の方が悪いみたいな書き方だよな~。

それから、偶然かもしれないけど、報ステ観てたらこの事件をやってて、警官が発砲したことについて女子アナが「(警官が)慌てて・・・」って言ってたなぁ。
慌てず冷静な対応をしておけば死なずに済んだ、って言いたかったのかな?
たぶん、局内では警官の発砲については「どんな状況であれ」肯定的な発言をするなっていう管制でも布かれてるんでしょうね。
だけどね、ほとんど密室に近い状況下で、現暴力団員と元暴力団員のツインズに警官が拘束され、所持している拳銃を奪って「殺してしまえ」なんて相談してんでしょ?
そんなの慌てるもなにも、圧倒的に不利な状況なんだから発砲して当然でしょうが。
しかも羽交い絞めにされてんのに、「慌てずによーく狙って急所を外して撃たなきゃ」ってか?
お頭が平和なのもいい加減にしとかないと、本格的に平和ボケをこじらせてしまいますよ。

ついでに言わせてもらえれば、容疑者の家族、子どもも乗車してたと。
それ、運が悪かったらその子どもに流れ弾が当たってた可能性だってあったんだから、いくら現役の暴力団員だからって自分の家族も巻き込んで危険な目に遭わせたことをどう思ってんのかな?
・・・暴力団員に何言っても馬耳東風だろうけど。
なんか、子どもも一緒にいたってことで、警官がより一層強い批判を受けなきゃいいけど。

こんな場合でも、社民党の福島さんなら、
「警官は発砲すべきではなかったと思います。
 たとえ拳銃を奪われて殺されたとしても、警官なんだから仕方がありません。
 奪われた拳銃が別の犯罪に使われるかもしれないけれど、それはそのときに
 対処すればいいわけで・・・」
とか言うのかなぁ。
そんなふうに考えられるとしたら、ほんと平和だなぁ。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-29 00:36 | ニュース | Trackback(4) | Comments(4)
2005年 09月 28日

言語道断

国連、北に横田さん「死亡」根拠要求 総会で審議へ(産経新聞)
>  国連は27日、北朝鮮の人権状況に関する最新の報告書を発表し、北朝鮮側が
> 生存している拉致被害者の帰国を求める日本の主張に迅速に回答するとともに、
> 「死亡」としている横田めぐみさんら安否不明者について「信頼できる客観的根拠」
> を示すよう勧告した。報告書は、開会中の第60回国連総会に提出されており、10
> 月3日から始まる総会第三委員会(人権)で初めて本格的に審議される。
>
>  報告書は、国連人権委員会のビチット・マンターポーン特別報告者(タイ)がまとめ
> たもので、人権をめぐる北朝鮮の姿勢は「言語道断」と非難。第三委員会の審議
> で、北朝鮮非難決議案の策定要求など同国に対する批判が高まれば北朝鮮側が
> 反発するのは必至で、国連との関係悪化が懸念される。
>
>  報告書は北朝鮮の人権状況について(1)大幅な食料不足や子供の栄養不良率
> の高さ(2)政治・思想犯やその家族に対する迫害(3)犯罪者収容施設などでの女
> 性への暴行(4)厳しい移動の自由の制限―などが認められると批判。状況改善の
> ため、北朝鮮が加盟する4つの人権条約順守など15項目を勧告した。
>
>  その上で、マンターポーン氏が今年2月から3月に日本を訪れた際の調査を踏ま
> え、横田さんの「遺骨」として北朝鮮側から提供された骨がDNA鑑定で別人のもの
> と判明した問題などを念頭に、安否不明者に関する「あいまいさや矛盾点」を明確
> に説明するよう北朝鮮側に要求した。
>
>  同氏は昨年7月に初代北朝鮮問題担当特別報告者に就任し、今回が2回目の報
> 告。北朝鮮が調査協力を拒否しているため、北朝鮮との関係が深い国の政府や非
> 政府組織(NGO)の情報などに基づいてまとめた。
>
>  ■北朝鮮の人権状況と国連 北朝鮮は「子どもの権利条約」など4つの人権条
> 約に加盟しているが、履行上の問題点が指摘されており、国連人権委員会(ジュネ
> ーブ)は2004年、タイ・チュラロンコン大のビチット・マンターポーン教授(国際法)
> を初代の北朝鮮問題担当特別報告者に任命することを決議。マンターポーン氏は
> 同年の国連総会で最初の口頭報告を行った。05年に入って最初の報告書をまと
> め、訪日調査などを踏まえて今回、日本人拉致問題などに関する勧告を盛り込ん
> だ2回目の報告書をまとめた。国連人権委は03年以降、3年連続で北朝鮮非難決
> 議を採択している。(共同)

何度言ってるのか分からないですけど、じわじわと締め付けてます。
国際的な包囲網は確実に北朝鮮を追い込んでいると思います。
特別報告者のマンターポーン教授がタイの方なのもいいですね。
10月3日から始まる総会第三委員会(人権)の動向に注目しましょう。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-28 11:43 | 拉致事件関連 | Trackback(3) | Comments(4)
2005年 09月 27日

おごれる人も久しからず

【大相撲】朝青龍に“物言い”…V6偉業も内館委員がチクリ(サンスポ)
>  快挙横綱に“物言い”だ。大相撲の横綱審議委員会(石橋義夫委員長)が26日、
> 東京・両国国技館で開かれた。秋場所で大鵬以来38年ぶりの6連覇を達成した
> 横綱朝青龍について、評価する声が出た一方で、場所前のけいこ不足の批判も噴出。
> 内館牧子委員(57)は「もう少し横綱として努力してほしい」とチクリ。27日
> に25回目の誕生日を迎える朝青龍には、耳の痛いプレゼントとなった。

常々、朝青龍には一言言いたいことがあったんだけど(笑)、たしかに今の角界で朝青龍が一番強いのは認める。
認めるけど、朝青龍の強さは私が理想とする横綱の強さには程遠い。
私が思う横綱とは、体力的・技量的に最も強いのはもちろんだけれど、精神的な強さも兼ね備えているべきで、尚且つ、品行的にも尊敬されるような態度が求められるべきだと思う。
今までの横綱が全てそうだとは言わないけれど、それにしても朝青龍は私の理想から大きく外れている。
たしか横綱に昇進した際、品行と言うか習慣についてはモンゴル人であることで多少甘く評価されていたように思う。
「横綱になってから勉強すれば良い」といった意見があったように思う。
その背景には、相撲人気の低迷や横綱に相応しい人材が他にいなかったから、等、相撲協会にもいろいろな思惑があったのだろう。
しかし、横綱になり何度も優勝していると言うのに、懸念されていた部分が一向に改善されているようには見えない。
「一旦、横綱として認めたんだし、あのようなスタイルの横綱がいてもいいじゃないか」と言う意見もあるだろうけど、私は、やっぱり朝青龍は横綱に相応しくないと思う。

何がダメかって、相撲のスタイルと土俵上での態度だ。
前頭あたりの小兵力士がやるのならともかく、感情むき出しの喧嘩相撲は横綱が取る相撲ではない。
たしかに、負けん気の強さなら横綱級だが、横綱の強さってそうじゃないだろう。
それと、勝敗が決まり懸賞を受け取った後、毎回土俵下(の審判員?)を睨むのはどういうワケだ?
自分の強いトコロを誇示したいのか?
そんなの強さじゃないぞ。
何か勘違いしてるんじゃないのか?
私が昔住んでいた街にもいたよ、そんなチンピラ。
お互い知らないのにやたらとメンチを切ってきたり、すれ違い様に足元に唾を吐きかけてきたり。
相手を怖がらせて強さのアピールのつもりか知らないが、

そんな奴、ハナッから相手にしてませんから!

そんなチンピラの勘違いに近いモノを朝青龍からは感じられる。
もうなんだ、25歳?
いい大人じゃん。
地元じゃ英雄なんだろうけど、今回の場所で学んだことをちゃんと今後に生かして下さいね。
(としか言いようが無い)
[PR]

by k_milliard | 2005-09-27 12:10 | ニュース | Trackback | Comments(6)
2005年 09月 27日

目が離せないったらありゃしない

1歳9カ月男児が線路転落 JR池袋駅で乗客救出(産経新聞)

>  26日午後6時45分ごろ、東京都豊島区のJR池袋駅の埼京線ホームで、新木
> 場発川越行き快速電車(10両編成)が到着した際、1歳9カ月の男児が停車した電
> 車とホームのすき間から線路内に転落した。
>
>  東京消防庁などによると、男児は顔を負傷したが、命に別条はないという。母親
> (37)=東京都北区=が目を離したすきに、電車とホームの10―20センチのすき
> 間から、約1.2メートル下の線路内のコンクリートの地面に落ちたらしい。目撃した
> 乗客の男性が線路に下りて救出したという。

私の娘もこの男の子と同じくらいだけど、ちょっと目を離したすきに色んなコトをします。
入ってはいけない場所には入るし触ってはいけないモノにも触る。
気づいたら、ディッシュボックスのティッシュが全部出されていたり、洗剤の粉が散乱していたりします。
そう、こないだの週末なんか、寝かせようとベビーベッドに入れてしばらくしていたら、私にかまってもらおうとベッドの柵に足をかけて乗り越えようとしていて、まさか乗り越えないだろうと思って油断していたら、本当に乗り越えてしまいました。
私が気づいたトキには既に落下中で間に合いませんでした。
幸い上手いこと受身をして大泣きしただけで大丈夫でしたけど、もしあれで後に残るような大怪我でもされた日には、一生後悔することになっていたでしょう。
ほんと、この頃の子供は目が離せないです・・・
この記事の男の子も、無事で何よりでした。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-27 10:04 | ニュース | Trackback | Comments(6)
2005年 09月 26日

教訓を生かそう

最近、忙しいのに読みたい本が溜まってしまい、限られた時間内で読むために仕方なく速読ぎみになってます。
そんな中、読んだ1冊がこれ。

「日本軍の教訓」 日下公人 著 PHP研究所

かつての日本軍について疎い者にも分かり易く読めるように書かれています。
要旨としては、これから日本が繁栄するために先の戦争で経験したことを生かしていこう、という提言です。
内容の大部分は、どうして日本軍が戦争に負けたのか無謀な作戦を立てたのかなど、主に日本軍の作戦立案・指導部の問題点を指摘しています。
例えば、現場を知らない参謀が机上だけで作戦を立案し指揮官が命令を下す、それが無謀な作戦であっても精神論で押し通し、失敗しても責任を取ろうとしない。
これは今も蔓延る官僚主義に通じるでしょう。
また、問題を起こしている大企業にも通じる問題ではないかと思います。

タイトルに「日本軍」ってあるので、それだけで反戦平和主義を旨とする方からは拒絶されそうですが(笑)。
「戦争はいかん」って言うのは分かるけど、日本が滅んじゃったら意味ないし。
戦争で亡くなられた方の死を無駄にしないためにも、日本の欠点・弱点を分析し、それを教訓として生かそうとするのは大事だと思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-26 11:09 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 24日

時が経てば分かり合える戦争と、そうではない戦争

日英元兵士が合同慰霊祭 マレーシア・ペナン島沖(産経新聞)
>  第2次大戦中にマレーシアのペナン島沖で英国艦隊に撃沈された旧日本軍の巡洋艦「羽
> 黒」の乗組員を追悼するため、生還した元乗組員と、当時、敵兵だった元英国軍兵士らが
> 23日、沈没現場の海上で合同慰霊祭を行った。
>
>  羽黒は60年前の1945年5月、英艦の魚雷を受けペナン島の南西約90キロで沈没。乗
> 組員1055人中、約750人が犠牲となった。
>
>  日英合同慰霊祭は、父親が英軍兵としてペナン島沖の戦闘に参加したピーター・バントさ
> ん(56)らが企画。在日英大使館を通じて、羽黒の元乗組員や遺族でつくる遺族会に開催
> を打診し、日本側も了承した。
>
>  日本側から元乗組員や遺族ら約40人、英国側から約50人が参加。バント氏が「戦闘に
> 参加したすべての友人や仲間を思い出し、命を失った日本人の名誉をたたえよう」とあいさ
> つし、参加者が花束を海に投げ込んで犠牲者を悼んだ。
>
>  日本側代表で、羽黒に2等兵曹として乗船していた岩下守雄さん(81)=熊本県山鹿市
> =は「英国側からの申し入れはありがたかった。わだかまりはもうない。もう10年早けれ
> ば、もっと多くの元乗組員が参加できたのだが」と話した。

戦争体験の無い者が勝手なことを書くなと言われそうですが、国と国のぶつかり合いで戦った者同士、時が経てばこのような交流も出来るものなんですね。
もちろん、全ての戦いや兵士がそうだとは思いませんが、過去は過去、今更相手を恨んだところで仕方が無いですし、今はこうして命を落とされた方々を静かに心から弔えることに意義があるのではないでしょうか。

戦争と言っても、艦船の戦いや空中戦と地上戦とでは、またその思いも異なるのかもしれません。
また、民族同士の憎悪が根底にあるような場合は、こうはいかないでしょう。
パレスチナ問題にしても旧ユーゴスラビアでの戦闘にしても、現段階では修復不可能と思える状況下では難しいです。
それに、現代の対テロリストの戦いも、主として民間人が被害を受ける状況では、交流のしようも無いと思います。

もしこれが、日本と中国ならどうでしょうか?
例えば、日本側からの提案で南京とか重慶で合同慰霊祭をしようと持ちかけたとして、はたしてこの記事のように上手くいくでしょうか?
私は、日本側は冷静に対応できると思いますが、中国側は・・・どうでしょうか。
もし国家間の合同慰霊祭ということであれば、中国共産党が相手というのは変なので、あくまで当時その戦闘に関わった人同士の慰霊祭になると思いますが。
やったやられたで言うと、戦争ですから双方に犠牲者が出ているわけで、そういう意味ではイーブンなはずなんですけど、相手が中国人だと日本の一方的な謝罪祭になるような気がします。
つまり、加害者と被害者が明確な形での慰霊祭。
しかし、この記事にもある通り、合同慰霊祭とは亡くなられた方々の死を弔うのが目的であって、そこに加害者とか被害者とかそんなものは超越しているはずです。
従って、もし日中間で合同慰霊祭が開催されるのであれば、お互いが対等の立場で成されるべきです。
そうではなく、民族浄化政策等が原因で一方的に虐殺されたとか、そういうのは別ですよ。
だけど、日本はそうじゃないですから。
だから、中国やなぜか韓国・北朝鮮までもが、この「一方的な謝罪」を要求してくると言うのは理不尽であり、安易に謝ってしまう日本政府や外務省の対応もおかしいと思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-24 01:39 | ニュース | Trackback | Comments(2)
2005年 09月 23日

見る人が見れば分かる

中国の対日歴史観に違和感 米国務副長官が見解(産経新聞)
>  【ニューヨーク=長戸雅子】ゼーリック米国務副長官は21日、先の米中首脳会談に関連
> してニューヨーク市内で講演、第2次世界大戦をめぐる中国の対日歴史観について、「かな
> りのギャップを感じるところもある」と違和感を表明、日米中3カ国の歴史専門家による協議
> で認識格差を緩和できるのではないかと提言。米政府高官が日中間の歴史認識摩擦に関
> して踏み込んだ発言を行うのは珍しい。

>  第2次大戦をめぐる日中間の歴史認識に言及して、「中国にとり、日本との歴史認識問題
> が敏感な問題であることは理解できる」と述べる一方で、満州事変(1931年)を糾弾する
> 中国・瀋陽にある「9・18歴史博物館」を訪れたことを例に挙げて、米国が参戦した1941
> 年からソ連軍の日本侵攻までの年代順記述が飛ばされていた点を指摘、「中国が語る歴
> 史にもかなりのギャップがあると認識した」と疑問を示した。
>
>  そのうえで「3カ国の歴史家による協議を始めることで、こうした『誤解』を少なくすることが
> 可能だ」と述べ、日中両国の歴史認識をめぐる問題に、米国が一枚かむことが解決の一歩
> になるとの考え方を提示した。

まぁ、自分とこに関する部分の記述がおかしければ指摘もするでしょうけど、歴史認識についてはこうやって欧米を巻き込んでやるのが賢明なやり方でしょう。
歴史認識を統一しようとするのは無理ですが、歴史的事実に関しては欧米が一枚噛むことによって、近隣三国の誇張や捏造が是正されるきっかけになるかもしれません。
あまりアメリカに頼るのは情けなくて嫌なんですが、この際、韓国にも何か言ってもらいたい気が・・・
(あぁ、属国根性な、ワ・タ・シ)
[PR]

by k_milliard | 2005-09-23 12:18 | ニュース | Trackback(2) | Comments(2)
2005年 09月 22日

世界の王、此処に在り

王監督の代表監督 正式要請(スポニチ)
>  プロ野球の根来泰周コミッショナーは22日、東京都内でソフトバンクの孫正義オーナーと会談し、
> 来年3月の国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)でソフトバンク・王貞治
> 監督の日本代表監督就任を正式要請した。
>
>  日本プロ野球組織(NPB)は今月中旬に就任を要請する文書を球団に送り、王監督も前向きな
> 姿勢を示している。孫オーナーは「ぜひ、監督中心の最強メンバーで頑張ってほしい。球団のことだ
> けを思えばマイナスもあるが、大きな志でひと肌脱ごうということ」と理解を示した。今後、王監督
> と話し合い、代表監督受諾を正式に表明する見通し。

まだ正式に決まったわけではないですが、中畑さんにならなくて、なによりです。(笑
難しい時期だけに調整するだけでも大変だとは思いますが、出場する以上は良い試合を期待したいと思います。
くれぐれもオリンピックのようなことにならないよう、願うばかりです。(シツコイッテ
[PR]

by k_milliard | 2005-09-22 13:13 | ニュース | Trackback | Comments(3)
2005年 09月 22日

人間だもの

造反第2弾!?首相指名で無効2票の真相(日刊スポーツ)
>  では誰が…。一時は武部勤幹事長や森喜朗元首相から叱責(しっせき)された杉村太
> 蔵氏でないかとの説まで流れたが、“犯人”は別にいた。
>
>  1人は埼玉6区から出馬し、比例で復活した自民新人の中根一幸氏(36)、もう1人は
> 民主党で3期目の当選を決めた三井辨雄氏(62)だった。
>
>  衆院議事課によると、首相指名選挙は記名投票で、投票用紙には、赤い枠があり、指
> 名する議員の名前と、自分の名前を記入する必要がある。しかし、中根氏の投票用紙に
> は「小泉純一郎」の名前はあったが「中根一幸」の記名がなかった。自民党は新人議員8
> 3人に対する党本部主導の研修会「小泉学校」で指導を続けているが、新人の単純ミス
> で小泉首相は1票減らした。
>
>  しかし、前原新体制下となった民主党もしまらない。同党所属113人と同一会派の田
> 中真紀子氏、無所属の下地幹郎氏を加え、前原氏115票になるはずが、114票だっ
> た。無効となった三井氏は、中根氏同様で、自分の名前を記入していなかった。民主党
> は本会議直前、ホワイトボードに投票用紙の拡大版を書いて記入例を示し、事前講習し
> ていた。戦う野党を前面に出し、巻き返しを図ろうとする民主党だけに、3回生議員の単
> 純ミスはあまりにお粗末だった。

私には政治家の能力は無いと思っていましたが、政治家でもこんな初歩的なミスをするんだなぁと思うと、ちょっと癒される思いです。(笑
人間にミスはつきものですが、数百人もいると一人二人はこんなコトになるんですかねぇ。
まぁ、締まらない話ではありますが・・・
[PR]

by k_milliard | 2005-09-22 13:12 | ニュース | Trackback | Comments(2)