<   2005年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 14日

良い図書 悪い図書 普通の図書

独断廃棄は著者の利益侵害 最高裁「図書館は意見伝える場」(産経新聞)
>  千葉県船橋市立西図書館が著書を廃棄したため、表現の自由を侵害されたとし
> て「新しい歴史教科書をつくる会」と作家の井沢元彦(いざわ・もとひこ)さんら7人
> が、市に慰謝料など2400万円の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第
> 一小法廷は14日、「公立図書館は思想、意見を伝達する公的な場で、職員の独断
> による廃棄は著者の利益を侵害する」との初判断を示した。

>  判決などによると、扶桑社が発行した教科書の採択をめぐり激しい論争が起きて
> いた2001年8月、司書が同会編集の書籍や会員の著書などを、廃棄基準に該当
> しないのに蔵書リストから除外。107冊が廃棄された。
>
>  市は翌年、この司書を減給の懲戒処分とし、廃棄図書のほとんどは、司書らが同
> じものを寄付して補充したが、井沢さんらは「一方的に排除する思想弾圧で、表現
> の自由や著者の人格権を侵害された」として司書と市を相手に提訴した。

>  上告審では司書に関する上告は認められず、市の責任が争点になった。市側は
> 「著作が流通することで表現の自由は保障されている。購入した本の扱いまで強制
> すれば、受け手側の自由を侵す」と反論していた。


「つくる会」関係者著作の図書館蔵書処分は違法 最高裁(朝日新聞)
>  問題となったのは、千葉県船橋市立西図書館の女性司書が01年8月、
> 同館の除籍基準に該当しないにもかかわらず、つくる会や同会関係者の
> 著書30冊を含む計107冊を廃棄したこと。「教科書が教えない歴史1」な
> どが廃棄された。
>
>  これに対し、同会と井沢元彦氏ら著者7人(うち1人は死去)が「表現の
> 自由などの権利を侵害された」などとして、市と司書を相手に計2400万
> 円の損害賠償を求めていた。原告の著書以外で廃棄されたのは、西部邁
> 氏の著書43冊と渡部昇一氏の著書25冊など。

このニュースで思い出した。
そう、2001年8月は教科書の採択でモメていた時期で、ネットでは、全国の図書館に対して関連図書を排除するように、という運動が行われていました。
これは、その中で実際に発生した事件です。
審理が差し戻しになって良かった。

きっと、この廃棄した女性司書は、偏狭な正義感から公務員としての職務義務を違反してしまったのでしょう。
市側のコメントに「受け手側の自由を侵す」ってあるけど、言ってる理屈が左側しか歩けない市民団体と同じだね。
都合のいい「自由」の解釈。
それを公僕が言っちゃダメなの。
だから職務義務違反なの、分かる? >船橋市

しかし、廃棄されてたの、井沢さんの他は西部さんと渡部さんだったのね。(笑)

もし、反日勢力や近隣諸国の望む通り、教科書の採択に介入されたり戦没者の慰霊の仕方に干渉されたとしたら、この先どうなるのかをこの事件は物語っているような気がする。
つまり、彼らのメガネにかなったモノや思想だけが学校で教えられ、学校図書は選別され、図書館でも相応しくないと判定された歴史書や解説書は排除される。
彼らの要求通りに従っていったとしたら、必然的にこうなるでしょ?
あ~怖っ!
これじゃ思想弾圧だよぉ~
まるで中華人民共和国だよぉ~(爆)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-14 13:32 | ニュース
2005年 07月 13日

2005年は一大転換点たれ

扶桑社の歴史・公民教科書 数都県で採択の動き(産経新聞)
>  新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の中学歴史・
> 公民教科書が十二日、市区町村立中としては初めて栃木県大田原市で採
> 択されたことで、関係者は「全国各地に有望な地区があり、第一号が出て教
> 育委員らは勇気付けられるのではないか」と波及に期待している。また、現
> 在同社の歴史教科書を使用している私立中八校すべてが継続して採択する
> 方針であることも同日分かった。(教科書問題取材班)

扶桑社の教科書採択に関する問題について関心のある方には蛇足になりますが、これは何が問題かと言うと、扶桑社の教科書の内容の評価以前に、各自治体の教科書採択において特定の教科書だけが妨害され、関係者が犯罪性の強い嫌がらせ行為を受けているところに問題があります。
大まかに言えば、反戦平和を掲げつつ反日行為に勤しむ市民団体や一部マスコミが中国や韓国の外圧を利用した暴力的手法で、これまで以上に日本の思想的弱体化を図ろうとしている、ということでしょう。
これに対して、「これはおかしいぞ」と思い始めた国民が少しずつ増えてきたんだと思います。

しかし、現実社会ではまだまだ厳しい状況は続いていると思います。
例えば、首相の靖国神社参拝にしても、私の知り合いの比較的リベラルで戦前の日本を懐かしむような年配の方が、「どうして小泉さん、参拝しはるんやろうねぇ」と言っているのを聞いたことがあります。
また、愛媛県で前回扶桑社の教科書が採択された際、愛媛の人で扶桑社の教科書を軍国主義的内容で右翼が作った教科書だと本気で思っていた人がいました。
当時、現地ではそういう空気が支配的で、テレビの報道や新聞を鵜呑みにしていると、確かにそう思ってしまう環境にあったと思います。

今はどうでしょうか。
少しずつ流れは是正されてきているとは思いますが、なかなか現状を変えていくのは難しいでしょう。
しかし、こうやって事実を堅実に積み重ねていくことで、世の中が変わることを信じたいです。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-13 10:41 | ニュース
2005年 07月 12日

こんなトキ、寅さんがいてくれたら・・・

「談合は慣習、一気になくすのは難しい」奥田経団連会長(朝日新聞)
>  日本経団連の奥田碩会長は11日の定例記者会見で談合問題につい
> て、「全国津々浦々に行きわたっている慣習のようなもので、地方では仕
> 事を回し合っているワークシェアリング。本当にフェアな戦いをすれば、力
> の強いところが勝ち、弱いところは沈んでしまう」と述べ、一気に談合をなく
> すのは難しいとの考えを示した。

随分ぶっちゃけたなぁ、奥田さん。
アーンド、談合と天下りの問題から逃げたな。(笑)

いや、言いたいことは分かります。
今まで談合で上手くやりくりしてた業界にとっては死活問題なのは、ね。
こんなトキ、寅さんがいてくれたら、
「それを言っちゃあ、お終いよぉ」
って、優しくツッコんでくれただろうに。

・・・しかし、談合をワークシェアリングと表現するボキャブラリィには参った。
そういうのって、中国でお勉強されたんですか?(笑)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-12 01:05 | ニュース
2005年 07月 11日

知らぬが仏、では済まされない

まずは、当ブログとは違い、時事問題を丁寧に論じておられる、坂 眞さんの「依存症の独り言」の記事をご覧ください。

法輪功弾圧の残酷

中国がどんな国なのか、なんとなく頭では分かっているつもりでも、日本で暮らしている限り本当の姿は分からないのかもしれない。
「弾圧」「虐殺」「迫害」
いろんな表現の仕方はあるが、一つ言えることは、日本とは全く異なった現実があの国にはあるということ。
この現実を、その事実を報道しようとしないマスコミを、私は信じない。
自国の戦争体験は非難するが隣の国の弾圧は非難せずに同化を図ろうとするエセ人権市民団体を、私は信用できない。

ロンドンの同時多発テロを受け、テロを非難する側に中国がいるという、このなんたる欺瞞。

もし・・・と想像してみる。
もし、日本が中国に吸収されていたとしたら。
もし、日本が中国に占領されていたとしたら。
はたして、私たちのこの平穏な生活は保たれていたであろうか?
今日の経済発展は存在し得たであろうか?
結果的に、私たちは戦後アメリカの占領下に置かれ、良く言えば民主化され、悪く言えば見せかけの独立を果たしたに過ぎない。
いずれにしろ、私たちは非常に微妙なバランスの上で幸運にも生活を営んでいる。
悲しみを直視すると同時に、このことだけでも噛み締めておきたい。

残酷な現実を前にして無力な自分に苛立ちを覚えるが、ひとまず、抑圧に立ち向かう動きがもっと広がればとの思いが、私にこの記事を書かせている。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-11 15:25 | 寸評
2005年 07月 11日

日本のご注進は害を叫ぶ (・・・ちと苦しい;)

慰安婦発言支持のメール、中山文科相「感銘受けた」(朝日新聞)
>  中山文部科学相は10日、福岡市での講演で、「従軍慰安婦という言葉
> は当時存在しなかった」という自らの発言を支持する日本人留学生のメー
> ルを約9分間にわたって読み上げ、「感銘を受けた」「若い方々は本当に
> 真剣に考えてくれている。ありがたい」と語った。

文科相、「従軍慰安婦はなかった言葉」とのメール紹介(日経新聞)
>  中山文科相は6月に「従軍慰安婦という言葉はその当時なかった」と発言し
> て、韓国などから反発を招いた経緯がある。

非常に淡々とした「ご注進」記事ですが、朝日も日経も「従軍慰安婦という言葉は当時存在しなかった」という発言内容自体の事実検証、及び新聞社としての論評はしたのでしょうか?
まだやってないのなら、近隣諸国にお知らせする前に、まず先にそれをして下さいな。
・・・って、出来るワケないのを分かってて書いてるんだけどね。(笑)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-11 12:54 | ニュース
2005年 07月 08日

テロ撲滅なら賛成だけど、違うモノまで撲滅しないで

ロンドンで同時爆破テロ 死傷者多数(産経新聞)
>  ロンドン中心部で7日午前8時50分(日本時間同日午後4時50分)ごろか
> ら約1時間の間に、金融街シティーに近いオルドゲート駅付近など地下鉄の3
> カ所やバスを狙った爆破テロがほぼ同時に発生、ロンドン警視庁によると、3
> 7人の死亡が確認された。英スカイニューズ・テレビによると、1000人が負傷
> した。情報は錯綜(さくそう)しており、死傷者はさらに増える可能性もある。

>  「欧州の聖戦アルカーイダ秘密組織」を名乗るグループが「イラクとアフガニ
> スタンでの虐殺への報復だ」と犯行を認める声明をウェブサイトに掲載した。
> 信ぴょう性は不明。治安専門家は通勤時の公共交通機関を同時、無差別に
> 狙った計画的な手口は、マドリードの列車同時爆破テロに酷似していると指摘
> した。

第一印象として、サミットを狙った爆破テロであれば、反グローバリズム勢力の中の過激派の犯行ではないか、と思いました。
アルカイーダ系組織が犯行声明を掲載したそうですが、彼らの主な攻撃目標はアメリカだと思っていたのに、それを先進主要国全般にまで広めたということでしょうか。

いずれにしても、無差別殺戮の容認は出来ません。
明らかにサミットを狙った犯行なので攻撃対象の中に日本も含まれていると思いますが、日本としては当然、拉致事件を念頭に置いた断固たる姿勢を示す必要があります。

事件後、ブレア首相は素早く対テロ宣言を公表しました。
平和を願う全ての人に、異論は無いでしょう。
ただ、対テロ姿勢を国内の異論を封じ込めるための都合の良い論理に展開している国が少なからずあります。
サミット参加国で言えば、ロシア。
チェチェンなどへの弾圧行為をテロ撲滅の名目で正当化しようとしている。
無表情なプーチン大統領の顔を見ていると、「あぁ、この人は大国ロシアの看板を背負っているんだな」と思ってしまい、素直にブレア首相の演説を聞けませんでした。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-08 10:30 | ニュース
2005年 07月 07日

天然ですよね?

米大統領、サイクリング中に転倒 G8会場周辺、軽傷負う(産経新聞)
>  マクレラン大統領報道官によると、ヘルメットをかぶっていた大統領のけが
> は軽く、ばんそうこうで応急手当てをする程度。その後の英女王主催の夕食
> 会にも出席した。一方、警察官は念のため病院に搬送されたが大事には至ら
> なかったという。
>
>  大統領は昨年5月にも、サイクリング中に転倒し、軽いけがを負ったことが
> ある。

かつて、これほどズッコケる大統領がいたであろうか?
他の誰にも真似できない、ハプニング大統領だな。
ある意味、唯一無二のパフォーマーだ。

もし、ブッシュ大統領を事故死に見せかけて暗殺しようと企んだとしたら、例えそれが有り得ないような状況であっても、今までのハプニング歴からしてあまり怪しまれないのかもしれない。
私もそうだが、うっかりミスの多い人間にとって、ブッシュ大統領は「希望の星」かもしれない。
人間、ちょっとくらい失敗しても笑って許してもらえるような存在でありたい・・・
と、妙に悟ってしまいました。
ブッシュ大統領、ありがとう。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-07 12:54 | ニュース
2005年 07月 05日

21世紀型沈没

草なぎ&柴咲で映画「日本沈没」(スポニチ)
>  SF作家小松左京氏(74)の代表作で、73年に映画化された「日本沈没」が、32年ぶりに
> リメークされることが決まった。興収25億円のヒットとなった「ローレライ」の樋口真嗣監督
> (39)がメガホンをとる。主演はSMAPの草なぎ剛(30)と柴咲コウ(23)。東京消防庁、
> 海洋開発研究機構(JAMSTEC)なども撮影に協力、製作費20億円を投じてリアリティー
> あふれる映像を目指す。

小説を読んだことはないですが、73年製作の映画は一度だけ観たことがあります。
映画では、日本列島が沈没してしまうので、日本人が他国に移住する様を描いていました。
ある国は日本人を何万人引き受ける、別の国は何万人・・・と、正確には日本人が難民として世界中に散り散りになっていくんですよね。
緊迫感という意味では、太平洋戦争で満州から引き上げてくる日本人の状況にも似ているようにも思いますが。
とにかく、日本人が離散して行く様というのは、フィクションだと分かっていても、肌身として何か感じるモノがあって哀しいです。

で、これがリメイクされるにあたり、今日本が置かれている状況や危機感を啓発するような内容の映画になって欲しい、と勝手に思ってます。
まだクランクインしてもいないのに、こんな勝手な思いを託すのは迷惑だろうとは思うけど、「日本沈没」というのは何かの象徴だと思うので、どうせだったら日本人の自立につながるようなモノになって欲しいと思います。
ただ、作りようによっては、逆に反政府的な内容にもなり得るかな?とも思うので、製作者サイドの思想的な背景がちょっと気にはなります。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-05 11:58 | ニュース
2005年 07月 05日

やっぱり、新聞が好き!

うその婚姻届など提出 中国人の女を逮捕(産経新聞)
>  警視庁大崎署などは4日、うその婚姻届などを提出したとして公正証書原
> 本不実記載・同行使の疑いで、中国籍の千葉県流山市、無職の陳潔容疑者
> (27)=入管難民法違反罪で起訴=と無職、伊藤哲夫容疑者(35)=窃盗罪
> などで有罪確定、服役中=を逮捕した。

>  陳容疑者は「中国人向けの新聞を見てブローカーに依頼、伊藤容疑者を紹
> 介してもらった」と供述しているという。

その「中国人向けの新聞」とやらを見てみたい。
どのような形でブローカーが紙面に介在しているのか知らないけど、場合によっては公安の取り締まりが必要なんじゃないの?
それって、私でも購読可能なのかな?
ん?中国人向けって・・・
まさか、朝日新聞じゃないよね!?(爆)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-05 09:28 | ニュース
2005年 07月 03日

朝生 ===> サンプロ でアサヒがしたかったコト

初めて朝生を最後まで観てしまいました。
途中で寝てしまうコトが多かったこの番組、今回は最後まで眠気がおきないほど良かったです。
良かったというのは、内容が優れていたのではなく、テレビ朝日の魂胆が垣間見れて良かった、という意味です。
そして、それは図らずも、日曜日のサンプロでそのコトが証明されました。

まず朝生の方ですが、元帝国軍人を招き当時の話をしてもらってました。
出演された方の話を聞いて一つ分かったことは、一口に軍人或いは兵士と言っても、職業軍人もいれば召集されて入隊された人もいるし、よく事情が分からないまま戦地に行った人もいて、個々の立場や経験されたことによって、あの戦争に対する評価や現在の靖国神社への思いが異なるんだ、ということです。
それは当然のことですが、疑問に思ったことは、証言されている元軍人さん達はどういう基準で選ばれたのか。
それと、ゲストとして田原総一郎の両サイドに女性が三人座っていたけど、明らかにレフティーなのが一名いたのは、どういうことなのか。
彼女が質問する内容は誘導質問と言ってもいいもので、「当時、悲惨な経験をした全ての兵隊は、愚かな戦争を始めた国の犠牲者である」という結論に導くような質問ばかり。
だから観ているうちに、「ここに集められた方々は、テレビ朝日を軸とした進歩的反日勢力に利用されているんじゃないのか」と感じるようになりました。
証言されている人の中にはジャーナリストと言う方がいましたが、この人もかなり染まっているように思いました。
とすると、無作為にこの人選をしたというよりも、やはり「ある意思」によって、演出とまで言っていいのか分からないけれども、番組の結論としてある程度の筋道が出来ていたように思う。
それが決定的だったのが、当時南京にいたという人から「南京大虐殺はあった」という発言を引き出したこと。
それと、番組の最後で、「首相の靖国参拝に賛成か反対か」という、本来なら一つのテーマとしてじっくり時間をかけるべき質問のはずなのに、番組のエンディングでドタバタした中で挙手させ、反対が多かったこと。
この二点をもって、テレビ朝日の目的は達せられたような気がしました。
特に、当時の軍人に「南京大虐殺はあった」と言わせたのは大きい。
この方は、「南京で虐殺行為があった」とは言ったけど、数十万人もの被害者数には否定していたし、決して「南京大虐殺」を肯定し証明できるものではなかった。
もし、当時の軍人に「南京大虐殺」を語らせるのであれば、いつ南京に入城して民間人の死体をいつどれくらい目撃したか、とか、滞在中の南京の様子などをもっと詳細に聞くべきテーマだろう。
それをせずに「南京大虐殺はあった」との言説を取ったことで、これを根拠に騒ぎ立てる輩が出てくるだろう、そう思いました。

それが案の定、日曜日のサンプロで早速、もろに田原総一郎により実施されてしまいました。
桜井さん達とのトークの中で、突然スイッチが入った田原さんが、「朝生で元軍人が「南京大虐殺はあった」と言っていたんだ!」と、猛然と吼えた。
やっぱりそうか、これがしたかったんだな、テレビ朝日。
いつだってそうだ。
詳しく調べもせず、言葉尻や僅かな事実を根拠に話しを膨らませ大事件として報道する。
しかし、報道されたが最後、発せられた言葉はやがて既成事実となり、大事件として確定してしまう。
この朝生からサンプロの流れは、発端は元軍人の話を聞くという一見客観的な内容を装いながら、実際は結論が先に決まっていたシナリオのある作為に過ぎなかったのではないのか。
随分と手が込んでいるじゃないか。
「元軍人でさえ首相の靖国参拝に反対」というのも、どこかで誰かが使うつもりだろう。

ついでに付け足すと、桜井さんはサンプロの前に報道2001にも出演されていて、対日工作要員と思しき中国人の大学教授を相手に戦っておられました。
この中国人、言うことが全ておかしい。
きっと、彼は中共政府の代弁者なんだろうけど、論理的に攻める桜井さんと好対照で面白かったです。
もっと、桜井さんに匹敵するくらい弁の立つ人が必要だな、と思いました。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-03 15:59 | テレビ