<   2005年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 21日

刑事告発のその後

ヤバッ! しっかり渦中にいるよぉっ!

上記記事の中で、小学校の卒業式で退場した教師を教育長が刑事告発した件がありましたが、これについて市教委に問い合わせてみました。

これは2001年の出来事ですが、刑事告発は不採用になっていました。
刑事告発としては無理があったのでしょう。
その後、学級担任から外された教師Kさんは、二学期から元の養護学級の担任として現場復帰していました。
それ以降、特に問題なく今でも同校で教鞭をとっている、とのことでした。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-21 11:29 | 教科書採択
2005年 07月 20日

豊中市の中学校で来年度から使用する教科書の採択について

<前回の記事>
ヤバッ! しっかり渦中にいるよぉっ!

ええっと、早速、市教委にメールしました。
それと、分かったことを書きます。

信頼できる市議会議員さんを通じて、現状と今後の予定を聞きました。
この方は、教科書の採択に関しては中立の立場で、教科書の採択は粛々と行い公正な決定が成されるべき、というお考えの方です。

まず、議会の雰囲気としては、この件について特にこれといった動きはないそうです。
おそらく、共産党などは独自の意見を持っているだろうが、目立った動きはしていない、と。
ただ、やはりというか、特定の教科書を誹謗する怪文書が出回っているらしいです。
特定の、と言うのは、もちろん扶桑社の教科書だそうです。(笑)

教科書の決定は、8月8日に市教委にて公開会議という形式で行われるそうです。
当日は混乱が予想されるため、市としても対策は考えているそうです。
公開会議は一般市民も見ることが出来ますが・・・今ここで詳しいことを書いてもいいものかどうか判断がつかないので、今は控えておきます。
たぶん、市民団体なんかも情報を掴んでいると思うので、大丈夫だとは思うけど・・・
問題が無ければ書きますが、何かアドバイスがあればコメントを下さい。
んで、出来れば私も行って決定する瞬間を見てみたいとは思ってますが、仕事との兼ね合いもあるので今はなんとも言えません。

今んとこは以上です。
現段階で扶桑社の教科書が採択されそうかどうかまでは分かりません。
もしそうなったら、最近の動向からも混乱は必至でしょう。
たとえ扶桑社の教科書にならなかったとしても、市教委が外部からの不当な圧力に屈せず公正な判断の下に決定をしたのなら、それに異議はありません。
しかし、そうならなかったとしたら、それは民主主義への冒涜に他ならない。
それだけは、豊中市の住民としてあってはならないことだと思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-20 13:40 | 教科書採択
2005年 07月 19日

ヤバッ! しっかり渦中にいるよぉっ!

まずは、以下のサイトを見てください・・・

労働者共産党
教育労働者への告発攻撃と反動教科書とは同列

> そのような状況の中、大阪府豊中市での今年三月の小学校卒業式で、教頭が子ども・保護者に
> 「起立」と、「君が代」の「斉唱」とを告げたので、教師Kさんは「日の丸・君が代の強制に
> 抗議します」と言って、その場から静かに退場したのであった。
> ところが四月十八日、豊中市教委の浅利教育長は教師Kさんを卒業式を妨害したとして、
> 「威力業務妨害」で豊中警察署に刑事告発した。そしてKさんを学級担任からはずすという
> ことも強行している。
> 以降、この教育労働者への告発攻撃と「つくる会」教科書攻撃とは同列にあるものとして、
> 反撃の闘いが進められている。六月十三日には、大阪ヨンデネット主催の「歴史の歪曲-
> 教科書改悪を許さない」集会の後、教育委員会への取り組みが行なわれている。
> 六月二二日には、豊中市で「扶桑社の教科書を採択させるな・教育労働者への弾圧をゆるすな」
> 集会が、大阪ユニオンネットワークの主催で開かれた。集会後、市教委のある豊中市役所まで
> デモ行進を貫徹。
> 市役所に着いたデモ隊は、市教委宛ての申入書を持って庁舎内に入ろうとしたが、ドアが
> 閉められ、市教委の職員が阻止してきた。周りには私服、制服がうようよする中、三十分に
> わたって抗議のシュプレヒコールを続けると、ついにドアを開けた。代表十人で市教委に面会し、
> 申入書提出の目的を果たした。

日の丸・君が代に対抗するネットワーク(略称:反ひのきみネット)
「日の丸・君が代」の強制に抗議した教員Kさんを刑事告発
>  4月18日、豊中市教育委員会の浅利教育長は、今年3月の卒業式で、起立して「君
> が代」を斉唱させられることに対して『日の丸・君が代の強制に抗議します』と発言し、そ
> の場から静かに退席しただけの豊中市立西丘小学校の教員Kさんを、卒業式を暴力的
> に妨害したとして「威力業務妨害罪」で豊中警察署に刑事告発しました。


当ブログを見て頂いている方々の中には、薄々私が住んでいるトコロが何処なのか感づいていた方もいると思います。
本当は内緒にしておきたかったんですけど、そうも言ってられない事態が起きつつあるようです。
そう、私は豊中市の住民なのです。
今まで、当ブログで教科書の採択への妨害活動や卒業式で公務に従わない教師を批判してきました。
が、まさか自分が住む市でも、全く同じ動きがあったとは今日まで知りませんでした。
猛省です。

あぁ、ちょっと自分に喝を入れていいですか?

どこに目ぇつけてブロガーやってんねん、ゴルァアッ!!!

ヒーッ
オロオロ;;;

まだ、我が市での動きについて詳細は掴んでませんし、この連中のこともよく知りませんが、応援メールとか色々自分なりに出来ることを考えて手を打っていくつもりです。

また、なんか分かりましたら記事にします。
取り急ぎ、オロオロと記事にしました・・・(大汗)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-19 13:19 | 教科書採択
2005年 07月 19日

怪しいバイトは止めておけ

英情報機関、テロ容疑者監視せず・英紙が判断ミス指摘(日経新聞)
>  【ロンドン17日共同】ロンドン同時テロの実行犯とされるカーン容疑者(30)や、首
> 謀者とみられる男がテロ以前にも捜査線上に浮かんでいながら、英国内情報機
> 関、情報局保安部(MI5)が「国家の安全にとって脅威ではない」などと判断し、監
> 視下に置いていなかったことが分かった。17日付のサンデー・タイムズ紙が報じ
> た。

歴史ある情報機関がある英国でさえ困難なテロ対策。
情報機関も無いスパイ防止法も無い日本は、テロに関してほとんどザル状態じゃないのか、と思うと恐ろしくなってくる。

さて、今回の同時爆破テロ、私にはどうしても分からないことがある。
それは、現段階では「自爆テロ」ということになっているけど、「自爆する」或いは「自爆させる」ことの必要性だ。
もしくは、「自爆テロ」でなければならない理由はなんなのか。

実行犯は自爆することを知らされないまま、それぞれの持ち場に配置させられた、とする見方がある。
だとしても、地下鉄やバスなら自爆せずとも時限装置で十分だったのではないのか。
もしあれが、近づくのが困難な要人や要所を狙ったものであったのなら、自爆の必要性はあったろう。
しかし、特定の人物や場所を狙ったわけではなく、一般市民が乗り合わせているだけの交通機関で、わざわざ仲間や同じ思想を共にする人を犠牲にしてテロが出来るものなのか。
もちろん、私はどんな手段であれテロは否定するし、やってはいけない卑劣な行為だと思っている。
ただ、テロをする側の立場に立って考えた場合、今回の事件が「自爆テロ」だとするのなら、仲間内からも支持されないやり方だと思える。
それに、テロの前に実行犯全員が一つの監視カメラに写っているのも不自然な話で、監視カメラがたくさんある駅周辺で全員が一緒に行動するなんて、まるで「これからこいつ等に自爆テロをさせるぞ」という証拠を写させているようなものだ。
これは、犯行後、調べたら直ぐに足がつくように仕向けた、と言うことなのか。
実行犯は単なるコマに過ぎず、スケープゴートだった、と言うのだろうか。
それは、テロで犠牲になった被害者だけでなく、実行犯とされている人達にとっても悲しすぎる・・・

もし、そうであるなら、自爆したのは操られただけのテロリストとは無関係の人間だったと言うのなら、これは日本でも現実的に起こり得るテロだと思う。
例えば、生活に困っているような人とか目先のお金に簡単に動いてしまうような人にちょっとした大金を握らせ、「この荷物を○○に何時に届けてくれ」とバイト感覚で依頼する。
やろうと思えば、英国よりも日本の方がやり易いように思う。
考えてたら恐ろしくなってきた・・・

二度とロンドンで起きたようなテロが世界のどこであろうと起きないように、と願うばかりである。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-19 10:46 | ニュース
2005年 07月 17日

フィクションですから

「天海祐希の鬼教師」ネット論争(スポーツニッポン)
>  天海祐希(37)が小学校の鬼教師を演じる日本テレビドラマ「女王の教室」(土曜後9・00)の内容を
> めぐり、視聴者間で論争がぼっ発している。ドラマの公式ホームページ上の掲示板で賛否両論が渦巻
> き、第2話までしか放送されていない現段階で書き込み数が1万2000件を超えた。「打ち切り希望」の
> 声がある一方で、「こんな先生が必要」との賛成派もおり、意見は真っ二つに割れている。

番組内容に対する批判は構わないと思うけど、打ち切りまで訴えるのはどうだろうか。
例えば、事実に反する内容であるとか反国家的思想を扇動するような内容であれば別だけど、フィクションと銘打つ作品に対して打ち切りまで持ち出す心境は、私には分からない。
それだけ反響が大きければ、製作者サイドとしては「してやったり」なのかもしれないけど。

で、このドラマ「女王の教室」ですが、私には珍しく今のところ毎回観てます。
このドラマのことは知らなくて、偶然初回を観たのがきっかけなんですが、批判されている通り小学校の設定としては過激な描写が多く、「これは話題になりそうだな」と思ってました。
私は、フィクションなんだから割り切って観ているし、「あり得ねぇ~」って状況も込みで楽しんでます。

主演の天海祐希さんは、なんでも上手にこなしそうな強い女性のイメージに加え、役柄に求められている「攻め」のキツく冷たい演技に合っていると思います。
その女王らしく「攻め」る演技がキツ過ぎると見えてか、エンディングでは本編とは関係の無いダンスを出演者に踊らせています。
これは、演技から解き放たれる瞬間の「素」の天海祐希を見せ、出演者にダンスをさせることで、キツい内容を中和し、「これはフィクションです」と暗に「けじめ」をつけているのでしょう。

おそらく、序盤では悪魔のような教師像を強調しておいて、後半には、どうしてそんな悪魔のような教師になったのか、その謎が解かれるはずです。
それは「空白の2年間」という部分に一応の謎が秘められています。
私の予想ですが、きっと、元々は生徒に優しい先生だったのに、ある重大な事件がきっかけとなり、一切の妥協を許さない悪魔教師になってしまった・・・
そういうヒューマンなオチが用意されているんじゃないかな。
例えば、大事にしていた生徒が事件で亡くなってしまったとか。
私としては、そういう「救い」が無く最後まで「攻め」一本でも構わないんですけど、最近の小学生や小学校に関する事件に対する何らかのメッセージは盛り込まれているはず。
だから、天海さんは実生活で「悪魔」とか言われて辛い目に遭ってそうですが、最終的に全話を通じてみると、「な~んだ」ってトコに落ち着くように思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-17 17:09 | テレビ
2005年 07月 17日

浮ついてたんじゃないの?

NEWS18歳 菊間アナ同席で飲酒(デイリースポーツ)
>  ジャニーズ事務所の8人組グループ「NEWS」の未成年メンバー・A(18)が、フジテレビ・菊
> 間千乃アナウンサー(33)ら同局社員同席のもとで飲酒後、宮城県仙台市内の公園で騒い
> で仙台中央署に補導されていたことが16日、分かった。この日、ジャニーズ側はAを無期謹
> 慎とすることを発表。フジ側は菊間アナ、スポーツ局社員への処分を「事実関係を調査した上
> で判断したい」とした。

私は、バレーボールは観るのが好きなスポーツだし、フジの菊間アナにも好感を持ってます。
ただ、フジのバレーボール中継に対する姿勢には馴染めていない。
どんなシガラミがあるのかは知らないけど、プレーの合間に映る局アナやタレントの応援風景が、とにかく鬱陶しくて邪魔だ。
だから、日本チームの頑張りとは関係ない理由で、フジのバレーボール中継は観ないようになってしまった。
時々、試合経過を確認する程度で観ることはあるけど、先ほどのようなプレー以外の映像が映ると興ざめしてしまうので、すぐにチャンネルを変えてしまう。
バレーボールをバカにしてないとは思うけど、視聴者側である私が軽くみられているようには感じる。

さて、この事件だけど、このような私からすれば、フジ側とタレント側両方に、バレーボールというスポーツを盛り上げるという目的を超えた、どこか浮ついた気持ちが下地としてあり、いつこのような事件が起きてもおかしくない状況があったのではないか、と思えてしまう。
たしかに、18歳でありながら飲酒し警察沙汰になってしまったタレントも悪いし菊間アナも悪いだろう。
しかし、直接的原因ではないのかもしれないけど、この際、フジのバレーボール観戦・応援、又、放映の仕方に対する考え方から改めたほうがいいのではないか、と思う。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-17 15:43 | ニュース
2005年 07月 16日

のるか そるか

東シナ海ガス田の試掘権許可 経産省(産経新聞)
>  中川昭一経済産業相は14日午後、緊急記者会見し、帝国石油から申請のあった東
> シナ海のガス田の試掘権を許可することを正式に表明した。東シナ海でのエネルギー権
> 益確保への意思を、日本政府として明確にする狙いがある。ただ、中国側が強く反発す
> るのは必至で、エネルギー権益をめぐる日中の対立はさらに深まりそうだ。

月並みなことしか言えないけど、対立を恐れていてはダメ。
このままズブズブと相手の言うコトを聞いていたら、ガス田は掘られまくり。
エネルギー取られまくり。
行く末は第二の竹島か。

強硬姿勢の中国の勢いを止めるのは容易なことではないと思う。
しかし、今まで、この海域の資源を放置していたのは日本の責任。
今までのように穏便に済ませようとすると、問題はますますこじれるように思う。
だからこそ、今は引いてはいけない。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-16 11:50 | ニュース
2005年 07月 15日

よく分からない中国の基準

賭博で中国共産党幹部ら摘発 1月から1600人(産経新聞)
>  15日付の中国各紙によると、中国公安省は1月以降、賭博をしたとして共産党
> 幹部、国家公務員、国有企業幹部ら計1617人を摘発した。うち47人が部長級、
> 254人が課長級だった。

へぇ~そうだったの、って記事なんですけど、気になったのは次。

>  警察が摘発した賭博は全国で16万3000件。約70万人を取り調べ、計23億30
> 00万元(約300億円)を押収した。このうち、吉林省延辺朝鮮自治州幹部は、公金
> 約351万元を着服し北朝鮮のカジノで使い果たし、懲役17年の判決が下された。

吉林省延辺朝鮮自治州幹部が着服した公金を北朝鮮のカジノで使い果たした、という部分にエラく引っかかった。

この記事では、「官僚賭博の撲滅」のキャンペーンが行われていたのだから、腐敗対策として幹部や公務員の賭博はいかんと。
で、この吉林省延辺朝鮮自治州幹部の場合は、公金を着服したから処罰されたのか、あるいは北朝鮮で賭博をしたからなのか。
当然ながら公金着服は厳罰だとして、この場合、北朝鮮という隣国での賭博行為もダブルで処罰対象なのか?
まぁ、中国のことだから処罰するしないは、どうとでもなることなんだろうけど。
ただ、中国から見て北朝鮮は「隣の国」というよりも、勢力圏内の地域という意識が強いのかなぁ、と。
だから、公金じゃなくて真っ当なお金だったとしても、北朝鮮で賭博をしたらアウトで、ラスベガスならセーフで、韓国だったらビミョ~、ってことなのか?
あるいは、世界のどこであろうとダメなのか?
[PR]

by k_milliard | 2005-07-15 17:36 | ニュース
2005年 07月 15日

極東情勢、現在進行中

「アメリカの鏡・日本」 ヘレン・ミアーズ著

当ブログの右サイド下方「ライフログ」に追加しました。
恥ずかしながらお小遣いが無くて、新版ではなく抄訳版の方を買って読みました。
抄訳版の方が二章少ないそうです。

近代史に詳しい方にとっては既知の本かもしれませんが、私は先日産経新聞で紹介されていたのをきっかけに購入しました。
これは、戦後の占領政策中にGHQ側の著者が出版したものの、当時の日本では発禁になった本です。
著者ヘレン・ミアーズがこの本で試みているのは、日本が鎖国政策を解き太平洋戦争で敗戦に至るまでの過程を客観的に分析し、全編にわたって日本の立場で考え、民主主義国家として指導的役割を果たすはずのアメリカの鏡として日本を捉えようとしていることです。
ですから、日本のことを良いことも悪いことも書いてますが、それ以上に母国アメリカのことを痛烈に批判しています。
20世紀前半の極東アジアにおける情勢の理解が深まるのはもちろんですが、現在のアメリカのスタンスも理解できると思います。
と同時に、日本が今後どのような道を歩むべきか、というトコロまで思考が及ぶと思います。

この本を憂国的・愛国的な方が読んだとしたら、「うんうん、やっぱりそうか」と、頷ける部分が多いと思います。
方や、「日本は戦前戦中にアジアの国々に悪いことをしたんだぁ~」派の方が読んだとしたら、「他の国がどうあれ、日本が悪いことをした事実に変わりは無い。」と思うかもしれません。
ま、感想は人それぞれですから。
ただ、私がこの本で思ったことの一つは、戦争に至る過程の分析もせずに負けた国の責任だけが問われ続けることが、どれだけナンセンスで無意味なことか。
その意を強くしました。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-15 11:35 | 寸評
2005年 07月 15日

首相に期待すること

小泉首相「反乱軍に殺されないよう頑張る」(スポニチ)
>  小泉純一郎首相は14日夕、自民党内で郵政民営化関連法案に反対する動きが強まっている
> ことに、「明智光秀が出てこないことを祈るばかりだ。わたしも反乱軍に殺されないように頑張ります」
> とドッキリ発言。織田信長が家臣の光秀に殺された「本能寺の変」を引き合いに、官邸で記者団に
> 成立への決意をあらためて示した。

小泉首相の政治家としての評価は別にして、人間的には面白い人だなぁと思う。
こういう時に「本能寺の変」を引き合いに出せるところが、政治を楽しむ余裕のようなモノを感じる。
でも、これくらいの神経してないと政治家なんて務まらないのかもしれないなぁ。

郵政民営化関連法案が参議院を通過したとして、その後総理大臣の任期が切れるまでの間、小泉さんはどうするつもりなんだろう。
たしか、日朝国交正常化も目指していたように思うけど、拉致事件解決の進展が見込めない現状、このままでは無理でしょう。
日朝国交正常化を果たすことで政治家としての名を残そうとしている、という見方がありますが、本当に名を残したいのなら拉致事件を解決させる、もしくはその突破口を開くことです。
たしかに、二度の訪朝によって北朝鮮が拉致事件を認め一部被害者とその家族の奪還には成功しましたが、これは小泉さんの政治力というよりは北朝鮮を取り巻く環境がたまたまそういう流れだった、という見方が正しいでしょう。
それに、誘拐犯の立て篭もる建物のドアを開けてもらったのはいいけど、わずかな人質の解放だけで、後は再びドアが閉められ立ち往生している、そんな中途半端な状態で高い評価など出来るわけがない。

小泉さんの政治には「サプライズ」という言葉が度々使われます。
どうか任期中に、その得意な「サプライズ」で、解決に向けた有効打を放って下さい。
というのが、私が小泉首相に期待することです。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-15 10:35 | ニュース