んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 30日

断念が残念

中学歴史教科書 岡山・総社市教委 扶桑社採択を断念 抗議相次ぎ一転(産経新聞)
>  岡山県総社市教委は29日、臨時教育委員会を開き、来春から使用する中学歴史教科書
> として大阪書籍の教科書を採択した。同市は当初、新しい歴史教科書をつくる会のメンバー
> らが執筆した扶桑社の歴史教科書の採択を目指して共同採択地区の離脱を文部科学省に要望
> していたが、一転して断念した。

>  総社市が扶桑社採択を求めていることが報道されたこの日、市役所には抗議の電話や電子
> メールが相次いだ。

市教委と共同採択の決定が異なったというシステム上の問題はあるけれど、市教委の意向が抗議により断念せざるを得なかったのは残念だ。
私はなにも、扶桑社の教科書が採択されなかったから残念だ、と言っているのではない。
市教委が最初から別の教科書に決定していたのなら、それはそれでいいのだ。
しかし、一応抗議という表現にはなっているけれども、何らかの圧力によって市教委が意見を曲げてしまったことが残念だと思う。
わざわざ大臣にまで見解を求めるほどの意欲があったのに、腰砕けに終わってしまった。
このことが、扶桑社の教科書を採択しようとしている他の市町村や教育委員会に悪影響を及ぼさなければいいのですが・・・

豊中はどうかと考えてみると、なんとなく扶桑社以外の教科書に決めてしまいそうな予感がする。
市長は中道右派といった感じだし議会は共産や労組系は野党だけど、怪しい市民団体の活動も活発だし創価勢力も強い。
事を荒立てないよう無難に治めてしまうかもしれないなぁ。
採択の日には、私も公開会議に顔を出してみようと思ってます。
何のトラブルも無く扶桑社以外の教科書に決定するかもしれないけど、圧力系市民団体の面の皮を拝むだけでも行く価値はあるかもしれませんしね。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-30 12:24 | 教科書採択
2005年 07月 29日

鶏が先か卵が先か

出生率、働く女性多い地域はアップ 厚労白書(朝日新聞)
>  出生率は女性が働く地域で高く、男性が長時間労働している地域ほど
> 低い――。厚生労働省が少子化の要因を都道府県ごとに分析したとこ
> ろ、こんな傾向が浮かび上がった。保育所の利用しやすさや気温の高さ
> はプラス、家計に占める教養娯楽費の割合の高さはマイナスに働くことも
> 分かった。29日に発表した05年版の厚生労働白書に盛り込まれた。

>  白書は「近年、北欧諸国のように女性の就労が進んだ地域の方が出生
> 率が高い傾向があり、女性の就労と出生率には正の相関がみられる」と
> し、国内でも同様の傾向があるとした。研究者の間では「育児をしながら
> 働く女性のニーズに応えれば、出生率に好影響を与える」と言われてい
> る。

この研究者の意見は、なるほどと思う。
たしかに、育児をしながらでも働きやすい環境が整っている社会は理想だ。
それに、女性の就労と出生率が傾向としてそうなっているのも分かる。
しかし、だからと言って出生率の高さの要因として女性の社会進出の高さを挙げているとしたら、少々論理として雑ではないのか。
白書でも触れている通り、お互いに相関関係はありそうだけど、どちらが要因なのかまでは分かっていないはずだ。
例えば、子供が生まれたことにより経済的な理由から共働きの必要に迫られて女性がパートなどを始めるケースもあるだろう。
つまり、出生率が高いから女性の就労が促進されている、とも言えるからだ。
きっと、お互いが複雑に絡み合いこのような傾向として表れていると思うんだけど、どうも「少子化の要因は」という議論が前提になっているだけに、情報が正しく伝わっていないように思える。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-29 13:44 | ニュース
2005年 07月 29日

「まさか」と思ったときには遅い

公判中、被告が被害女性殴る 証人尋問「かっとなった」(産経新聞)
>  28日午後2時5分ごろ、愛知県安城市で2月、幼児らを殺傷したとして殺人罪な
> どに問われた氏家克直(うじいえ・かつなお)被告(34)が名古屋地裁での公判中、
> 突然立ち上がり、検察側証人として出廷した事件の被害者の20代主婦を背後から
> 殴りつけた。主婦は救急車で搬送され、額に一週間のけが。

> 公判は約1時間20分後、氏家被告の前についたてを置き、腰ひもをつないだまま
> 再開された。裁判長は「なぜ、あんなことをしたのか」と尋ね、被告は「声を聞いて
> かっとなった」と答えた。

>  公判は午後2時に開廷。検察官は「氏家被告が暴行したのか」と質問。主婦が被
> 告人席を振り返って確認し「間違いありません」と答えた直後、被告が襲いかかっ
> た。氏家被告の手錠と腰ひもは外されていた。刑務官3人が制止しようとしたが間
> に合わなかった。

>  弁護側は「氏家被告は犯行時、統合失調症などで心神喪失状態だった」と無罪を
> 主張している。

どうやったらこいつが更生もしくは完治するのか知らないけど、少なくともこの状態のまんま野放しにするのだけはやめてくれ。

で、この件に限らず、最近護送中に逃げられたりするニュースをよく見るけど、犯罪者や容疑者に対して甘いよね。
人権さんがウルさいんだと思うけど、犯罪を犯した者を信用し過ぎてるって言うかさ。

   まさか殴るとは思わなかった・・・
   まさか拉致しているとは思わなかった・・・
   まさか侵略するとは思わなかった・・・

この裁判だって刑務官がいながら「まさか」って感じでしょ?
こういうことは、例え万が一であっても万全にお願いしますよ。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-29 11:31 | ニュース
2005年 07月 28日

ゴネ得の北朝鮮を囲む会

日本、拉致問題で厳しい立場に・6カ国協議で中韓が批判(日経新聞)
>  【北京=吉野直也】日本政府は26日に開幕した6カ国協議の冒頭あいさつで北朝
> 鮮による拉致問題の解決を訴えるとともに、前日に続いて北朝鮮代表団と個別に
> 接触、拉致問題に関する協議を呼び掛けた。ただ北朝鮮側から明確な返答はな
> く、全体会合で拉致問題を提起したことについては中韓両国が批判的で、ロシアも
> 冷ややか。頼みの米国からも表立った支持はなく、拉致問題打開の糸口を探る日
> 本にとっては厳しい状況が続いている。
>
>  「北朝鮮の真摯(しんし)な対応を強く期待する」。日本の首席代表である外務省
> の佐々江賢一郎アジア大洋州局長が拉致問題に触れた瞬間、北朝鮮の代表団
> は日本の代表団席をにらみつけるような視線を送った。日朝の接触は全体会合
> の中で佐々江氏と北朝鮮首席代表の金桂官(キム・ゲグァン)外務次官が行った
> が、短時間の立ち話で終わった。

核問題で各国立場表明・6カ国協議2日目(日経新聞)
>  会合開始前、日本首席代表の佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長は「北朝鮮
> の(核放棄という)戦略的決断を求めるようにしていくことが焦点だ。拉致につい
> ては日本の基本的立場を踏まえて対応する」と表明。韓国首席代表の宋旻淳・外
> 交通商次官補は「その問題(拉致問題)を取り上げれば協議にどのような影響を
> 及ぼすかは日本自身がよく知っているはずだ」と、強い調子で述べた。

万景峰が新潟入港 今年8回目、出港は29日午前(産経新聞)
>  北朝鮮の貨客船「万景峰92」が28日朝、修学旅行帰りの朝鮮中高級学校生ら
> 220人と、雑貨約58トンをのせ、新潟港に入った。今年8回目の入港。
>
>  岸壁では拉致被害者家族会のメンバーらがシュプレヒコールなどで抗議。家族会
> の飯塚繁雄副代表(67)は抗議後、報道陣に対し「核、ミサイルも拉致も人の命に
> かかわる問題。(6カ国協議で)同じ人権問題として同レベルで協議してもらいたい」
> と話した。

「目撃、生存情報は15人」 元工作員、衆院で初陳述(産経新聞)
>  日本人拉致被害者らについての目撃証言をしている元北朝鮮工作員、安明進
> (アンミョンジン)氏(36)が28日、衆院拉致問題特別委員会に参考人として出席、
> 拉致被害者の横田めぐみさん=失跡当時(13)=らの名前を挙げ「わたしが北朝
> 鮮で目撃するなど、生きているとの直接的な情報を持っている日本人は15人」と述
> べた。

6カ国協議で日本が拉致事件に言及したとしても、有効な成果は見込めないだろうと思ってたけどね。
実際に各国の冷ややかな態度や北朝鮮の態度を聞いてしまうと、分かっていてもムカついてしまう。
ムカついた程度の低レベルな感情だけで国政や外交を語っちゃイカんのだろうが、このイラつきはどこへ持っていけばいいんだ、んあっ!?

日本の代表団が捨て台詞の一つでも残し椅子を蹴って協議を中断して帰ってきたとしても、私はそれを支持するね。
真っ当な主張が通らない話し合いなんか、いても無駄。
乱心?
乱心と言われても結構。
と同時に、すぐさま経済制裁の発動、朝鮮総連への強制捜査と、一気に攻めに転じてくれ。
万景峰?
そんなスパイ船、停泊中にでも分からんように沈めてやれ。
今まで「対話と圧力」の圧力を溜め込んできた反動だ、全部ぶつけてやるがいい。
いろいろ非難されるだろうが、非難するほうがおかしい。
北朝鮮がズルズルとゴネ得してもOKなのに、被害に遭っている日本が多少大きな声を挙げたって誰にも遠慮なんかする必要ないだろう。

・・・と、感情に任せて書くとこうなっちゃうんだけど、兎に角なんでもいいからそろそろ攻めに転じてくれよ、頼む。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-28 12:02 | 拉致事件関連
2005年 07月 27日

ややこしいなぁ

扶桑社教科書は町予算で使用へ 茨城・大洗町(産経新聞)
>  新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の中学歴史教科書
> を選定した茨城県大洗町教委と同県第三採択地区協議会(大洗町や水戸市など1
> 4市町村で構成)の採択結果が食い違った問題で、同協議会は26日、再協議を行
> い、再び別の教科書の採択を決めた。同町教委は正式採択を断念。町予算で扶桑
> 社教科書を使用する方針で、来年度の1年生は2冊の歴史教科書で学ぶことにな
> る。

【視点】扶桑社教科書 独自予算で使用検討 共同採択に欠陥(産経新聞)
>  茨城県大洗町教委が教科書採択地区の決定に反旗を翻し、町予算での独自使
> 用を検討していることは、複数の市町村で同じ教科書を選ぶ共同採択制度の欠陥
> を改めて浮き彫りにしたといえる。
>
>  「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」(地教行法)は教科書採択を教育
> 委員会の職務権限と定めており、大洗町の教科書を決める権限と責任は大洗町の
> 教育委員たちにある。
>
>  一方で「義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律」(無償措置法)
> は、共同採択では「協議して種目ごとに同一の教科用図書を採択しなければならな
> い」としており、協議会で意見が通らない場合に教育委員会の採択権をどう保障す
> るかの規定はない。

>  今回の大洗町教委の“反乱”は、歴史だけは独自財源で無償配布してでも権限を
> 行使する覚悟を示しており、「自分の町の教科書は自分たちで選ぶ」という教科書
> 採択権の確認を文科省に突きつけた格好だ。

どうして、こんなややこしいやり方にしたんだろう。
なんなんだ、その共同採択ってのは?
採択権はあるのに行使出来ないのなら、意味ないじゃん。
とっとと一本化しろって。

ちなみに、我が豊中市が公立中学校の教科書を採択する手順を書いておきます。

まず、市教委が選定委員会を設置。
委員の構成や氏名は公表されず、また、決定まで具体的な選定内容も公表されません。
そして、選定委員会は各教科毎に調査員を指名し、調査を依頼。
教科は全部で15教科。
調査員は、担当教科の教科書について調査。
最終的には、市教委が公開会議で決定。
公開会議の正式な開催日時は、事前に告示。(予定では8月8日)
選定委員会は調査員の調査結果を元に教科書を選定。
公開会議にて、選定委員会は選定した教科書を市教委に答申。
市教委は選定委員会からの答申を受け、職務権限により教科書を採択。

以上が、平成18年度から4年間、豊中市が公立中学校で使用する教科書の選定の流れです。
選定内容が公表されないので、現段階でどの教科書が優勢かは全く分かりません。
もし、事前に具体的な情報が漏れたとしたら、何らかの作為があったとみて間違いないでしょう。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-27 11:31 | 教科書採択
2005年 07月 26日

ひと時の快楽で人生を狂わせる

勤め先に強盗、2000万円奪う ブラジル国籍の3人逮捕(産経新聞)
>  滋賀県警捜査一課などは25日までに、登録していた人材派遣会社に押
> し入り約2000万円を奪ったとして、強盗致傷の疑いで、滋賀県守山市大
> 門町、派遣社員、サカモト・ケイイチロー(34)と弟の岐阜県可児市、無職、
> ハルオ(28)ら3容疑者を逮捕した。
> 3人はいずれもブラジル国籍。
>
>  調べでは、3人は3月31日午前8時10分ごろ、滋賀県甲賀市水口町
> 八光の人材派遣会社「ハッコー」事務所で、金属バットを振り回して男性従業員に
> 軽傷を負わせ、約2000万円を奪った疑い。当日は給料日で、奪われたのは約
> 100人分の給料だった。
>
>  ケイイチロー容疑者は2002年から同社に登録、工事現場などに派遣され、事件
> 後も働き続けていた。
>
>  兄弟は容疑を認め、奪った金でバイクや車を買ったと供述。残る1人は否認して
> いるという。同課は、目撃情報などからさらに複数の共犯者がいるとみて詳しく調べ
> る。

私の住む街でも、工場が多い地域では日系のブラジル人が働いています。
(実は、そこに人助けということで創価が絡んでたりするんですが・・・)
彼らは、日本で2~3年一生懸命働くと、本国で結構いい暮らしが出来るそうです。
中には、日本で稼いだお金を元手に田舎の広大な土地を購入する予定だ、という人もいました。
肉体労働とはいえ、数年間我慢して働けば本国でいい暮らしが出来るとあれば、たいていの人は真面目に働くんじゃないでしょうか?

この押し込み強盗をした日系ブラジル人は生活に困ってやったわけでもないだろうし、バカなことをしましたね。
最近、日系ブラジル人による犯罪も目立つような気がするんですけど、彼らだって多くの人は真面目に働いているだろうに。
あまり凶悪な犯罪を犯していると締め付けが厳しくなりますよ。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-26 10:13 | ニュース
2005年 07月 25日

どうせなら親日家になって帰ってください

中国人団体客ビザ発給、25日から全土拡大・100人来日へ(日経新聞)
>  【北京=桃井裕理】中国人の訪日団体観光客の査証(ビザ)発給地域が25日、中国全土に
> 拡大され、新たに発給対象地域となった四川、陝西、河南など地方の省から約100人が
> 同日、日本に向けて出発する。今月初めに日中政府が合意した措置で、日中関係が悪化
> するなか、双方の交流拡大や日本への観光客の増加を狙う。
>
>  大手の中国康輝旅行社はビザ発給地域の拡大に合わせ、同日出発のツアー2団体を組
> んだ。東京、箱根、富士山、京都、大阪などを回る7日間の日程で、愛知万博(愛・地球博)
> も訪れる。

「いま、愛知万博にゆきます」ってか?(笑)

そのまんま、おとなしく観光だけして帰ってくれるんなら別にいいけどね。
なんか、この記事タイトルからは「とりあえず100人、先遣隊を送り込むぞっ!」って言ってるように思えたもので・・・
すいませんねぇ、偏見で記事読んじゃって・・・

>  今後は毎週2回、6日間のツアーを組む。「北京だけで販売していたときには顧客数が足り
> ずツアーが成立しないことも多かったが、今後はそのようなことはないだろう」(同社)と期待
> する。ただ、他のある旅行社では「ビザの審査が厳しくなった」と指摘する。以前はほぼ
> 100%審査が通っていたものが、現在は半分近くが差し戻されるという。

ビザの審査が厳しくなったのはいけないことのような言い草だけど、日本としては当然の対処でしょ。
今までどんな審査をしてたのか知らないけど。

さてさて、中国人による犯罪が今後増えてしまうんでしょうか?
注目ですね。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-25 14:02 | ニュース
2005年 07月 25日

好きな昆虫は何ですか?

全国のカブトムシが力比べ 佐賀で相撲大会(産経新聞)
>  「全日本カブト虫相撲大会」が24日、佐賀県白石町の白石社会体育館で開か
> れ、全国から約300人の子供らが自慢のカブトムシを持ち寄って力と技を競わせ
> た。

>  相撲で優勝したのは、福岡市の小学3年、国武晃次(くにたけ・こうじ)君(9)。「去
> 年も参加したけど負けたので、今年は兄と一緒に練習をした。優勝できて夢のよう
> だ」と興奮気味に語った。国武君には優勝の賞品としてオオクワガタが贈られた。

私も小学生の頃は、夏休みにカブトムシを採るのが楽しみでした。
頑張れば何匹でも採れる恵まれた環境で、幼虫から育てたりもしてました。
独特な形の角といい表面の光沢といい、男の子にはたまらない昆虫の一つでしょう。
今、私が住む町ではカブトムシとかが売買されていて、自力で採取するのは難しい環境です。
都市部に住む者のサガとはいえ、なんだか寂しいです。

・・・で、この大会の優勝商品がオオクワガタってのが、なんとも言えませんなぁ。(笑)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-25 11:20 | ニュース
2005年 07月 23日

「絶賛」、というハピネス

国内外の政府関係者ら、「孔子学院」を絶賛(朝日新聞)
>  世界の政府関係者、研究者、専門家などが中国語(ここでは漢語=漢
> 族の言葉=を指す)教育をめぐって話しあう「第1回世界漢語大会」(開催
> 地:北京)が22日に終了した。今大会は、「多元文化の枠組みにおける中
> 国語の発展」がテーマ。世界67の国・地域から訪れた政府関係者、中国
> 研究者、中国語教師など600人近くが出席した。各国の政府関係者らは
> 閉幕式で、中国政府が海外に設置した中国語学校「孔子学院」の役割を
> 評価した。

いやぁ~、絶賛ですか?(笑)
別に中国語のことをどうこう言うつもりはないですけど、あまりにも評価の偏る状態には、骨髄反射的拒絶反応を示してしまうものでして・・・

へぇ、中国政府が海外に設置した中国語学校のことは「孔子学院」って言うんだ。知らなかった。
きっと、日本にもあるんだろうな。
チャイナスクールの方々もここで学んでたんでしょうか?w
[PR]

by k_milliard | 2005-07-23 22:33 | ニュース
2005年 07月 22日

逃げ損ねても勝ち!?

パト追跡中に事故 大阪など 4件、7人死傷(産経新聞)
>  大阪市や神戸市などで21日深夜から22日未明にかけ、パトカーなどが追跡中
> の事故が4件相次ぎ、1人が重体、5人が重軽傷を負った上、熊本市ではオートバ
> イの少年(17)が死亡した。いずれも警察官にけがはなかった。

偶然、追跡中の事故が多かったようですね。
追跡の原因となった元々の容疑とは関係なく巻き添えを食った方は別として、つまり逃げている最中に事故って怪我した奴には、何の同情も出来ませんね。
よもや、職務で追いかけてる警察官に批判がいくとは思えないけど、たま~に批判する人もいるから世の中は分からん。
「無理して深追いするから事故になったんだ」みたいな批判。
でも・・・そんなこと言ってたら、犯人なんか捕まえられないっすよ。
私達一般の国民に代わって犯罪者を捕まえるための「公権力」なんだから、そこで権力を行使できない警察だったら意味ないっすよ。
その為に拳銃だって所持してるんだろうし。
もちろん、権力の行き過ぎには目を光らせてないといけないけどね。
でも、逃げ損ねた犯罪性の高い容疑者のことを擁護されてしまうと、まるで「逃げる権利が侵害された」って言ってるようにも聞こえるんですよ。
そんなコト言うアホはいないと思うけど。
でも、もしいたとしたら、「犯罪を犯す権利」も主張しそうだな。(笑)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-22 16:44 | ニュース