んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 19日

決め手は上手投げ?

ライス米長官が来日――牛肉、北朝鮮核問題を協議(NIKKEI NET)
>  アジア歴訪中のライス米国務長官が18日夜、専用機で東京の羽田空港に到
> 着した。ライス長官の来日は就任後、初めて。牛海綿状脳症(BSE)発生に伴
> い禁止された米国産牛肉輸入の再開問題や北朝鮮の核問題、在日米軍再編
> などが主要テーマとなる見通し。

ブッシュ大統領の懐刀ライス国務長官が直々にアジアを歴訪することの意味は、かなり大きいのではないでしょうか。
各国と話し合う課題が多いと思うので私としても全体をつかみ切れていないのだけど、日本について言えば、米国内の突き上げで浮上している米国産牛肉輸入の再開問題。
小泉首相との協議で、どの辺に落としどころを見つけるのでしょうか。
これはこれとして北朝鮮は北朝鮮のこととして分けて話し合ってもらいたいものだけど、ギブアンドテイクで考えると、ここは日本が譲歩しそうで不安だ。
ブッシュ大統領の実質的なブレーンとして長年勤めてきたと思われる国務長官の言葉は、知性を感じさせない現大統領よりも重いだろう。
アメリカの国務長官が女性だからと甘く見ないほうがいい。
日本としては、北朝鮮・中国との関係や軍事の話が大きい。
ここはアメリカと密に連携を取りながら対応していく必要がある。

国務長官の歴訪の最後が中国というところを見ても、やはり中国との関係がアメリカの対アジア政策の肝なのだろう。
全人代で採択された話とも絡んで、いろいろ注文を出すのは想像に難くない。

ところで、国務長官は元大関KONISHIKIさんと顔見知りだったの?
なんでわざわざ出迎えに行ったのか。
ひょっとして、KONISHIKIさんはアメリカの大事な任務を遂行していた対日工作要員だったとか?
・・・んなワケないか
[PR]

by k_milliard | 2005-03-19 11:44 | ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 15日

日本の課題は今も昔も変わらない

マラッカ海峡で海賊が日本船襲撃・邦人2人含む3人誘拐(NIKKEI NET)
>  【シンガポール14日共同】国際海事局の海賊情報センター(クアラルンプール)当局者によると、マレー
> シア・ペナン島沖のマラッカ海峡で14日午後6時(日本時間同7時)ごろ、日本船籍のタグボートが海賊の
> 襲撃を受けた。

あれれ?
おかしいなぁ、日本には平和憲法があるのに海賊に襲撃されちゃいましたか。
どうなってんでしょうか?平和憲法信者のみなさん。(笑)

冗談はさておき、このシーラインの危険性については以前から指摘されていたことでした。
日本が石油を輸入するためにも、ここは避けては通れない海域だったはずです。
政治的背景の無い単なる海賊であれば交渉の可能性もまだまだあるかもしれません。
場所が場所だけに自衛隊も手が出せないでしょうから、現地当局に解決して頂くしか方法はないのでしょうか。
誘拐された乗組員の方々が早く解放されることを祈ります。

こういう事件が起きて思うのは、やっぱり日本の大きな課題の一つはエネルギーの確保でしょう。
おそらく、表立って政府は言わないけど、中長期的計画で、日本が他国に依存しない形でのエネルギー源の確保を目指していると思います。
というか、これさえクリア出来れば、いろんな問題が解決できそうな気がするんです。
技術的にも日本なら決して無理な話じゃないと思うし。
ただし、日本に自立されたら困る国は多々あると思うので、絶対に邪魔されるでしょうけど。
そういう意味では、何よりも先に、日本にもしっかりとした情報部の設置が急務なのかもしれません。
これからの時代、情報戦に勝てなきゃ生きていけないでしょ。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-15 01:43 | ニュース | Trackback(1) | Comments(2)
2005年 03月 14日

見たくないものは見ない、という逃避

ビル9階から看板落下 大阪・豊中のUFJ銀行(Sankei Web)
>  13日午後3時15分ごろ、大阪府豊中市、阪急千里中央ビルの敷地に、UFJ銀行の看板(縦7.25メート
> ル、横1.2メートル、厚さ0.4メートル)が落ちているのを通行人が見つけ110番した。11階建てビルの8階
> から9階にかけ設置されていたもので二十数メートル落下した。けが人はなかった。

風強かったもんな。
まさか、こんなモノが上から落ちてくるとは思わないでしょう。
けが人がでなかっただけマシだけど。
万が一というコトもあるから、こういうコトも少しは想定して気をつけて歩く必要があるでしょうね。

・・・で、だ。
この場合、「落ちてくることもあるから上を確認しましょう」なんだけど、「落ちてくると思うから落ちてくる」と考える人がいるとします。
これってバカな話だと思うでしょう。
でも、これを「攻めてくると思うから攻めてくる」と国防に言い換えてみると、これに近い発言をされている人がいるのを見かけることがあるはずです。

「戦争を放棄すれば平和になる」
「憲法9条が国を守ってくれている」

田嶋陽子さん・・・
個人だけ名前を挙げて申し訳ないけど、最近目立つんだよね。

「戦争は絶対にダメ!」
だから万が一の戦争の話もしちゃダメってか?

この人だけじゃないけど、こういう考え・発言をする人は、本気で私たち国民の安全について考えているのか、非常に疑問に思います。
特に、平和憲法=憲法9条が国を守ってくれているという錯覚は、なんとかならないもんでしょうか。
だって、現実の話、憲法9条があるにも関わらず、日本人は拉致されるわ領土は奪われるわ、これのどこが平和なの?
おもっきし主権が侵害されてきたじゃん。
これをどう説明するの?

もういい加減、護憲派の人達は、こういう矛盾した考え方は止めたほうがいいと思いますよ。
とっくに見放されているのかもしれないけど。

・・・看板落下をネタに、国防について考察してみました。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-14 10:37 | 寸評 | Trackback | Comments(6)
2005年 03月 13日

どうなるかは自分しだい

派遣社員の最低賃金、派遣先基準に・厚労省(NIKKEI NET)
>  厚生労働省は労働者に支払う賃金の下限を定めた最低賃金制度を抜本的に見直す。派遣社員の場合、
> いまは所属する派遣会社を基準に最低賃金が決まるが、派遣先の会社の地域・業種に合わせる仕組みに改
> め、同じ職場のアルバイトより最低保証額が低くなるなどの弊害をなくす。都道府県別に決めている最低賃金
> の地域区分も広域化し、格差を減らす方針だ。

私は派遣プログラマーとして仕事をすることが多いです。
最低賃金がどのような基準で決まるのか、というのは興味深いですが、これを時代の変化に合わせて見直そうという動きですね。

これは私のグチだと思ってもらっていいんですが(笑)、派遣先に行くと私よりも仕事の出来ない正社員の方が結構いたりします。
そんなトキはつい、「この人、私よりもたくさん給料もらってんだろうなぁ・・・」と、ひがんでしまうコトがあります。
私は企業に属していないから収入が不安定なのは当然のことなんですけど、会社を辞めてから羨ましく思うようになりましたね、正社員であることのメリット。
その反面、非正社員は基本的に頼るものが自分だけですから、そのへんの自覚はちゃんと持っているつもりです。

去年、1ヶ月だけ警備の仕事をしましたが、あの仕事は日払いで、時給に換算するとマクドのバイトよりも低かったです。
あのトキも、他のおっちゃん達よりも私の方がいい仕事をしていた自信があったので、同じ賃金をもらっているということに少々不満がありました。
不満があってもそういう契約ですから、どうしようもないんですが。
「要するに金かい!?」って怒られてしまいそうですが(笑)、まぁ、グチということで許して下さい。

で、警備のそんな安い賃金の仕事であっても、それしか出来ないようなおっちゃん、いや中にはおじいさんもいたな・・・達と一緒に仕事が出来たのは良い経験でした。
私も含めて、人それぞれ様々な事情で警備のバイトを選んでいたワケですが、生きるためにしょうがなく来ているような人もいました。
そういうおっちゃんを見ていると、その人には悪いですが、「あんなふうにはなりたくないな」と思いましたね。
それは警備のバイトが悪いんじゃなくて、年金を受給するような年齢なのに低賃金の仕事にしがみついてでも働かなくては生きていけない、という厳しい現実を目の当たりにすると、なんとも悲しい気持ちになりました。
同年代のおっちゃんでも、小遣い稼ぎに来ているような人とは仕事に対する必死度が全然違いますから、顔を見たら分かりますよ。

若いうちはいい。
仕事が無い無いと言っても、いざとなれば体を張った仕事が出来るから。
でも、50・60才を超えてくると、出来る仕事も限られてくる。
しかし、働かなくては生きていけない。

やっぱり、若いうちに働くだけ働いて、人生設計もちゃんと考えておかないと、人生の終盤を寂しく迎えることになりかねないですね。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-13 13:08 | 寸評 | Trackback | Comments(7)
2005年 03月 13日

これをきっかけに

49%が郵政民営化に賛成、内閣府が世論調査(Business i.)
>  調査は、無作為に抽出した全国2077人を対象に2月10-
> 20日、調査員によるヒアリング方式で行われた。政府の郵政民
> 営化推進に「関心がある」と答えたのは34・1%、「どちらか
> といえば関心がある」が34・2%で、7割近くが関心をもって
> いることがわかった。民営化の賛否について「賛成」が19・1%、
> 「どちらかといえば賛成」が29・9%。一方、「反対」「どち
> らかといえば反対」の合計は30・2%に達した。「わからない」
> は20・8%を占めており、国民へのさらなる説明が必要といえ
> そうだ。

フジサンケイグループには、この「Business i.」という経済紙が既にあります。

まぁ、それはおいといて、賛成している人の方が多いんだ・・・ホンマかいな。
これに関して私は反対の立場ですが、アメリカ産牛肉の輸入解禁を求めるアメリカの要求に積極的に応じるかのような小泉首相。
大きな流れとして、アメリカの要求を呑もうとする首相vs国を守ろうとする既成勢力、の戦いがあると思います。
一応、アメリカは日本を軍事同盟国としていますが、国として対等という意味ではないでしょう。
牛肉の輸入問題で、「解禁しない日本に制裁を」なんて言っているアメリカの議員がいるようですが、日本が北朝鮮に制裁を加えるよりも先に同盟国のアメリカから日本が制裁を受けるかもしれないなんて、悪いジョークにもほどがある。

幸いにというか、メディアによって劇場化された感のある「ライブドアvsフジサンケイグループ」騒動によって、国内資産を外資から守るという視点が、この郵政民営化問題にも向けられ始めた気がします。
そこんとこ、経済の専門家はもっと言及して欲しいと思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-13 11:28 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 06日

そもそも少数派じゃないですから

人権法案を問う 辛淑玉さんインタビュー(東京新聞)

人権法案の中身ではなく、辛淑玉氏の発言内容について思うところがありますので。

>  マイノリティーに関し、与野党とも無知。イラクの日本人人質事件後、民主党幹部に「在日外国
> 人の私が人質になったら民主党は助けてくれるか」と質問したら、「世論が支持しない」と答えた。

まず、この民主党幹部の回答がおかしい。
「外国人は保護対象外」と回答するべきでしょう。
拉致問題もそうだけど、世論が支持するかしないかは本質的要因ではないです。

> 政治家は外国人を犯罪者予備軍か低賃金労働力として見ており、在日コリアンのように「国民」
> の枠からはずれた者、一票を持たない者は意識の中にもない。

自分で言ってて分かってるじゃない。
「在日コリアンは日本国民ではない」
で、「政治家は外国人を犯罪者予備軍か低賃金労働力として見ており」という決めつけが凄い。
これは、ご自身が「犯罪者予備軍か低賃金労働者として政治家から見られたことがある」という経験からの発言ですか?

> だから、与党案にだって飛びつきたくなる。東京都の管理職受験資格が否定されたように、
> 在日コリアンも一貫して無権利状態。われわれマイノリティーは今、なんの保護もない「奴隷」
> なんですよ。

凄いっ!
凄すぎて頭がクラクラしてきた、マジで。
どうやったら、こういう「斜め上空半万光年先」なことが言えるんだろう。
「保護がなかったら奴隷」という公式は、朝鮮学校に行けば教えてもらえるのかな?
それに、「在日コリアンも一貫して無権利状態」って・・・
こんなこと言ってたら、そりゃ日本人怒るって。
無権利かよ、え?
んなワケなかろう。
特別永住者が他の外国籍の人よりも、まさしく「特別」扱いされているのを知らないワケないでしょ。
知らないとしたら、あんた在日としてモグリだ。
では、辛淑玉氏がエセ在日ではないとしたら、事実を意図的に歪曲し公の場でこのような発言をされていることの意味を、どのように理解したらいいのでしょうか?

>    ――在日外国人に指紋押なつを強制した人たちが、今度は辛さんたちの人権を守ります、
> と言っている。感想を。
>
>  吐き気がします。悪夢ですよ。

悪夢を見そうなのはこっちなんですけど。(爆)
質問の「在日外国人に指紋押なつを強制した人たち」というのもおかしいし。

このインタビューでは、マイノリティをどう定義するのかが問題です。
日本国籍を有する国民の中のマイノリティなのか、それとも、国籍は関係なく日本に居住している者の中のマイノリティなのか。
辛淑玉氏の言うマイノリティは後者でしょう。
日本人としてではなく、日本に住む者としてのマイノリティ。
ただ、どうですかね、アメリカで市民権の無いグリーンカード(永住権)保持者を「アメリカのマイノリティ」と言うのは妥当でしょうか。
また、日本で仕事をしている、例えばNOVAの講師をしているアメリカ人を「日本のマイノリティ」と言うのは妥当でしょうか。
アイヌの人とか、或いは独自の文化を築いてきたという意味で沖縄の「日本国籍を有する少数派の日本人」のことをマイノリティと言うのは妥当かと思います。
だけど、日本が加害者とされる「歴史的背景」を根拠に、韓国・朝鮮籍の人のことを、しかも「日本国民ではない」と自覚している人達のことを「日本のマイノリティ」とは言えないでしょう。
「言える」と言うのであれば、その根拠を徹底的に検証してくださいよ。
韓国・朝鮮籍の人による様々な権利・賠償・謝罪要求の根拠は、例外なく日本と朝鮮半島の歴史にありますよね。
おそらく、その歴史的事実を詳細に検証し議論をすれば、要求の根拠は崩れるはずです。
マイノリティであることを主張し続けるためにも、日本が加害者であるという都合の良い根拠がどうしても必要なのでしょう。
つまり、彼らが日本に要求し続けるためには根拠が崩れてはいけないし、崩れそうになると感情的に強く押さえ込もうとするのだと思います。

辛淑玉氏は、マイノリティであることを利用して上手く主張していますが、もしご自身のことを「日本のマイノリティ」だと認識されているのであれば、少なくとも日本の発展と繁栄を願い日本の国益に適った振る舞いをするべきです。
しかし、日本人としての自覚が無い外国籍のまま「日本のマイノリティ」としての意見を言われても、それは違うと思いますよ。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-06 13:13 | 寸評 | Trackback(7) | Comments(31)
2005年 03月 06日

悪意が透けて見えるんですが・・・

武部自民幹事長:「日本は天皇の国」(Mainichi INTERACTIVE)
>  自民党の武部勤幹事長は5日、北海道稚内市で講演し、自ら
> の好きな言葉としてすべてのものには中心があるという意味の
> 「中心帰一」を挙げたうえで、「日本は天皇の国だ。首座がはっ
> きりしている」と述べた。

武部幹事長のことは特別なんとも思ってませんが、「日本は天皇の国」というのはその通りだと思います。
「日本人の精神的支柱として天皇陛下がいる。」
私は武部幹事長の発言をそう理解しました。
言葉足らずだと批判されるかもしれませんが、少なくとも私はこの発言を聞いて嫌な気にはなりませんし、憲法で天皇は日本の象徴とされている点からしても、決して間違った発言とは思えません。

問題は、この発言を燃料として火種を熾し、一面のトップニュースにしたり、わざわざ周辺各国にご注進するアホの存在でしょう。
ことさら、この発言を取り上げて記事にする必要などないはずです。
しかし、毎日新聞のこの記事の伝え方から推察すると、毎日新聞は対日批判レースの第一走者として名乗りを挙げたも同然。
あとは後続の走者がバトンをつなぎ、中国や韓国で見事爆発したら、それを大々的に報道する気でしょ?
違うの?
そうじゃないとしたら、この発言を記事のタイトルにする意図は何ですかね?
[PR]

by k_milliard | 2005-03-06 02:00 | ニュース | Trackback | Comments(5)
2005年 03月 06日

一応、念のため

西ナイル熱、シベリア西部で患者確認(NIKKEI NET)
>  【ワシントン4日共同】鳥から蚊、人間へと感染する西ナイル熱の患者が昨年、シベリア西部のノボシビルス
> クや周辺で初めて3人確認されたことが3日分かった。西ナイル熱は日本にはまだ侵入していないとみられる
> が、シベリアからは長距離の感染拡大に重要な役割を果たすとされる渡り鳥が、日本全国に多数飛来してい
> る。

いたずらに騒ぐのは良くないですが、こういう話は頭の片隅に入れておいて損はないでしょう。
何事も予防や事前の準備が大切です。
マスコミに煽られてパニくることのないように、正確な情報を早いめに掴んでおきたいものです。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-06 01:16 | ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 05日

ツツミ隠さず話しましょう

堤前会長逮捕:虚偽記載問題公表経緯「謝れば世間は許す」(Mainichi INTERACTIVE)
>  しかし、有価証券報告書への虚偽記載は遅くとも1957年から続いており、これを認識していた堤
> 前会長は「そうは言っても、どうすることもできないじゃないか」と拒否し、虚偽記載が続けられたとい
> う。

昨年のプロ野球オーナー会議でナベツネと共に報道陣の前に現れた堤前会長を見て、誰が現在の姿を想像できたでしょうか?
世の中、分からんもんですね。
高い位置にいる人ほど、落ちるときの落差は激しいです。

この記事を読む限り、ワンマン(独裁者)の姿とともに、人間の弱さも感じます。
「偽りであると認識しつつ、どうすることもできなかった。」
私が働く業界でこんなこと言ってたら、物凄い非難されますよ。
ソリューション(問題解決)能力に問題あり、でしょう。
なまじっか巨大な組織のトップにいたばっかりに、どうすることもできなかったのかもしれませんが、それにしても弱い、弱いよ、堤さん。

ps...
記事のタイトルは、アエラの吊り広告のキャッチコピー風にしました。
ベタですいません・・・ (^^;
[PR]

by k_milliard | 2005-03-05 14:28 | 寸評 | Trackback | Comments(2)
2005年 03月 05日

良い子悪い子普通の子・・・普通の子になろうよ

この三日間ほど仕事が忙しくて、ネットを覗くことすら出来ませんでした。
しばらくネットから離れていると、自分の中の情報の鮮度が落ちていくような気がして不安になります。
新聞やTVニュースを少し見るだけだと、得られる情報量があまりにも少ないです。

さて、今週もいろいろあったんですね。

政府、韓国外相来日延期で関係悪化を懸念(NIKKEI NET)
>  韓国の潘基文外交通商相の来日延期について日本政府は「日韓関係はかつてなく良好になっていただけ
> に非常に残念だ」(外務省幹部)と関係悪化を懸念している。歴史認識や竹島問題がこれ以上、日韓の外交
> 日程などに影響を与えるのを避けたい考えだが、妙案はないのが実情だ。

歴史認識や竹島問題が日韓の友好関係の障壁になっているという考えは、きっと日本政府の本音でしょうね。
名誉を捨てて実利を得る、といったところですか。
っていうか、日本政府が考える実利って何?
歴史とか竹島も日本のかけがえの無い実利だと思うんですけど。

そりゃ、韓国とか中国はいろいろ言ってきますよ。
そういう国ですから。
私がどうかと思うのは、そういう難癖つけてくるヤカラに対して、彼らにとって物分りのいい「良い子」でいようとするかのような日本政府の態度です。
日本政府が考える実利を得るにしても、その代償はデカいぞ。
「悪い子」になれとは言わないけど、殴られるのを覚悟してでも言うべきことを言う勇気は必要じゃないのか?
彼らの態度や考え方を変えて欲しいと思うのなら、まず自分から変わらないと。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-05 03:44 | 寸評 | Trackback(2) | Comments(9)