<   2004年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2004年 11月 24日

エセにご注意を

久しぶりに長文になりますが、ご了承を。

私はワケあって、11月だけ土日祝に警備のバイトをしています。
ワケって、家計の足しにしたいだけですが・・・(苦笑

警備の現場は、とある紅葉スポットで、仕事の内容は臨時駐車スペースでの交通整理です。
もう少し詳しく説明すると、紅葉スポットから少し離れた場所に駐車場があるのですが、駐車できる台数も限られているため、そこから更に離れた路上を臨時の駐車スペースとして利用することになっています。
駐車場から臨時駐車スペースの間は、地形の問題から駐車禁止になっています。

で、私はその臨時駐車スペースの開始点に立ち、駐車禁止区域に駐車しようとする車に対して臨時駐車スペースに駐車するように促すのが私の主な仕事の内容です。
話の前提はここまで。

まず、この仕事の感想は、警備の仕事自体が初めてということもあり、今までに無い経験が出来てとても勉強になってます。
特に、駐車禁止区域なのに「自分だけ特別に駐車させろ」という観光客の車に移動してもらうときに、実にいろんなタイプの人がいて面白いです。
横柄な言葉使いの人はたくさんいました。
印象に残っているのは、一見フィリピン人かと見紛うような顔にサングラスをかけた暴力のプロの方々が乗る高級車とか、ガラの悪いヒップホップ系の若者達が乗るボックスカー。
しかし、その何れもキッパリ断って移動してもらっていたので、私は駐車禁止区域に車を1台も駐車させたことはありませんでした・・・今日までは。

私としては屈辱だったのですが、今日(23日)、初めて駐車禁止区域に車を駐車させてしまいました。
まず、白のハイエースワゴンが駐車禁止区域に停車し、他の車と同様、
「ここに駐車させて欲しい」と訴えてきました。
訴えているのは運転席の30代の男性。
私はそこが駐車禁止であることを告げると、
「身障者がいるから、あんまり歩かせたくないねん」と言いました。
確かに、その場所から紅葉スポットまで歩けば10分以上もかかるので、どの観光客も出来るだけ紅葉スポットに近い場所に駐車させようとします。
ですが、他の車にも言っているように断っていると、
「おまえ名前なんて言うねん」と、少し威圧的にでてきました。
後部座席には子供と思しき気配が。
おそらく身障者と言うのは、この男性の子供のことでしょう。
私は困り、「許可証(身障者のために発行される駐車禁止区域でも駐車できる許可証のこと)は持ってるんでしょうね?」と訊くと、
「あるある」と言いながら許可証と思われる何枚かのカードを提示してきました。
しかし、どうも以前見た許可証とは違うような気がするけど、自信がない。
私は、先ほどの威圧的な態度といいこの許可証といい、ちょっとコイツ怪しいな、とは思いました。
ですが、もしここで断ったがためにあとでトラブルにでもなったら嫌だなという気持ちが先立ち、渋々この車の駐車を許可してしまいました。
そんなやり取りをしていたせいもあり、路上はちょっとした渋滞になっていたので私は交通整理をしていると、駐車を済ませた彼ら親子の姿はもう見えなくなっていました。
身障者がいるという割りに、居なくなるのが早いなー、と。

しばらくして、私はペアを組んでいたバイト仲間のおじさんに、こういうワケで車を駐車させてしまったことを説明しました。
すると、そのおじさんの奥さんは少し体の具合が悪いらしく、本物の許可証を持っているというので、早速その車のダッシュボードに置かれてあった許可証と思われるモノを見てもらうと、
「あ、これ偽物」とあっさり偽物と判明。
いやらしいのは、「許可証」と書かれた部分だけ見えるように上手くカードを重ねて置いてあるので、本物を知らない人が見たら本物かどうか分からないようになっていたんです。
次に、警備本部に連絡して社員の方に来てもらい事情を説明すると、こうやって身障者を騙って違法駐車する人がたまにいるらしい、とのこと。
「この車もきっとそうだけど、しょうがないから無視しておいて」と言われました。
で、私の無知がいけなかったのだが、例え本物の許可証であったとしても観光地では使えないと言うことでした。
つまり、自宅の前とか普段利用するお店の前とか、生活するのに必要な決められた場所でしか許可証は使えないのです。
冷静に考えればそうだろうなとは思いましたけど、そこまでの判断が出来なかった自分が悔しい。

その後、私はその親子が戻ってくるのを見てやろうと思いました。
その子供が本当に身障者なのかを確かめなくては、私の気が済まなかったのです。
駐車から約2時間後。
紅葉を楽しむにはタップリな時間の後、その親子は戻ってきました。
父親の横にいたのは、急な上り坂をしっかり自分の足で歩く小学4年生くらいの女の子でした。
私は警備本部の社員の指示を守り無視を決め込んでいましたが、いかんせん怒りで震える私のキツイ視線が気になるのか、親子は二人とも私の視線を外し、そそくさと車に乗って行ってしまいました。

キッパリ断れず、しかも偽の許可証だと見破れなかった自分が悔しい。
身障者についての知識が乏しかったことも恥ずかしい。
しかし、この言いようの無い怒りをどう表現したらいいのか。

自分の子供をダシにして身障者を騙り、特別扱いを受けようとするその卑しい根性。
汚い言葉を使うのは本意ではないし軍曹様の足元には到底及ばないが、今回はあえて言わせて欲しい。

このクソ野郎!

私には経験則から得た「善人面の一般人こそ、やるコトがエゲつない」という持論があります。
今回、そのことを確信しましたね、ホント。
だって、暴力のプロだって筋の通った説明をしたらちゃんと移動してくれましたもん。
よくあんな汚い手口を子供の前でやれるよな。
自分の子供がどう思うのか考えたことあるのか、あの父親は。
それに、偽の身障者を騙るなんて、最低だぞ。
弱者を盾に利用したのが何よりも許せん。
正に、「弱者を盾にすれば嫌とは言えまい」という汚い作戦に私はまんまとハメられたワケか。
ペアを組んだおじさんがこう言ってましたよ。
「本当の身障者ならこんなことしませんよ。ちゃんと決められた場所に停めますって」
本当の身障者のことまで汚しやがって。
もう、なんて言っていいのか分からんわっ!

私のこの嫌な気持ち、しばらく治まりそうにないですが、ここにでも書いて発散しないとモタなかったので・・・
最後まで読んで下さった皆様、私のこの経験が何かの役に立てたら幸いです。

世の中って汚い奴がいるんだな~・・・(グスッ

長々と駄文、失礼しました。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-24 07:43 | 自分のコト
2004年 11月 22日

ちょっかいを出す中共

ネパール治安部隊と反政府勢力が衝突、34人死亡(NIKKEI NET)
>  【ニューデリー=山田剛】カトマンズからの報道によるとネパール西部のカイラリ県で21日未明、パトロール
> 中の同国治安部隊が反政府武装組織「ネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト)」ゲリラと遭遇し、銃撃戦
> で毛派の16人と治安部隊の10人が死亡した。同日の犠牲者は、別の衝突による双方の死者8人と合わせて
> 34人となり、政府軍と毛派の衝突が頻発し始めた先月以降で最悪となった。
>
>  ネパールのデウバ首相は毛派に対し、繰り返し和平交渉再開を呼びかけているが、毛派側は「政府の態度
> が不誠実である」などとしてこれを拒否。先週には、信頼できる国や国際機関の仲介によってギャネンドラ国
> 王との直接交渉を要求する声明を発表していた。

「信頼できる国」って中国のことですか?(笑
反政府武装組織「ネパール共産党毛沢東主義派(マオイスト)」ゲリラのバックには中国共産党がいて支援しているのは間違いないでしょう。
その中国に日本が支援金を出しているのであれば、間接的に日本も関与していることになりませんか?
これも東アジアの安定のためには仕方の無いことですか?
こうやってネパールの治安がかき乱されていますが、これはネパールだけの話ではないはず。
ある時にはゲリラを支援し、ある時には内政干渉する。
いろいろやってくれるじゃないですか。
台湾だって、この日本だって、中共の息のかかった組織が暗躍してるんじゃないんですかね~。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-22 18:05 | ニュース
2004年 11月 18日

思惑通りにいかず・・・残念!

中国負けた、痛恨のPK失敗/W杯予選(nikkansports.com)
>  中国が1次予選で敗退し、クウェートの2次予選進出が決まった。中国は香港を7-0で
> 破ったがクウェートはマレーシアに6-1で勝った。ともに勝ち点15で、直接対決も1勝1
> 敗で得点も1-1と全くの互角。
>
>  全試合を通じての得失点差もプラス13で並んだが、総得点でクウェートが15で、中国
> は14得点で1点及ばなかった。

この試合どうなるのかと思いきや、中国としては予定通りの試合運びだったんでしょう。
ところが、それ以上にクウェートが頑張ったもんだから、06年W杯出場は夢と消えてしまいました。
皮一枚の差、でしょうねぇ。
選手は精一杯プレーしたんでしょうけど、この予選敗退を国の弔事として見た場合、これがケチのつけ始めになんないようにお祈り申し上げます。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-18 03:00 | 寸評
2004年 11月 18日

奪還する気ないやろ?

小泉首相、日朝実務者協議に一定の評価(asahi.com)
>  小泉首相は17日、民主党の岡田代表との党首討論で、北朝鮮による日本人拉致問題をめぐる第3回日朝実務者協議に
> ついて、「将来の国交正常化に向けた一つの段階とみている」と述べた。岡田氏が「拉致問題のこのような現状の中、国交正
> 常化交渉を本格化させるのか」と質問したのに答えた。
>
>  また、北朝鮮への食糧25万トンの人道支援のうち、まだ実施されていない12万5000トン分について、岡田氏が「凍結す
> べきだ」と主張したのに対し、首相は「国際機関を通じて出すべき時に出す」と述べ、拉致問題の進展の度合いとは無関係に
> 予定通り支援を続ける考えを示した。

あえて言葉じりにツッコみますが、小泉首相のこんな態度に「一定の評価」をしているのは北朝鮮でしょうが。
もうさぁ・・・、こんな不毛な交渉止めたほうがいいよ。
さっさと期限を決めて、「この日までに拉致した全員を帰さないのなら、こっちにも考えがある。」って言い切ったらどうなの?
そりゃ他の国と協調しなきゃいけない問題もあるのは分かるけどね、「おい、それはちょっと待て」って他の国から止められるくらいの意気込みを見せてもバチは当たらんだろう。
だって、日本人が拉致されたのが明白になって何年経ってんの?
これ、日本の話だよね?
日本人が朝鮮人に拉致されたんだよね?
で、ズルズルと下らない交渉に付き合わされて、挙句の果てには食糧を支援するだと?
いい加減にしろ!
それで何人の日本人が帰ってくるのか言ってみろ!
いつまで被害者の家族をさらし者にしたら気が済むの?
人道支援って言うんなら、せめて家族会に対して一言でもなんか言ったらどうなの?小泉さん。
救済する方向が違うよ。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-18 02:19 | 拉致事件関連
2004年 11月 16日

どの口が言うてるねん

「怒るべき時は怒らないと」閣僚から経済制裁を求める声(SankeiWeb)

私は以前にも書きましたが、既に「拉致事件に対して日本人は怒っているぞ」という姿勢を見せつける時期に来ていると思います。
もしこれが身近なトラブルだったとしたら、犯人の胸ぐらをつかんで「つべこべ言わんと早よ家族を帰さんかいっ!」って言うでしょ?
私だったら頭突きの一発でもかまして、ただじゃ帰さないですよ。
それが家族ってもんでしょ?
なのに、北朝鮮が相手だと、「経済制裁は効果が無い」だとか、「そんなことをしたら何をされる分からない」だとか主張する人がいるようですね。
この期に及んでよく言えたもんだと呆れるのを通り越して、日本人として空しいわ。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-16 17:36 | 拉致事件関連
2004年 11月 04日

これが世界最高の民主主義かよ

アメリカの大統領選挙。
なんか今回もゴタゴタしているみたいですね。

なんやねん、暫定票って!?

意味分からんわっ!

名簿に名前が無い奴に投票なんかさせるなよ。
どうしてそんな曖昧なことをするかなー。
後でどうとでも出来るような余地を残すなって。
「暫定票で逆転勝利!」なんて、学級委員の選挙でもやらないようなセコい真似するんじゃないぞっ!

毎回こんな醜態さらして、民主主義が聞いて呆れるわ。
投票を締め切ったらバシバシ結果を出して、きっちり白黒ハッキリさせたらどやねん。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-04 10:47 | 寸評
2004年 11月 01日

マネージャーとしての資質

タレントの島田紳助さんの傷害事件について。

紳助さんについて私の印象は、バラエティ番組での司会は抜群に面白いと思いますが、一人の人間としてはあまり好きなタイプの人ではありません。

紳助さんが暴力をふるったのが悪いのは当然の話ですが、それよりも、どうして話がこれほど大きくなったのでしょうか。
被害を受けたという女性のマネージャー。
マネージャーとは、担当のタレントの営業活動をして会社に利益をもたらす役割の存在だと思います。
別の言い方をすれば、マネージャーはタレントの仕事をサポートするのが仕事です。
であれば、マネージャーとしてこの騒ぎの大きさをどう考えているのでしょうか。
吉本興業としては、多大な迷惑・損失を受けたはずです。
もちろん、それは殴った紳助さんが悪いんですけど、被害を受けた女性がプロのマネージャーであれば、暴行に至る前に彼女はこれを未然に防げたのではないかと思います。
紳助さんから見て彼女が失礼な態度に映った、というのが事の発端のようです。
で、彼女が同じ吉本興業の人間だと分かり紳助さんは激怒しました。
もし彼女に全く非が無かったとしても、この時点で誤解を解くように、或いは、紳助さんの怒りを静めるように振る舞うべきではないでしょうか。
そして、殴られた後も、いきなり警察に通報するのではなく、まず会社とか上司に報告するのが筋だと思います。
病院に行くのはその後でもいいのですから、どうして社内の揉め事をいきなり警察に届けたのか、マネージャーとしてその行為はどうなのかと思います。
相手が悪いにしても、その結果会社に損害を与えてしまうかもしれない、という考えはなかったのでしょうか。

28日のニッポン放送「ナイナイのオールナイトニッポン」で、岡村さんがこの件について触れていました。
会社からは触れないようにと言われていたらしいです。
岡村さんは、「紳助さんが記者会見で100%僕が悪いって言ってたけど、100%ってことないでしょ。」と紳助さんをかばう発言をしていました。
お笑いの世界、吉本興業は上下関係が厳しい社会のようです。
紳助さんが何の理由もなくマネージャーを殴るはずもなく、やはりきっかけになる何かがあったのは間違いないでしょう。
きっと、このようなコメントは同じ吉本興業だけでなく、タレント全般多くの人が紳助さんをかばうように思います。
また、同業の他のマネージャーはどう思っているのでしょうか。
そもそも、そんな失礼な態度をとらないのかもしれないし、いきなり警察に言わないよ、というのかもしれません。

いずれにしても、この被害を受けたというマネージャーは、この件で今後マネージャーとして仕事をしずらくなったと思います。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-01 12:05 | 寸評
2004年 11月 01日

今年の定番:便乗撤退要求

イラクで殺害された香田君。
状況からみて今回は厳しいだろうと思ってましたが・・・
もう亡くなられたので、彼に対するこれ以上のコメントは止めておきます。

親からもらった大切な命、大事にしましょう。


お決まりのように、自衛隊の撤退を主張する市民グループが集会をしたりコメントを発したりしていました。
ここぞとばかりの便乗撤退要求。
香田君の救出を訴えるフリをしつつ、あわよくばご家族を巻き込んで自らの運動を盛り上げようとする意図を感じます。

香田君が殺害されたのは自衛隊をイラクに派遣した日本政府の責任だというのなら(私はそう思わないけど)、その政府を選んだのは誰なんだ。
実行犯のイラクの武装勢力は非難しないのか?
彼らを見ていると、自分の思い通りにならずにダダをこねて親を困らせている子供のような「甘え」を感じます。
政府を批判するのは勝手だけど、その責任、あんたにもあるんやで。
[PR]

by k_milliard | 2004-11-01 11:04 | 寸評