んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2004年 08月 07日

日本人が失ったモノ

フジ「FNNニュースJAPAN」
にて、アメリカ大統領選挙を取り上げていました。

その中で、ロック界の大御所、ブルース・スプリングスティーンが反ブッシュを表明している、と報じていました。
ブッシュ政権の転覆を目指すコンサートを開く、と宣言までしているらしいです。
スプリングスティーンといえば「Born in the USA」ですが、この曲は1984年の共和党全国大会のバックで流れていたとか。
この曲、たしかに保守系の共和党には打ってつけだったでしょうね。
それが今回、反ブッシュで共和党の敵になるとは、20年も経てば世の中変わるもんですね。

ところで、スプリングスティーンって、「アメリカの魂を歌うロッカー」というイメージが強いです。
それは「Born in the USA」の愛国的なイメージが強すぎるからかもしれません。
実際の話、この曲を聞いたアメリカ人はみんな熱いモノを感じたりするんでしょうか?
やっぱり、保守層の魂には響くモノがあるような気がします。
なんか、「魂=スピリッツ」っていうモノ自体がアメリカ人には合っているんじゃないかな。

で、アメリカの魂というなら、我が日本も、日本の魂という言い方が成り立つはずです。
「日本の魂とはなんぞや」と考えてみたんですが、例えばスプリングスティーンのように、魂を歌う歌手というのが今の日本にはいないじゃないですか。
サブちゃんとか演歌とが言っても若い世代には浸透していないし、ヒットした歌だからといってその歌が日本人の魂に響いているとは必ずしも言えない。
日本人の魂に響くモノ、というなら、ほとんどの日本人が共通して持つ何かに対してドーンと響かせるようなモノでなければならない。
ところが、どう考えても、今の日本には魂を響かせるようなモノが無いんですよ。
それは歌でもいいし何でもいいんですが。
しいて言うなら・・・富士山・・・くらいですかねぇ。

とすると、魂を響かせる具体的なモノが無いのではなくて、日本人に共通する価値観のようなモノ、つまり日本人の内面にこそ何かが足りないぞ、と。
何かあるモノを見て、
「そうそう、これこれ。やっぱり俺たち日本人だよね」
って言える感性が育っていない。
そう思えたわけです。

しかし、昔の日本にはそういうモノがあったんです。
現代の私たちには無い価値観・考え方・生き様が、確かにあった。
間もなく敗戦後60年が経とうとしていますが、そういうコトにも思いを馳せつつ、戦後とはなんだったのかを考えたいと思います。


以下のサイト、よろしければご覧になってください。

高砂義勇伝    [ 異国で眠る皇国の戦士 ]

高砂義勇兵
[PR]

by k_milliard | 2004-08-07 03:09 | 寸評 | Trackback | Comments(2)
2004年 08月 07日

感覚、麻痺してるよ

中3女子、腕切られる 大阪の路上、若い男逃走

私、この事件が起きた町の近くに昔住んでいたコトがありました。
で、私が気になったのはこの事件そのものではなくて、この記事の中で事件現場の近くに住むという主婦が発しているコメントです。

> 近くの主婦は「この周辺で痴漢やひったくりはあったが、傷害事件はなかった」と驚いた様子。

おいおい、痴漢やひったくりはあったが、って・・・

十分、危ないがな!

なんか、このコメントにちょっと笑ってしまった。
驚いた様子、って・・・

まぁ、たしかにこの辺は軽犯罪が多発している地域でして、下町といえば下町だけど・・・
細かいコトを気にしなきゃ、物価は安いし住み易いトコなんですけどね。
まぁ、そんなトコです。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-07 01:12 | ニュース | Trackback | Comments(3)
2004年 08月 05日

価値ある勝利

スポーツの試合を評価する場合、内容の良し悪しに対する評価と結果に対する評価があります。
結果の評価は判りやすくて、おおむね勝つか負けるかのどちらかでしょう。
それが極端な方向に近づくと、勝てばいい、勝たないと意味がない、などと言われたりもします。
そうなると内容の評価は二の次で、勝つために少々のラフプレーやズルもしょうがないと黙認されたりもします。

他の国のことはよく分かりませんが、日本では武道の影響などもあってか、先に挙げた両方の評価を同時に求められる傾向が強いように思います。
結果オーライの勝ちよりも、高い評価の内容で勝つ方が価値がある。

勝たないと意味がない、というよりも、勝つことに意味がある、のが現在行われているサッカーアジアカップの決勝戦なのではないでしょうか?
日頃は、様々なスポーツの日本代表の試合を観ても、勝って欲しいとは思っても勝たないといけないとは思わない私ですが、今度ばかりは状況が違います。
やられたからやり返すとか、そういう低次元の話は誰も望んでないでしょう。
逆境だからこそ、勝つことに意味がある。
正々堂々と戦い結果を出す。
その態度こそ、最も評価されるべき姿勢ではないでしょうか。

今のA代表なら劣勢でもなんとかするぞ、そう思わせてくれる何かがあります。
勝負は終わるまでどうなるか分かりませんが、ここ数試合のように、なんとかなるような気がしています。

見せてやれ、大和魂!
[PR]

by k_milliard | 2004-08-05 13:16 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(2)
2004年 08月 03日

メディアの反日サポーター

アジアカップで問題になっている反日行為について、一部テレビ番組の解説に酷いモノがあるようですね。
直接それらの番組を観たわけではなく、他の方のブログなどで複数の意見を見ていて、日本代表選手及びサポーターに対する一部メディアのあまりにも冷たい態度に怒りを感じています。

元々、反日感情の強い地域での開催の上、更に最近の日本と中国との諸問題を根拠として、スポーツという筋違いの場で度を越した反日行為が横行している、と。
これについて一部番組では、簡単に言うと「日本に原因があるのだから、仕方がないこと」として容認してしまっている、らしい。

でもそれって、テロを容認する論理と同じだよね?
攻撃を受けるだけの理由があるから、本体だけでなく一般人も巻き込んだテロ行為は仕方が無い。
いや、心情的に分かる場合はあるんですよ。
同情できるっていうか。
でも、だからと言ってそれを容認、しかも公共のメディアで公然と認めてしまったらアカンやろ。

日本人がスポーツをやってるんですよ、ス ポ ー ツ を。

極端な例えをしたら、犯罪者の子供には親が犯罪者だからという理由だけで暴言・暴力をしても構わない、というコトになるんじゃないですか?
おかしいでしょ?

今回のスタジアムにおける度を越した反日行為を容認できる余地なんか全く無いね。
一部のキャスター、コメンテーターはどういうつもりでそういう発言してるのか知らないけど・・・

テレビに出過ぎて頭が腐ってしもたんとちゃうか!
[PR]

by k_milliard | 2004-08-03 12:16 | 寸評 | Trackback | Comments(3)
2004年 08月 02日

恋させられる女性たち

フジ「EZ!TV」
”冬ソナ”ブームの中 韓国人男性に恋する女性たち

冬ソナブームの実態について、私はよく分かりません。
ただ、韓国人と日本人が恋愛するといっても、国籍がどうとか、恋愛でそんなのはあんまり関係ないのではないでしょうか。
一つ指摘するなら、韓国人の男性に日本人の女性が恋する、という構図。
これを別の言い方で言うと、韓国人男性という撒餌(まきえ)に群がる日本人女性という魚、という誰かが意図したかのような構図。
これがちょっと気になりましたね。
たんに言い方の問題だけかもしれないけど、韓国が上で日本が下、という関係が無意識のうちに刷り込まれているような気がしました。
・・・私の勘ぐり過ぎですかね。

番組では二組のカップルが紹介されていました。
この二組は上手くいっているケースで、韓国人男性の実家に挨拶に行った日本人女性なども、スムーズに話が進んでいる様子でした。
反日感情も薄く、このまま結婚したとしても普通の結婚とそれほど違いがないのかもしれません。
ですが、私にはあれが一般的なケースとは思えず、実際にはもっと泥臭い話がゴロゴロしているように思います。
お互いの家族・親族の反対、日本と韓国の習俗のギャップ。
結婚するともなるといろいろ出てくるんで、それらを乗り越えないといけないはずです。

私の親戚の女性の実話を話します。
日本の男性と結婚することになりその報告のためにある親戚の家を二人で訪れたトキ、最初は和気あいあいと話が進んでいたそうです。
で、女性がその親戚と二人きりになったトキに、「日本人との結婚は止めておけ」とこっそり反対されたそうです。
結局、結婚式にはその親戚系列は全員出席せず、ほとんどが日本の男性の親戚ばかりという中で式が行われました。
その親戚が他の親戚に式に出席しないように言っていたそうです。
実際は、こんな話がゴロゴロしてるんですよ。
ちなみに、その結婚式を拒否した親戚には三人の子供がいますが、三人とも日本人と結婚してます。
その二枚舌というか一貫性の無さというか、その場その場で自分に都合よく言動を変える態度が私は大嫌いで、悪い朝鮮人の最も嫌いな性質です。

さて、番組で「韓国の男性は優しい」と日本の女性が言っていましたが、それは付き合ってるその男が優しかったのであって、韓国の男がみんな優しいわけではないでしょう。
おそらく韓国でも都市に近いほど開放的で古い儒教的な考え方は薄くなっていると思います。
ですが、基本的に儒教は男尊女卑の思想だと思うので、なかなかその思想は消えていないと思います。
それが国民性につながっていると思うし、良い部分もあれば悪い部分もある。
それとは別に、朝鮮民族は日本民族よりも優れているという教え、が身に染み付いている朝鮮人というのが普通で、そうではない朝鮮人の方が圧倒的に少ないでしょう。
そういうコトも少しは理解してないと、後で「こんなはずではなかったのに」となるような気がします。

そう言えば、韓国と日本の国際結婚と言えば統一教会。
こっちの方が話題としても騒動になりましたが、今どうなってるんでしょうね。
あれで韓国人と結婚した日本人、かなりいたんじゃないですか。
というか、今でもいるのか。
こっちも追跡調査して欲しいなぁ。

冬ソナブームもそうだけど、日韓の国際恋愛・国際結婚が日韓友好のためになる、と誰かが期待し促進でもしているんでしょうか?
だけど、日韓友好って簡単に言う前に、何のための友好なのか、誰のための友好なのか、を一旦立ち止まって考えるコトが大事だと思います。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-02 01:55 | テレビ | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 01日

プロ野球のファンがいない

テレ朝「朝まで生テレビ」

プロ野球をテーマに、生ではなく収録したモノを放送してました。

選手会長の古田さんやライブドアの堀江社長が出演されていました。

出演者の中でまず気になったのは、東尾元西武監督。
なんか、終始寝ぼけた感じのコメントばかりで、聞かれた質問にまともに答えてませんでした。
ワザとはぐらかしているのか、あんな議論しか出来ない人なのか。
ちょっと、議論の流れにのれていないな、と思いました。

それから、ヨネスケさん。
出演者の中で、ファン代表らしき立場としてはヨネスケさんと遥洋子さんの二人がいましたが、ヨネスケさんはファン代表というよりは巨人ファン代表でしたね。
当然といえば当然かもしれませんが、あまりにも巨人臭さが鼻について、嫌な感じでした。
ストの話題では、過去に大リーグでストをした後遺症がまだ残っていて、離れたファンが以前の状態のようには戻ってきていない、と言っていました。
ヨネスケさんは、この話を別の番組でも発言されていましたが、そもそもストの理由が大リーグと今回は違うので、一概に「スト=ファン離れ」とは言えないはずです。
ファン離れと言うなら、私なんかオーナー会議の結果とオーナーの発言だけで「ファン離れ」した口ですから。
ファン離れについては、他の出演者からもたいした分析・発言がなかったので、それをもっと言ってくれる人がいてもよかったのに、と思いました。
ファン代表として、あと遥さんがいましたが、彼女はどちらかというと一歩引いた批評家のような発言が多かったので、この二人以外に筋金入りのプロ野球ファンの出演者がいて、プロ野球ファンはこう思っている、というのがあったら良かったですね。

しかし、選手会の古田さんはほんとに大変です。
選手会が今後のプロ野球の命運を握っているとも言えるでしょう。
がんばれ、選手会!

んで、いつものコトですが、放送も半分を過ぎた辺りで猛烈な眠気に勝てず、途中で寝てしまいました。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-01 03:03 | テレビ | Trackback | Comments(0)