んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2004年 08月 22日

長嶋代理:中畑ジャパン

野球の日本代表の予選は、対キューバ・オーストラリア・カナダ・台湾戦を観ました。
観たと言っても、他の競技と交互にですが。

特に台湾戦は、劣勢からの逆転サヨナラだったので、見ごたえがありました。
日本代表は負けられない状況の中で、緊迫感のある展開でした。
今回はオールプロ選手ということですが、優勝するために、当然「勝ち」にこだわった試合をしています。
つまり、シーズン戦では観客・ファンに魅せる野球を意識しながら優勝を目指しているのとは、試合内容の質が異なっています。
オリンピックでは、観客・ファンの視線は二の次で、勝つことが第一義になっています。
であるにも関わらず、この台湾戦などは、すごくスリリングで楽しめました。
ホームランバッターの中村選手が犠牲バントをキッチリ決めてガッツポーズをしたり、高橋選手がホームランを打ってシーズンでは見せないような喜び方をしたり、又、最後の犠牲フライからのタッチアップではホームにヘッドスライディングをしたり。
彼らは今、高校球児が甲子園で必死になって試合をしているのと同質の情熱を抱きながら試合をしていると思います。

勝つコトにこだわった試合って面白い。
そんな基本的なコトに気づかされている、オリンピックの野球です。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-22 11:26 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 20日

恥の上塗り

韓国与党党首が辞任 父親の「日本軍歴」問題で引責

与党党首という立場からこうせざるを得ないのかもしれないけど、私はこの日本軍の憲兵だったというお父さんが哀れでならない。
反日のためなら自分の親でさえ「魔女狩り」出来るというのか。

彼らは分かっていない。
こうやって日本との歴史を歪めて伝え糾弾する行為は、同時に自国の歴史も冒涜しているのである。
自らの精神性の未熟さを露呈しているようなモノだ。

惨めな歴史を認めたくない気持ちは分からなくはない。
自力で独立できず日本に助けてもらった、目立った抵抗運動も無いまま日本に併合された、なんて、みっともなくて認めたくないだろう。
しかし、それを認めるコトが出来なくては、いつまでたっても半人前のままだ。
日本を全否定するコトで自国の恥を隠しているようでは、朝鮮人の先もしれている。

本当の友好関係は、まず己の恥を認めるトコロから始まるのではないだろうか。
それを認めるコトが出来れば、恥は恥でなくなり、未来につながる立派な歴史になりうるはずだ。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-20 02:17 | 朝鮮 | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 18日

武道とスポーツの狭間で

私は柔道の試合を観るのが好きです。
高校生のトキに少し柔道の経験があるのと、武道自体が好きなので、オリンピック種目の中では特に柔道が好きです。

オリンピックに限りませんが、世界に普及しているのはスポーツとしての柔道です。
本来、武道だった柔道が、スポーツの一種目として世界では認知されています。
もちろん、試合の最初と最後には礼をするという武道の最低限の精神性は残していますが。

スポーツ柔道が世界に普及している、それはそれでいいコトだと思います。
ただ、私は柔道本来の武道というコトにこだわりたいので、試合を観る場合も柔道の精神性に重点を置いて観ています。
例えば、礼の仕方・潔さ・試合運び等、いろいろ観るべきトコロがあります。

元々柔道は剣道と同じく相手から一本を狙う武道なのですが、スポーツ柔道ではどちらかというと一本を狙うよりもポイントを多く取った方が勝ち、すなわち「ポイント制」柔道と認識されているようです。
つまり、大技で一本を狙うよりも小技・返し技で効果・有効を相手よりも多く取って優勢勝ちを狙う、そういう柔道がスポーツ柔道と言えるでしょう。
近年、ルール改正等により一本重視の流れに戻りつつありますが、それでもポイント制柔道をとる他国の選手が多いです。
武道好きの私は、当然このポイント制柔道よりも一本重視の柔道の方に価値を置きます。

日本の選手の中にはポイント制柔道をとる人がいるかもしれないし、他国の選手の中には一本重視の柔道をとる人がいるかもしれない。
しかし、一般的にいって日本の柔道は一本重視であり、日本以外の柔道はポイント制でしょう。
実際、日本の選手の試合は面白いけど、他国の選手同士の試合はつまらない。
半身に構え頭を下げ、腰を引いた体勢から手押し相撲のような形で組み手争いをする、あれは明らかに武道ではない。
あれではまるで、吉本新喜劇の岡八郎のエセ空手(手で自分のケツの臭いを嗅いでクッサ~っていうギャグの体勢)みたいです。
お互いの選手にあれをやられたら、観ていてつまらない。
試合運びも、ちょっとでも相手よりポイントを取ってれば「かけ逃げ」する選手が多い。
そこには「潔さ」の欠けらも無い。
スポーツとしてはアリだけど、武道としてはナシだ。

だからこそ、メダルの色はどうあれ、オール一本勝ちを狙おうとする日本の選手こそ、私は最大の賛辞を送りたい。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-18 10:06 | 寸評 | Trackback | Comments(5)
2004年 08月 17日

チャンス!

「頭を空っぽに」元禄忠臣蔵に涙…首相の夏休み

みなさーん、今がチャンスですよー!
小泉首相が夏休みで「頭を空っぽ」にしてますから、マインドコントロールの絶好のチャンスです。
実現して欲しい政策をみっちり叩き込むも良し。
根性を入れ替えて弱腰外交を強腰外交?にするも良し。
なんでもアリかもしれないです。

・・・一気に極左に走られたら困るが・・・
[PR]

by k_milliard | 2004-08-17 00:39 | ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 16日

絶え間ぬ努力

【アテネ情報】ずさん警備告発、英大衆紙記者が偽爆弾設置に“成功”

安定と混乱は紙一重、そう思える記事でした。

これをやった英紙サンデー・ミラーは、純粋な告発行為だけが動機とは思えませんが、警備の問題を知らしめることは成功したと思います。
別の記事で開会式の警備の様子が伝えられていて、あまり厳重警備とは言えないなぁ、と思っていました。
案の定、という感じです。

まだ大会が終わっていないのでなんとも言えませんが、テロリストが本気で何かをしてやろうと思っていたのならこの程度のことは考えていたかもしれず、まだ現実の事件が起きていないということは、テロリストはたいしてオリンピックに関心が無かったと言えるのかもしれません。
或いは、きっと厳重な警備に違いない、と想定してリスクを犯さなかっただけかもしれない。

何も無ければ結果的にそれは成功・平和だったコトになると思いますが、安定を維持するためには表に出ることのない絶え間ぬ努力が必要だな、と思います。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-16 05:05 | ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 14日

金銭提供はよくないけど、

巨人・渡辺オーナーが辞任 スカウトで金銭提供判明し引責

ナベツネがこの程度の話、というと怒られるのかもしれないけど、でオーナーを辞任するというのが、少なからず違和感がある。
金銭提供はたしかによくない。
だが、他球団でもやっているようなコトで、唐突に辞任するというのがどうにも解せないのだ。
これでは明大の一場君が注目されて、ちょっと可哀相な気もする。
そんなコトを言ったら、過去にもっとエグい話がいくつもあったんじゃないのか?

昔、仕事で知り合った人がアマ野球のちょっとした関係者で、プロのスカウト事情に詳しかった。
その人が、プロのスカウト活動の酷さについて、
「(スカウトで)巨人がいつも槍玉にあがりますけど、もっと酷いことしてるのは西武ですよ。」
というコトを言っていた。
例えば、ある選手を獲得するために、その選手の身内を関係会社に就職させてあげる、とか。
そういう話を、憤りをもって語ってました。

今回は金銭提供という分かり易い形で表面化したけど、さっき例え話でしたような話って、もっと生々しいしエグい。
こんな表沙汰に出来ないようなケースが、過去にはいくつもあったろうと想像に難くない。
もし、このコトだけでナベツネがオーナーを辞任するというのなら、全球団のオーナーが辞任しなきゃいけないような気がする。


金銭提供というコトで話をします。
今回のような金銭提供はよくないけど、日本の、特に伝統的な社会などでは師匠や先生に金銭や物を「付け届け」などと称して渡すのが慣習になっているコトが多い。
建前としては弟子や生徒が感謝の気持ちとして渡したりするけれど、本音は、このお金で便宜を払ってネ、他の人よりも贔屓にしてネ、という意味合いが強い。
こういうコトは、そういう社会に入ってみないと分からないコトで、そういうコトと関わりなく普通に暮らしている人にはピンとこないと思う。
なんか、金銭等を渡しているという話だけを聞いたら、凄く悪いコトをしているように聞こえるかもしれないけど、その世界では当然の慣わしとして行われてきている。

金銭提供がいいのか悪いのか、と問われれば、悪いと答えざるを得ない。
しかし、現実の社会では今でも、提供する額の多い少ないで物事が決まっていたりする。
例えば、今まで一生懸命努力してきて、やっとある資格とか権利を得るトコロまで登りつめた、と。
すると、それを決める人から暗に金銭の提供をチラつかされた、或いは金銭の提供が決まりごとのようになっていた、とする。
こんな状況だったら、どうしますか?
お金を包みますか?それともキッパリ断りますか?
もし、金銭を提供したコトで後から批判を受けたとしても、私はその人のコトを批判しない。
私だったら、それが慣習になっていたのなら相場に合わせてお金を包みます。
それが不当な要求に思えたら(あくまで主観によりますが)、断るでしょう。

この辺の線引きは曖昧だし、一概には言えないコトかもしれない。
人によっては、一切金銭提供なんかしない、という人もいるかもれない。
それはそれで立派だと思う。
一方、そうではない人のコトは、そのコトだけで責める気にはならない。

こういうコトを言ってると共産党員から凄い非難を浴びそうだけど(笑)、そういう世界もあるんだと理解してください。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-14 02:08 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 13日

期待と裏切り、そして希望

「期待見事に裏切られた」落胆する市川さんの兄

小泉首相の2回目の訪朝は失敗だった、と言っていいんじゃないですか?
北朝鮮は10名の再調査を約束してましたが、どうなるのかと思えばこの有様。
有本さんのお母さんも言ってましたが、「やっぱり」という結果ですね。

アメリカの影響力のおかげで被害者とその家族の奪還が成功した、それ自体は評価できると思います。
が、しょせん他力本願でしょ。
日本としての強固な意志、みたいな気迫が足らないんですよ、日本政府には。
アメリカや中国と連携してコトを進める必要があるのは分かりますが、それにしても情けない。
日本人を守れない日本政府って・・・

やれるコトはまだあるでしょう。
新潟港には万景望号だって普通に行き来してるんだし、NGOを装った怪しい人物だって自由に活動してるみたいだし。
せめて、そういうのを締め付けるくらいやったって構わないんじゃないですか。

それから、日本でも諜報機関の拡充を図るべきでしょう。
武力による解決が実質的に不可能なんだったら、話し合い・外交努力で解決するしかないんでしょうけど、それがこの程度の結果しか望めない。
だったらもうこれ、日本も工作員を大いに活用して、裏の駆け引きで優位に立つことに重点を置いたほうがいいと思います。
綺麗ごとを言ってる場合じゃない。
言い切っていいのかどうか分かりませんけど、世界の主要国だったらどの国でもやってるコトじゃないんでしょうか?
映画の世界じゃないですけど、エージェントを雇って、敵を支援するくらいのお金があるんだったらその資金を使って、最終的には被害者全員の奪還が成功するように働きかけてはどうですか。
出来ない話じゃないと思うんだけどなぁ。

とにかく私は、一刻も早く日本の主権が回復されることを願うだけです。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-13 12:33 | 拉致事件関連 | Trackback(2) | Comments(4)
2004年 08月 12日

偏狭なプライド

日本は57番目に入場 アテネ五輪組織委が発表

オリンピックの開会式で入場する順番について、韓国は日本よりも後の入場になってしまうのが嫌で、たしか前回のオリンピックでこのことが少し話題になっていたのを思い出しました。
日本はJ、韓国はKだから、日本の方が先に入場するというだけの話なんですが、彼らはそれが気に入らない。
「どうして日本よりも後なんだ」
国名の表記がKOREAではJAPANよりも後になってしまう。
だったら、COREAにすれば日本よりも先に入場できるからCOREAにしようじゃないか、という議論に発展していたはずです。
歴史的に見てもCOREAの方に正当性がある、というのが根拠?になってました。

別に、どーーーでもいいコトなのに、どうしても気になるんでしょうね、日本のコトが。
自分主体じゃないんですよ、思考が。
韓国が日本と比べてどうなんだ、中国と比べてどうなんだ、と、いつも比べる対象がないと話が出来ない。

2002年のノーベル賞で日本人が二人受賞したじゃないですか、小柴さんと田中さん。
あのトキだって、たしか朝鮮日報だったかな、韓国の新聞は、
「日本はノーベル賞を二人も受賞するほど物理・化学の分野が発展しているというのに、我が国はどうなっているんだ」
という趣旨の論評をしていました。
いつもそうなんですよ。
日本で何か話題になる良いコトがあったら、それをダシにして「それにひきかえ韓国は・・・」っていうモノの言い方。
注意して見てたら、こういう趣旨のコメントをよくしてますから、彼ら。

つまり、日本が上で韓国が下という構図が見て取れる場合、彼らのプライドのようなモノが触発されてしまう。
彼らの精神衛生上、良い状態を保とうとするなら、絶えず韓国が上で日本が下になる状態でなければいけない。
で、日本と韓国の友好を考えてみると、メインは韓国であり韓国が上で日本が下という状態が保てていれば、それは良い関係にあるというコトになります。
その逆はない。
もちろん韓国はそれを望んでいるし、日本はあんましその辺のコトを考えていないのかどうでもいいやと思っているのかよく分かりませんが、とにかく友好関係を保とうとしているように思えます。

こんなコト、どうでもいいコトだと思います。
思いますが、彼らの精神構造というか思考を理解したうえで、
「あぁ、またあいつら言いたいこと言ってるな」
となるんならいいんですが、
「どうぞどうぞ、私たちはいつも下でいいですから」
みたいな物分りがいい人のようでいて、実は何も考えてないやんけ、っていうのはよくないです。
彼らのやりたいようにやらせておいたら増長するばかりだし、日本だってその関係に慣れきってしまうのが怖い。
不健全ですよ、そんなの。

入場行進の順番なんか、先に歩きたかったら歩けばいい。
国名の表記をCOREAに変えたかったら変えればいい。
でも、アルファベットの逆順で入場する大会があったとしたら、どうするんでしょうね。
そうしたら私たちは、暖かい目で見守ってあげましょうよ、彼らを。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-12 12:01 | 朝鮮 | Trackback | Comments(2)
2004年 08月 10日

人間もいろいろ

小泉首相じゃないけど、人間もいろいろだなぁ、と思う。

アジアカップではすっかり反日国家として日本人に浸透?した中国ですが、あれほどの行為にでるのは一部の人だけだと思いたい。
いや、言い方が正確ではないな。
中には、日本に理解のある中国人もいるだろうから、中国人だからというコトだけで身構えるようなコトはしたくない、本当は。

おそらく、日本の多数の人は、どの国とも争いたくないと思っているはず。
できることなら、全ての国と友好的な関係を保ちたい思っていると思う。
だけど、降りかかる火の粉は払わなくてはこっちが怪我をしてしまう。
残念だけど、友好の前に自分が怪我をしては意味がないので、守るべきところは守らないといけない。

今、私には中国人の知り合いはいないけど、昔、仕事で台湾出身の人と知り合いになったコトがありました。
今回の話の流れでいくと、その台湾人はいい人だった、と言いたいトコロだが、実際はその逆で、私はその人にエラい目に遭わされている。
手短に言うと、私があるイベントの幹事を務めた際に、その台湾人が約束を破り自己中心的な行動をとったがために、私が迷惑を受けたコトがあったのです。

私はイベントの前に、その人と口頭でイベントでの約束事を2回も確認していたのに、当日、約束なんか無かったかのような超マイペースな振る舞いが続き、結局幹事だった私が右往左往してイベントを楽しむコトが出来ませんでした。
他の人(日本人)はちゃんと約束事を理解してくれていたので、余計にその人のわがままぶりが目立ってしまいました。
当人には悪気はなかったみたいですが、あれでは約束の意味が無かったです。

そのトキに学んだのは、台湾・中国の人とは日本人と同じ感覚で接するとダメだな、というコトでした。
それは悪い意味ではなく、彼らには彼らの論理というか感覚があるので、日本人なら口頭で1回言ったら済む話でも、彼らには丁寧に何回も言ってあげないと理解していないコトが多い。
大雑把な性格というかおおらかというか、そんな性格の人だったので、どうしてこういうコトをしないといけないのか全部理由を示してあげるくらいでないと、適当に処理されてしまいかねなかった。
それはその人の性格もあるだろうけど、雰囲気として、台湾・中国の人ってこうなんだろうな、と思ってしまいました。

ちょっと話の流れがおかしかったですが(すいません;)、言いたいのは、本当は個人の性格による部分が大きいとは思うけれども、実際の話、国民性とか民族性っていうのも無視できないんじゃないだろうか、というコトです。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-10 02:11 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 08日

感謝の手紙

アジアカップ 中国人反日サポーターの皆様

拝啓

この度は、サッカーアジアカップ2004CHINAにて、格別のお引き立てに預かり、厚くお礼申し上げます。
日本の試合では、対戦相手が中国ではないにも関わらず、わざわざ大挙して相手国の応援に駆けつけるなど、どの試合もこれ以上のアウェー環境は無いと思えるほどの盛況ぶりに、いささかの驚きを禁じえませんでした。
選手はもとより、勇気をもって駆けつけた日本のサポーターに対してまで最高レベルのストレス(反日行為)、常人にはなかなかやれることではありません。
しかし、皆様のご尽力の甲斐がありまして、栄冠を勝ち取ることが出来ました。
そして、我が日本A代表及びサポーターは精神的に非常に鍛えられました。
おかげ様で、2006年ドイツワールドカップに向けて、何物にも変え難い経験と自信のようなものを得ることが出来ました。

今回、特に印象的だったのは、ヨルダン戦でのPKでしょう。
あまりの出来事に、GK川口に神が舞い降りた、といったことを言い出す者まで現れました。
それはきっとご先祖様、おそらく開催地とは浅からぬ縁のある靖国神社の御霊が守ってくれたのではないでしょうか。
特に、あの時は状況が状況だっただけに、飛びっきりのA級がボールをバーに弾かせてくれたのではないか、と確信しております。
あのような粘りのある戦い方を日本が出来るようになったなんて、なんと申し上げたらよいのでしょうか。
それもこれも、すべて皆様のご協力あってのこと。
これからも、世界中の笑いものになるリスクを抑えて、日本のために精進して下さい。

ところで、老婆心ながら指摘したい事が一つあります。
皆様の中に、中指を立ててアピールされている方が随分と居られました。
私どもは忍耐を知っておりますのでその程度の挑発にはのりませんが、くれぐれもあのパフォーマンスをアメリカ人に向けてやらない方が懸命かと思います。
万が一、争い事に発展したとしたら、旧日本軍の比ではない力で制裁を受けるかもしれませんので、その際にはどうか日本を巻き込まないようにお願い致します。

話が少々脱線しましたが、最後にあらためて感謝の気持ちを表したいと思います。
今回は、日本のためにありがとうございました。
今後とも、中華の名に恥じない態度とマナーでスポーツを観戦し、その名声をこれ以上落とさないようにお祈り申し上げます。

                                                敬具
[PR]

by k_milliard | 2004-08-08 01:53 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(5)