んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2004年 05月 31日

政治のチカラ

参議院選挙が近づく中、街頭演説や党の広報車による活動が活発になってきました。

先日も、JR大阪駅前で選挙区から立候補される方が演説をされていました。
どの党から立候補されるにせよ、議員になろうとするその志には脱帽します。

政治家、というくらいだから、議員さんには政治力が求められているはず。
政治力、というのも一つの能力でしょう。
私には、政治を考え実行するだけの能力はありません。
30代になって、ようやく国政の話を聞いて理解できるようになりましたが、20代前半までは「政治って何?」といった有様で酷いもんでした。
社会問題に興味がなかったわけではないんですが、政治の話をされてもチンプンカンプン。いわゆる政治オンチでした。

政治といっても、国政だけではないですよね。
地域の自治会とか会社、様々な場面に政治はあります。
社会人としての経験を積んで、政治って大切だなと思うようになりました。

政治家、と聞くと悪いイメージが先行するかもしれませんが、その政治力を私たち国民のために発揮して頂けるのであれば、多少のコトには私は目を瞑ります。

目に見えない微妙な駆け引きの中で私たちの生活は左右されます。
この動きを正確に読み取れる能力が必要だと、最近特に実感しています。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-31 13:33 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 05月 28日

遠くてもつながっている

10年程前になるが、会社の後輩と話していたトキ、どういうワケか話題が北方領土になったコトがあった。
そのいきさつは忘れてしまったが、彼が言ったある一言だけは今でもしっかり覚えている。

「北方領土なんて、どうでもいいや。関係ねぇもん。」

私は絶句してしまった。
だから今でも覚えているのだ。

他人事、その一言に尽きるだろう。
たしかにそうだ。
私だって北方領土には行ったコトがないし、これからも行く可能性はかなり低いだろう。
もし、明日ロシアから返還されたとしても、直接私の生活が何か変わるとも考えられない。

北朝鮮による拉致事件。
もし、明日北朝鮮が拉致した人を全て解放し、全ての情報を明らかにしたとしても、直接私の生活が何か変わるとも考えにくい。

だからどうした。

おかしい。
国の主権が侵害されているというのに、関係ないとはどういうコトだ。
自分の隣に爆弾が落ちないと分からないか?
自分の家族が連れ去られないと分からないか?
その鈍い神経はどうやったら治るんだ?

他国の理不尽な暴力によって人生を狂わせられた人がいる。
その家族の人生も狂ってしまった。
息子の帰りを待ちながら毎日のように泣きながら亡くなってしまった人もいる。
この人達に石を投げるようなマネが出来る神経が私には分からない。

主権侵害の問題は、私たち国民全員の問題である。
たとえ自分の生活に直接関わりがないと思えても、この問題は私たちにつながっている話だ。

日本人が日本人を守らなくてどうする。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-28 03:05 | 拉致事件関連 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 05月 26日

その才能を今こそ発揮

「首相訪朝が家族帰国の条件」 北朝鮮が首相に伝達

これが本当なら、笑ってしまうくらいの屈辱ですねぇ。(苦笑
もうホント、朝貢じゃないですか、これ。

この辺の分析は yodaway2 さんの以下の記事に詳しいので参照して下さい。

日テレ報道、コイズミ誤算の始まり
金正日よ、あなたの非礼は忘れない。

で、記事から抜粋します。

>> 首相が来ないと(拉致被害者の)子どもたちを帰さない

>> 外相などでどうだと条件を出したが、駄目だというから自分が行った

というコトは、やはり今回の訪朝は元々8名の奪還が名目だったんだ。
奪還というより、「身元を引き受けに伺いました、手土産を持って」という方が正しいのかも。
その手土産なんか、今回の8名に関しては本来必要無かったんだ。
それがバレちゃったもんだから・・・
やはり、 yodaway2 さんの言うように、支援という切り札で更なる被害者の奪還及び不明者の情報をごっそり持ち帰りたかったんだろうなぁ、小泉さん。
ますます、リークした奴と場の空気を読めない日テレに恨み骨髄だなぁ。

>> (北朝鮮側から)ずっと前からそういう要求があり、本来もっと前に行きたかったが、国会があってこの時期になった。だから準備不足の批判はあたらない

う~ん・・・
よく分からないんですが、だったらどうして曽我さんのトコはダメだったんですかね?
準備不足以外の理由ってなんだろう?

ていうか、準備不足じゃないんだとしたら、今首相をサポートしている人を有能な人に変えたほうがいいんじゃないの?
石原都知事は小泉首相のコトを「人事の天才」と評したけど、今こそその才能を発揮して自分のサポーターを信頼できる人や有能な人で固めたらいいのに。
無理なのかなぁ。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-26 14:41 | 拉致事件関連 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 05月 26日

利害で考えてみる

少し前の私の記事で、日朝会談前の日テレの暴露報道を念頭においた発言をした。

これ ⇒ 問題なくても迷惑なコト

しかし、これは言わば小学生に道徳を教えるような内容だったので、若干補足しようと思う。

この中で私は、日テレのコトだけを問題にしていたので、その限りでは道徳的な説明で良かったと思うけど、今回の暴露報道のような場合には、利害関係も考慮しないといけなかった。
つまり、日テレは場の空気をよめなかっただけで道徳でも説明は出来るけど、この内容をリークした内部の人間については利害で言う必要があった。
それは、リークするコトによって何かしらの利を得る人、あるいは害を与えたかった人。
前者は、北朝鮮シンパ・スパイ・寝返り、いろいろ考えられる。
後者は、内部抗争・恨み、などか。
これらは道徳では説明できない。
動機を分類するなら、損得計算か感情のもつれになるのか。
いずれにしても、これらは「ワザと迷惑をかける」のだから、道徳の問題ではなかった。

話を少し拡大する。
利害関係で、北朝鮮による拉致事件の被害者を救出する活動を取り巻く環境を考えてみる。(表現が長いな)
まず、事件は未だに解決されていない。
というコトは、当然解決されたくない人や救出活動を利用しようと考える人がいる、と考えてもおかしくない。

首相帰国後の家族会の訴えに対する「批判」とされる動きも、利害で考える必要があるように思う。
家族会に来た電話やメールの4分の3が批判的内容だったらしい。

首相批判の家族会にメール500件 4分の3が批判の声

この中には、テレビで見た印象だけで「家族会はけしからん」と思った人もいるだろう。
私はこういう人を「おせっかいな善人」と考えている。
「国がこれだけやってあげているのに、あの態度はなんだ」
これ、先のイラク人質事件だったら分かる感情ですよ。
でも、この考え方の根底には、見返りを求める愛に通じるモノがあるように思う。
「私がこれだけしてあげているのに、あなたは何もしてくれない。」

仮に、家族会の振る舞いに礼儀的な問題があったとしよう。
だとしても、それはテレビを見ているだけで救出活動に何もしてない人間が、直接とやかく言う問題ではない。
例えば、家族会に代わって首相に口を利いてあげたとか、外務省に働きかけて交渉の段取りを整えてあげたとか、そういう人だったら苦言の一つでも言いたくなるでしょう。
でも、ほとんどの人はそんなコトしてないでしょう?
ただ成り行きを見てただけなんだから、当事者に文句言うのはおかしいよ。
文句言う前に支援金のひとつでも出しなさいよ。
実際には、ちゃんと家族会は感謝の気持ちを伝えていたんだから、そこを意図的にカットしたマスコミに悪意すら感じる。

で、話を利害に戻すが、このような「おせっかいな善人」もいたと思うけど、それだけじゃないだろう。
家族会や救出活動に害を与えたい人が、これを好機とばかりに仕掛けた攻撃とも考えられないだろうか?
世の中が利害で動いているとするなら、決して考えられない話ではないと思うが。
特に、北朝鮮の工作員なんか、この機会を逃すはずがないと思うけど。

当初の意図に反してかなり長々と書いてしまったけど、結局何が言いたかったかというと、私は理想だけを語るような青い人間ではない、というコトを言いたかった。
もしそう思われているとしたら心外なので、補足しました。
それだけを言うはずが、途中で止まらなくなってしまった・・・
[PR]

by k_milliard | 2004-05-26 11:12 | 拉致事件関連 | Trackback(1) | Comments(4)
2004年 05月 25日

被害者は人柱ではない

大局的見地から、事を急ぐべきではない。

これが、日本の対北朝鮮政策の基本姿勢なのだろう、きっと。
当然、ここには拉致事件の対応も含まれているようだ。

言っているコトはもっともだと思うし、理解できる。
現実的な対応なのだろう。
アメリカや中国の顔色も気にしないといけない。
これが日本の限界、そうだと思う。

だが、それでも敢えて言わせてもらえれば、主権侵害には断固として立ち向かう姿勢が必要である。
可能な限り早急な対処を要する問題のはずだ。

領土問題で言うと、韓国が竹島を占拠した際、早急に対処していれば今のような事態にはならずに済んだに違いない。
このまま放置していると、既成事実となって(もうなっているようなものだが)竹島は韓国の領土になるのも時間の問題だ。
次は対馬に狙いを定めているみたいだが、断固としてはねつけないといけない。
尖閣諸島にしても、絶えず先手を打たないコトには、竹島の二の舞になりかねない。

同じように、北朝鮮による拉致事件も、れっきとした主権侵害である。
これまでの日本政府が放置してきたのが最大の功罪かもしれないが、小泉首相の9.17日朝会談を契機として、国家犯罪が確定したのである。
北朝鮮が主権侵害を認めたのだ。
だったら、これも早急に対処しないといけない。
東アジアの安定が大事なのは分かるが、拉致事件は家族会に言われたから解決するのではなくて、主権侵害だから解決しないといけない問題のはずである。
東アジアの安定の前に、日本の安全が脅かされている。
日本だけが泣き寝入りする理由はない。

もし、一部の被害者を人柱にさえしておけば、我々の平和な生活が維持できる、と考えているとしたら、それはあまりに虫のいい話だと思う。
事なかれ主義では、結局やられっぱなしで問題解決にはならない。
さすがに北朝鮮もこれ以上日本人を拉致しないだろうけど、北朝鮮に限らず、これからも形を変えて日本の主権は侵害されるだろう。
それを防ぐ意味でも、北朝鮮に対して私達は「主権侵害は絶対に許さない」という断固とした態度をとらないといけない。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-25 11:26 | 拉致事件関連 | Trackback | Comments(3)
2004年 05月 24日

漁船から投石

違法操業の韓国漁船に催涙弾20発 追跡の海保巡視船

>> 対馬近海は違法操業をする韓国漁船が多く、海上保安庁の取り締まり重点海域となっている。漁船側も摘発を逃れようと、蛇行や海上保安官への投石など、さまざまな手段で抵抗しようとするため、巡視船艇、漁船とも危険な状態となるケースが少なくない。

漁船じゃないのも混じってないか?
それと、投石するってコトは、ちょっとした武装船とも言えそうだ。
たくさん来てるんだったら、組織による犯行の可能性もあるし。
ちゃんと韓国政府・大使館に抗議してるのかな。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-24 14:40 | ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 24日

今後を見守る

私は、小泉政権の政策を必ずしも支持はしてませんが、よくやっていると思います。
2度目の訪朝も、家族会からすれば納得できない内容でしたが、評価できる点は評価します。

今回の小泉首相もそうでしたが、朝鮮や中国から失礼な扱いを受けながら敢えてそのコトを問題にしない態度には、よく我慢しているなと好意のようなモノを感じる反面、情けなさも感じます。
もちろん計算もあるでしょうけど、ズルズルと相手にいいようにやられるのが日本の平和外交なのかと、疑問を持ちます。
私は、ずっと強い態度を通せとか思ってないし、その必要もないと思います。
ただ、自分のペースで事を運ぶために、強くでる要素も必要じゃないかと思います。
よく任侠映画などで、我慢に我慢を重ねた主人公が最後に爆発する話がありますけど、爆発するまで溜め込んだらダメでしょう。(笑
だけど、日本人はそういう我慢する姿勢に美徳を感じるし、いいコトだと思うけど、外交で我慢する姿勢ばかり見せられていると、国民として辛くないですか?
いや、その先に何かあるんだったらいいですよ。
ここさえ我慢しておけば将来こういういいコトがある、というのが。
それがあれば納得しますよ。

訪朝で、10名の安否情報の再調査を北朝鮮は約束しましたが、家族会としてはこの評価が一番難しいんじゃないでしょうか。
家族会が一番危惧しているのは、これまでの経緯からも分かるとおり、

調査を約束 ⇒ 調査 ⇒ 不満足な結果

というお決まりのようなパターン。
ここのトコロを、小泉首相は家族会に対して十分に説明できていないと思う。
つまり、日本としては拉致事件の解決がまずあって、その次に経済支援・国交正常化がある、という流れがある。
だから、今回は残念ながら具体的な安否情報は得られなかったけれど、安易に北朝鮮の要求を呑んだのではないですよ、という説明をしておくべきだった。
そのへんが上手く家族会に伝わっていないから、あれほどの怒りになったんじゃないでしょうか。
期待していた分、失望も大きかった。
短い時間の中でいろんな情報が飛び交っていたので、政府も家族会も冷静に対応できなかったように思います。
ちゃんと今後のコトを説明すれば、家族会も納得してくれますよ。
家族会の無念を黙って胸に納める小泉首相の姿には好意を持ちましたけど、肝心の家族会と意思疎通ができなくて批判ばかりされていては、当人も辛いでしょう。

再調査については、今後の動きを見ないことには評価できないですね。
今までの繰り返しで終わるのか、なんらかの進展があるのか。
進展がないのに支援してしまったら、そのトキこそ本当に家族会は怒りますよ。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-24 11:30 | 拉致事件関連 | Trackback(4) | Comments(1)
2004年 05月 23日

人間として考えてください

拉致被害者家族5人が帰国 曽我さん一家北京で再会へ

家族が再会できた蓮池さんと地村さんは良かったですね。
これは素直に喜びたいです。
曽我さんも大筋では再会の目処が立っているので、ひとまず安心でしょう。

やはり、小泉首相というか政府と外務省は批判を受けても仕方ないかな。
拉致された方々についての進展がほとんど無いに等しかったコト。
見返りの約束をしっかりしてしまったコト。
これでは、解決する気があるのかと言われても仕方ないです。

万が一、今回の会談が失敗に終わっていたら小泉政権を揺るがしかねないと思ってましたが、そこまではいかないにしても、かなり禍根を残したような気がします。
ま、誰が交渉しても同じような結果しか望めなかったのかもしれませんが。
アメリカには頭を押さえつけられているし、朝鮮には強くでられないし。
今の我々の生活を維持し続けようとするなら、大半の国民としては、この結果でも良しなんでしょうね。
ただ、私は経済制裁も含めて、もっと強くでて欲しいです。
だって、

>>  総書記 家族が離れ離れの状況を、人間として考えなければならない。行きたい人には行ってもらう。

などと総書記は人間として真っ当なコトを言ってるみたいですが、

だったら、日本人を連れて行くなよ!
盗人猛々しいんだよ!

だいたい、こんな奴にこっちから会いに行くコトなんかないんだよ。
ふざけんなっ!
[PR]

by k_milliard | 2004-05-23 01:36 | 拉致事件関連 | Trackback(2) | Comments(5)
2004年 05月 21日

問題なくても迷惑なコト

私達は、法的に問題なければその範囲内で自由に行動できる。
しかし、状況に応じて行動を自粛したり抑制しないといけない場面がある。
これを自由の侵害だとしてやりたいようにやっていては、権利の乱用につながる。

自由だから好き勝手にやっていいわけではない。
そして、迷惑を受けている人がいるにも関わらず好き勝手にやる人が止めない状況が続けば、これを規制しろ、という意見が出てしまう。

たしかに、法制化したり規制しないといけないコトはある。
食料品などは個々に基準を作って規制しておいたほうがいい。
これは安全のためだから必要なコトだろう。
また、犯罪に関する事例も取り締まる必要がある。

ただ、根本的に私は規制事項を増やすべきではない、と思っている。
大人になってまで学校の規則のように決まりごとでガチガチに固められるのは息が詰まって嫌だ。
規則・規制は少ない方がいい。
だから、そうなる前に各々が他人に迷惑をかけていないか、配慮が必要なのではないか。
そういうコトは私達の身の回りにいくらでも転がっている。
その具体例を挙げようとすると説教くさくなりそうで嫌だけど、例えば乗り物内での携帯電話の使い方もそうだし、公共の場での喫煙などもそうだろう。

一つだけ私の実体験を挙げておく。
私には1歳に満たない娘がいて、あるトキ娘を抱いて某ハンバーガーショップに行った。
すると、注文している私の後方からタバコの煙が漂ってきた。
振り向いてみると、テイクアウトの品を待っていた年配の女性がタバコを吸っていた。
その女性は中学生くらいの娘と一緒で、注文している私の方に体を向けて座っていた。
私は娘に煙を吸わせたくないから、本来なら一言言って止めてもらうべきだったのかもしれないけど、そこは吸ってもいい空間だったので、注文を終えた私はできるだけ煙の来ない彼女から離れた場所で品物を待つことにした。
私もテイクアウトだったのと少し疲れていたので、彼女の隣の空いたイスに本当は座りたかった。
結局、気が弱い私は何も言わずに立って待つ方を選んだ。
この場面、私としては、タバコを吸っていたのが子育ての経験がある女性なのだから、私達の存在に気づいた段階で消して欲しかった。
また、ちゃんと言わなかった私も悪いのは分かっているが、もし言っていたとしたらどのような反応が返ってきただろうか。

私「すみませんが、小さい子供がいるのでタバコを消して頂けませんか?」

こう言ったらタバコを消してもらえるだろうか?
今の時代、消してもらえない可能性もある。
理由としては、
「ここはタバコを吸ってもいい空間なのだから、その範囲内でならどこで吸っても構わないはずだ。」
こう言われてしまうと、たしかにそうだ。
嫌なら私から離れてくれ、いやもっと厳しく、喫煙可能なこの店に来るな、とまで言われてしまいそうだ。
昨今の風潮を考えると、飛躍しすぎとは言えないと思う。

私達が考えないといけないのは、まわりへの配慮、気配りではないだろうか?
相手が嫌な思いをしないように気をつかう。
気づかなくても、指摘されたら改めればいい、それだけのコトだ。
その上で成り立つ自由こそ本当の自由だと私は思う。
それが出来ないでいるから、規制しろとか取り締まれとか言われてしまうんじゃないのだろうか?
[PR]

by k_milliard | 2004-05-21 13:28 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 20日

炭鉱事故多発

炭鉱事故で21人死亡 中国・山西省

>> 中国では炭鉱事故が多発、昨年は計約6700人が死亡している。

人が死にすぎ。
これ、安全対策などしてないような気がする。
経済発展の犠牲者ということか。
2008年北京オリンピックと関係あるのかもしれない。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-20 15:27 | ニュース | Trackback | Comments(0)