<   2004年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2004年 04月 30日

長いものには我慢して巻かれよ

私にはアメリカ人の知り合いもいるので、アメリカの人だからというコトだけで嫌いになるコトはありません。
むしろ、今まで知り合った人達は好意を持てる人の方が多かったです。
なので、アメリカの人に対しては別段どうとも思ってないのですが、アメリカという国になると受け入れ難いモノがあります。

一番の理由は、アメリカにはやりすぎる面が強いからです。
かつて日本はアメリカと戦争をして、双方に多大な犠牲者をだしました。
戦争ですから、どっちが良いとか悪いとか簡単には決められないですし、どっちにも言い分があって当然でしょう。
ただし、アメリカは日本にやりすぎた。
「戦争なんか勝ったらいいんだよ。
 勝ったら後でなんとでも言えるんだ。」
と言えばそれまでですが、私には納得できません。
都市部への空襲と原爆の投下は、やりすぎでしょう。
死ななくてもいい人をたくさん殺しすぎた。
今のイラクだって、ファルージャはやりすぎだと思います。
だから、日本が負けたから、ではなく、やりすぎるアメリカにはついていけない、というのが私の気持ちです。

「長いものには巻かれよ」
は、生きていく上での大事な教訓でしょう。
日本も、アメリカに追従するしか道がないと思えるのも仕方がないと言えます。
しかし、巻かれている時期があるのは仕方ないにしても、ただ巻かれているだけではダメなんではないでしょうか?
嫌々でも我慢して巻かれているのと、このほうが楽だからと巻かれているのとでは、意味が全く違います。
今回の自衛隊のイラク派兵にしても、かつての日本と同じような境遇にあるイラクに対して、アメリカの指示で軍隊をだすという行為が、道義的に許せない。
自分と同じような境遇の人を前にして、やってるコトが情けないです。

だから、軍隊を派兵したコトそのものよりも、その派兵の仕方が間違っていた、と私は思います。

ですが、もう終わってしまったコトは戻ってきません。
本音を言えば、
「私が間違ってました。すみませんでした。」
と謝って自衛隊を引き上げて欲しいところですが、巻かれている立場上、今の日本にはできないでしょう。
できれば、一日も早く国連主導の元で自衛隊が活躍できるように願います。
これからは、派兵した国の責任として、相手から恨まれようともちゃんとイラクの面倒を見ていかないといけないです。
例え何人の日本人が死のうとも。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-30 11:57 | 寸評
2004年 04月 30日

情けない

民主党は・・・
代表を替えたほうが懸命ですね。
1つ前の「やるやる詐欺」発言のトキから、管代表には危ういモノを感じてましたが、「未納三兄弟」に至っては正直「もうしゃべるな」と思ってました。
笑点じゃないんだから、受けのいいキャッチな言葉が閃いて思わず言ってしまったのかな。
そしたら、自分が兄弟の仲間入りだって。
最初聞いたトキは悪い冗談かと思いましたよ。
このままではまともに選挙を戦えないと思うなー。

私は国会議員による年金の未納問題をそれほど責めようとは思いません。
それよりも、野党第一党の代表を情けなく思う。
それだけです。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-30 10:50 | 寸評
2004年 04月 28日

誰も見てなくても

日本人にとっての倫理観ってなんだろう。
特に今の時代の倫理とは。

なにをもって倫理的に良しとするのか。
身近な具体例で考えてみる。

道でお金を拾ったとする。
50円硬貨や100円硬貨なら、そのまま自分のモノにするかもしれない。
それが千円札一万円札になるとどうだろうか?
拾った財布にお札が一杯。
はたして、それを警察に届けるのか、或いは黙って自分のモノにしてしまうのか。
硬貨だけを拾ったなら自分のモノにしてしまうかもしれないけど、さすがに財布となると警察に届けるだろう。

金額の問題はあるだろう。
いくら以上なら警察に届ける、というライン。
それは個人差があると思うし、状況によっては例え1円でも届けないといけない場合もある。
昔、私が小学校の高学年の頃、一緒に登下校していた低学年の子が50円硬貨を拾ったコトがあった。
もし自分が先に拾っていたら自分のモノにしていたと思うけど、その子がどうしたらいいのか困惑していたので、一緒に交番に行って届けてあげたコトがあった。
こういうコトもあるので一概に言えないけれど、小額であれば警察に届けないのが普通ではないだろうか。
いや、本当は法律として1円であっても届けないと罪になるのかもしれないけど、実際の話、個人によってこの金額のラインというのがあって警察に届ける届けないを決めていると思う。

このトキ、心の葛藤があると思う。
もらっちゃえ!という気持ちと、なんだか後ろめたい罪悪感。
どっちが勝つかで、倫理的な評価が決まるような気がする。
気がする、というのは、自分でも確信をもって断言できないので、ここはこう表現しておく。
で、この心の葛藤の場に、昔の日本人なら「お天道(てんとう)様が見ているから」という意識が存在していた。
存在していた、と断定的に言えるのは、まだ自分の世代というか自分にもこの「お天道様」という考え方が理解できるからだ。
理解というか、これは理屈ではなく体で感じるモノだと思う。
だから、おそらく昔の人ほど、この「お天道様が見ているから」というコトで悪い行いが出来ない、自己抑制が効いていたはずである。
つまりこのケースでいうと、金額の問題ではなく誰かが見ているからでもなく、超越的な存在である「お天道様」に対してどうなんだ、という心の対峙が問題になる。

現代に、こんな「お天道様」なんて言うと笑われてしまうだろうし、古い時代の話だというのも分かっている。
たぶん、この先無くなってしまう運命にあるのだろう。
だけど、日本人の倫理観として考えた場合、この「お天道様が見ているから」というのは優れていたと思う。
これに代わるモラルのようなモノを本当は家庭とか学校教育でちゃんとやらないといけないのだろうけど、それができないから様々な問題が起きているような気がする。

そう考えると、日本はどんどん倫理的に劣った国になっているんじゃないのか?と思うが、どうだろうか。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-28 11:27 | 寸評
2004年 04月 27日

日本人らしい性質

日本は、誰かが実際に被害を受けてからでないと変わらない国だと思う。
いや、日本人は変わらない、が正確かな。
たとえば回転ドア、たとえば狂牛病BSE・・・
挙げればキリが無い。

今のイラク問題にしても、なんとなく派兵して、人質事件も一応解決して、このままなんとなく成り行きでアメリカ支持を続けてゆくのだろう。
この前の補選だって、そう言ってるようなものだし。

運良くいけば、成り行きで6月くらいに問題なく自衛隊が撤退してくるかもしれないけど、楽観的な憶測は横に置いておこう。

例えばの話、あって欲しくはないが、日本人に対する本格的なテロとか、自衛隊員が巻き込まれる事件が発生したとする。
そうしたトキの日本人の反応なのだが・・・
実際に日本人がなんらかの被害を受けたら、一気に世論が逆に振れてしまうんじゃないだろうか。
今、国益とか国際協調とかイラクの民主主義のためとか、いろいろ理由づけして派兵を正当化している人達も、コロッと意見を変えてしまうのかもしれない。
なんて言うのかな、被害を覚悟で派兵しておきながら、実際に被害を受けたらすぐに意見を変えてしまうくらいなら、今のうちに派兵の反対を訴えておくべきだと思う。
そういう感情論に流されがちなトコロが日本人らしいのかもしれないけど、フラフラした態度は良くないと思う。

もし友達の中に、一旦自分で決めたコトなのに上手くいかなかったからと言ってすぐに撤回するような人がいたとしたら、まわりの友達としては迷惑だろう。

なんだか矛盾したコトを言っているように聞こえるかもしれないけど、派兵賛成派の人に言いたいのは、実際に被害を受けたから反対します、という覚悟の無い態度は取らないで下さい、と言いたい。
それだけ日本の将来のコトを考えて小泉政権を支持しているのでしょうから。

いたずらに恐怖心を煽りたくないけど、日本が狙われる側の陣営にいるのは間違いないのだから、自分が被害を受けるかもしれないという覚悟はしておかないとダメだと思いますよ。
決して、対岸の火事ではないはずです。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-27 18:10 | 寸評
2004年 04月 27日

敬意

私は現政権のイラク政策には反対だし与党は支持してないけれど、小泉首相に対してはそれなりの敬意は抱いている。
決して、呼び捨てにしたりしない。
政策には反対であっても、自国の命運を握っている人なのだから、敬意は払うべきと考えている。
また、他の閣僚や官僚についても、失政や失言があった場合でも、批判はしても無能呼ばわりはしない。
表に出てくる情報だけで批判は出来るかもしれないけど、本当のところはどうなのか、実態がどうなのか分からない状態で非難するのはよくないと思うからだ。
特に大手マスコミの発表だけで判断するのは危険だと思う。
しかし、特定の新聞しか読まないような人は実際に多いし、ネットでの議論との温度差に驚くこともある。

情報に対して受身であってはいけない。
私も、つい自分の志向に合う意見や媒体だけを見て判断しがちで、これは反省すべき態度だと思う。
こちらから他の情報や多様な意見を得ようとする努力はしていきたい。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-27 11:16 | 寸評
2004年 04月 26日

社長の憂鬱

「ジャパネットたかた」が通販再開。

やっとですね。
あのテーマソングと社長の声を聞かないと、ますます不景気になりそう。
景気良くいきましょう、社長!
[PR]

by k_milliard | 2004-04-26 16:54 | テレビ
2004年 04月 26日

結局ぜんぶ

参議院選挙の前哨戦らしかったですが、結局ぜんぶ自民党ですか。
なんでだろうね~。
民主党がだらしないのかな。
それとも、なんだかんだ言って小泉首相を支持してるのかな~。
それはつまり、イラク占領も支持している、ということか。

投票率も低かったし、特に都市部は。
無関心なのかな~。
ダメですよ、無関心は。
無関心は罪、ですよ。
せめて投票はしましょうよ。

有権者は国政に責任を持つべきだと私は思うけど、これじゃあ、有権者は無責任だと言われても仕方ないな。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-26 13:47 | 寸評
2004年 04月 22日

善行の人

「善行の人」のするコトは、すべて正しいのかな?
「善行の人」には、批判さえ許されないのかな?

目的さえ良ければ、その過程はどうでもいいのかな?
目的が全てなのかな?

テロはいけない、という。
しかし、テロという手段で「正しい」とされる目的を果たした人は英雄になる。
伊藤博文はテロで暗殺された。
朝鮮人にとって暗殺犯は英雄。
日本人にとって暗殺犯は犯罪者。
テロはいけない、というのであれば、このような人を英雄視したらダメなんじゃないの?
どんな事情があるにせよ、テロを正当化したらダメだよ。

目的達成のためには手段を選ばない。
これって、本質的には暴力団とか過激派の発想と同じだよ。

手段は選ぼうよ。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-22 11:02 | 寸評
2004年 04月 19日

有権者の責任

イラクでの一連の事件で、自己責任が問われた。
というより、自己責任とは何か?が議論になった感がある。
私は別の視点から今回の事件における責任とは何かを考えてみた。

まず、人質事件がなぜ起きたのか?について、
「日本政府がイラク派兵を決定したから事件が起きた。
 だから、責任は日本政府にある。」
という主張があった。

周知の事実であるが、決定に至るまでの間に衆議院選挙があった。
ここで小泉首相は、
・イラクに侵攻したアメリカの支持
・自衛隊のイラクへの派兵
を名言していた。
別の言い方をすれば、小泉首相は公約どおりイラク派兵を決定し実現した。
それを支持したのは言うまでもなく日本の有権者である。
政府が独断で決めた派兵ではない。
もしこれが、「イラクに派兵しません」と言っていたにも関わらずイラク派兵していたとする。
そして今回の事件があったのなら、
「事件が起きたのは日本政府のせいだ」
と言われても仕方あるまい。
国民の意思に反しているのだから。

だが現実はそうではない。

「いや、私は派兵に反対だし、現政権を支持してない」
という人は多いと思う。
私もその一人だ。
しかし、だからと言って政府の方針というか意向に背く行為は許されるのであろうか?
最近、隣国で選挙があったが、負けた陣営が結果をなかなか認めずかなり混乱した、というコトがあった。
我々は、まがりなりにも民主主義というルールの中で生きている。
それを、結果が気にくわないからといって、ちゃぶ台をひっくり返すような行為が許されてよいものだろうか?
もしこれを認めてしまったら国内は混乱するし、なにより憲法違反だろう。
「助けを求めている人がいるから」と言う美談の名の元に、政府の意向に背く行為は許されるのか?
厳しい言い方かもしれないが、許されないのではないか。

ファルージャの悲惨な戦闘の話が伝わっている。
悲惨な話を言えば、アフガニスタンの戦闘でも村ごと壊滅させられたような話が伝えられていた。
悲惨でない戦闘のほうが珍しいだろう。
イラク派兵を支持した、というコトは、このような悲惨な話も受け入れます、というコトではなかったのか?
それを、今頃になってというと言いすぎかもしれないが、騒いだところで遅いのではないか?
今、反対活動とかデモとか署名をするのは構わない。
誰がどのような主張をしようと勝手だ。
しかし、有権者の総意で一旦決めたコトは、ルールを守り責任をもって対処する。
それが有権者のあるべき姿ではないのか。

従って、今回の事件を「自己責任」ではなく「有権者の責任」として見た場合、人質になった方には厳しい言い方になるが、有権者が支持する政府の意向に反したのだから、「勝手な行動だった」と言わざるを得ない。
(18歳の彼の場合は、それを止めなかった親や周囲の大人の責任と言えます。)
[PR]

by k_milliard | 2004-04-19 19:07 | 寸評
2004年 04月 16日

政府が何もしてない?

昨夜のオールナイト日本で、ナイナイの岡村さんがイラクの人質事件についてコメントしてました。

コメントの概要は、
「今回の事件で日本政府は何をしたと言うのか?」
(暗に何もしてないだろう、と言いたかった、と思う。)
と、わりと強い口調でお怒りモードでした。

つまり政府批判だったわけですが、どうしてこんなコトが言えてしまうのか。
北朝鮮の拉致事件とは違い、今回の事件だけを見ると、政府が強い批判を受けるようなコト何かしました?
っていうか、政府が何もしてないって根拠はなんなの?
細かい点ではいろいろあったけど、怒りの矛先が違うんじゃないかな。

イラク派兵について批判をするのなら分かるけど、なんだかなー。

例えは悪いけど、
「肥満体になったのは、ハンバーガーショップのせいだ」
っていう訴訟がアメリカで実際にあったじゃないですか。
あえてあれに例えるなら、
「肥満体になったことについて、ハンバーガーショップは何をしたと言うのか?」
っていう主張に近いような気もするが。
「だったら食うな!」
とつっこみを入れたくなる。

・・・ちょっと例えにムリがありましたね、はい。
[PR]

by k_milliard | 2004-04-16 13:55 | 寸評