んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2004年 03月 31日

便利なコトはいいコト?

あらゆるコトが便利になっていく世の中で生きていると、時にはその便利さが人間をダメにするコトもあるな、と最近思うようになってきた。

私は便利なコトの全てを否定するものではないが、それを利用する我々の心構えとして「今、自分にとってこれは本当に必要なコトなのか?」という問いかけが無いまま、時代がドンドン進んでいるように思う。

今の時代を象徴する便利なモノとして携帯電話がある。
恐ろしく便利である。
通話だけでなく静止画や動画が撮れて、TVも観られるようになってきた。
その反面、公共の場でのマナーが問題にもなっている。
だが、私が問題にしているのは使い方のコトではなく、使う本人の意識なのだ。

あなたのその携帯電話は便利だから使っているのか、
それとも必要だから使っているのか?

どっちなんだろう?
便利で必要なモノ、という答えが多いかもしれない。
だが、ここで立ち止まって考えてみたい。

それは本当に便利なのか?
便利ならなんでもいいのか?
そもそも便利ってなんだ?

なにかに迷ったトキに、「こっちのほうが便利ですよ」と言われると、ヘタするとそれだけで決めてしまいかねない。
なんだか便利という言葉に隠されてしまったモノが見えなくなりそうで、それが怖いのだ。

別の言い方をしたら、便利が一番という考え方をあえて便利至上主義と呼んだトキに、いつも便利至上主義でいるとそれを逆手に取られて思想が誘導されてしまうんじゃないか、というコトを私は危惧しているのである。

世の中が便利になるコトはいいコトだけど、あえて不便を選ぶ目も常に持ち続けていたい、と私は思う。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-31 12:08 | 寸評
2004年 03月 30日

ハマコー大暴れ

最近、テレビでハマコーをよく見る。
TVタックルだけかと思ってたら、たかじんの番組、挙句の果てにはCM出演。

なぜだ?

ちょっと見る分にはいいけど、長時間見ているにはちと辛い。
嫌悪感を覚えこそすれ、好感は持てないのに。
いわゆる”毒舌キャラ”の席が回ってきているだけなのか。
どうにも理解できない。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-30 14:38 | 寸評
2004年 03月 29日

「新撰組!」擁護論

NHK大河ドラマ「新撰組!」について様々な論評が成されているようですが、その多くは批判みたいですね。
なんだか、そこまで言われるのなら逆に擁護したくなった。

私が時代劇に求めていることのひとつに、「時代考証に忠実な演出」というのがある。
身なり・言葉遣い・状況設定、全てにおいて出来るだけ当時を「再現」したような演出がされたドラマを私は観たい。
しかし、その点において今回の「新撰組!」に限らず元々NHKの大河ドラマには無理があるのではないか。
自分なりの大河ドラマの定義は、その時代の話を通して普遍的な価値観のようなものを観せる、ものだと思っている。
史実から大きく逸脱したものならともかく、許される範囲で何かを表現しようとしている、と思う。
だから、毎年大河ドラマが始まるときには一応チェックしても、自分の好みに合わないことの方が多いので、最後まで観るかというと観ないことの方が多かった。

そんな私だが、今年の大河ドラマは継続して観ているほうだ。
理由は、大河とは先ほど述べたようなものだと割り切っているのと、これだけの批判を受けて三谷さんがどのような話にしようとしているのか興味があるからだ。
たしかに、史実と照らし合わせたときに無茶なエピソードを創作しているのかもしれないが、これは大河なんだから。
今回の大河で三谷さんは、幕末の混乱期に活躍した新撰組を通じて若者の青春群像を描きたいのだと思う。
だから、主役は香取くんを選んだと思う。
いや、香取くんのことに関しては言いたいことがいくつかあるけど、三谷さんが意図して選んだのだから最後まで黙って観てようと思う。

と、あまりにバッシングが強いので、好きでも嫌いでもない大河ドラマを擁護してみた。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-29 12:00 | テレビ
2004年 03月 26日

なにが危ないのか

鉄道の駅は、時には危険地帯になりかねない。
大勢の人が集まるだけに、なにが起きてもおかしくない。
朝夕の通勤ラッシュなんか、車両にギュウギュウに押し込められ、それだけで疲れてしまう。
スリ、痴漢、テロ・・・

だが、危険なのはそれだけではない。
非常に日常的な光景だけど、その実とても危険な場面があるのだ。
それは、特に複数の鉄道会社や支線が交差する、いわゆる乗換え駅に多い現象。
一般的には「駆け込み乗車」ということになるけれど、もう少し範疇を広げて「駅で走る」こと自体が危険だ、と思う。

たとえば、電車を乗り換えようとしていて、これから乗ろうとする電車が既にホームに停車していたりする。
たいていの場合、乗りたい電車が遠い位置からでも確認できたりするので、なんとなく走れば間に合うような気がする。
そして走ってしまう。
ところが、構内には同じく乗り換えたり乗り降りする人がいるわけで、駆け込み乗車をしようとするとどうしても他の客が邪魔になってしまう。
だが、間に合うかどうか微妙な状況だから焦っている。
本人はうまく人や物を避けている気になっているが、それが危ない。
シュルダーバッグが当たる、肘鉄食らわす、足を踏む
ぶつかったのが分かっていても、謝るのがいい加減になってそのまま立ち去る。
トラブルの元だ。
それだけじゃない。
ぶつかる物がなくても、足がもつれて勝手に転んでしまうケースもある。
実際この数ヶ月、1ヶ月に1回の割合で駅で転ぶ人を私は目撃している。
これは老人もいたが、若い学生がそうなったのも見た。
広い場所で転んだのならまだいい。
ホームで転んだとしたら、状況によっては生死を決めかねないほど危険だ。

だから、駅で走るのは止めたほうがいいと思う。
どんな理由があっても、例え電車1本乗り遅れて遅刻したとしても、トラブルを未然に防ぐ意味で走ってはいけない。
しかし、駅では「駆け込み乗車は危険」というアナウンスは流れていても、なぜ危険なのかその理由までは語られていないように思う。
「ああ、駆け込み乗車はドアに挟まれそうだし、他の人に迷惑だから止めないとな。
 だけど、遅刻しそうなときには仕方ないよな。」
ぐらいにしか思ってないんじゃないかな。
この「少しくらい」という気持ちこそが一番危ない、と思う。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-26 14:55 | 寸評
2004年 03月 26日

「白い巨塔 特別編」 感想

「白い巨塔 特別編」
総集編を基本としながらも、「その後」の浪速大学をフォローしていました。
あらためて観て思ったのは、話の面白さと俳優さんの力量とフジの本気度の高さ、ですかね。

話の面白さについては、小説は読んでませんが、おそらく小説・脚本ともに活字として読んでも面白いんじゃないかな。
今回のシリーズでは「告知」がテーマのひとつだったようで、特にシリーズ後半では裁判の争点にもなるくらいで、視聴者にとって自分ならどうされたいか、あるいは家族にはどうすればいいのか、ということを考えさせられる内容だったのがよかった。
あと、権力欲の権化である主人公と特殊とも思える大学病院の設定が、どこか自分達とは違う世界の話のようで、「自分ならこんなことはしない」とか「ここまでするか」という徹底した上昇志向が非日常的であり、夢の世界をうまく作り上げていたように思う。
自分が一番好きなシーンは、西田敏行扮する主人公の義理の父親が、ことある毎に風呂敷に包んだ札束を関係者に手渡そうとするところです。
実弾(現金)でなんとかしようとするのは、時代劇なんかだと袖の下とか菓子折りの下にそっと忍ばせておくものなのに、あんなにあからさまにバラまくなんて、賄賂って本当はあんなふうにするものかもしれないな、と現実の世界を見せられた思いでした。
あと、主人公の財前と里見の関係、ライバルでありながら友情で硬く結ばれていたというのは、主題でもあるのであらためて書かないでおきます。

次に、俳優さんの力量について。
今まで特に注目してなかったけど、唐沢さんって演技上手いですよね。いや、ファンの方からしたら何を今さらって思うでしょうけど、上手いですよ。
よく、旧シリーズと新シリーズを比較して「田宮二郎の方がよかった」などという人がいますが、旧と新は別物として見た方がいいのかもしれない。特に、田宮さんと唐沢さんを比べるのはどちらにも失礼のような気がする。
自分は旧シリーズをまだ観てないけど、今回盛り上がった要因のひとつとして、唐沢さんだったからというのが言えると思う。
台詞をいうときの微妙な表情とか声のトーンなど、役作りを練り上げていたから観ていて強く引き付けられたと思う。
それと、西田さん。
この人の演技力は他を圧倒してましたね。
さすが、エンドロールの一番最後に名前が出るだけのことはある。
他にも上手い人がたくさんいて名前をあげ切れないですが、ドラマはやっぱり話と演技者がしっかりしていたら、最後まで見られることを証明したと思います。
ただ、ひとつ気になったのは、東教授の娘役だった矢田さん。
最終回でも主人公が亡くなったあとに登場してましたが、あんなシーンいらないと思うんですけど。
矢田さんの演技がどうとかではなく、なんか登場の仕方というか江口さんとの関係がちょっと余計な気がしてました。

最後に、フジの本気度の高さ。
総制作費がいくらか知らないけど、相当金かけてたんでしょ、たぶん。
でも、DVD販売とかできっと儲かるからいいんだろうけど。
低予算でいい番組作りもいいけど、金をかけるところにはビシッとかけて、フジにはこれからも面白いドラマ作りを期待してます。
嫌いなのは、まず人気芸能人の配役ありきで話があとから作られているようなドラマ。
俳優の見習いのような芸能人が演技してても、本人に魅力を感じなければ全く観る気がしないし、話がつまらなかったら悲惨でしょう。
ま、フジテレビさんには質の高い番組を作り続けて欲しいと願います。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-26 11:52 | テレビ
2004年 03月 25日

チョーさんとマキコさん

このところ、チョーさんとマキコさんが話題になっている。

チョーさんとは、まず一人目が長島茂雄さん。
野球のオリンピック日本代表監督として期待を一身に背負う中入院。
現在リハビリ中。オリンピックより体が大事。早く良くなってください。
もう一人はいかりや長介さん。
ドリフのリーダーとして一時代を築いた偉大なお笑い芸人ですが、逝くのが早すぎです。

そして、マキコさんとは、直接ではないですが、田中真紀子さん。
本人ではなく長女のプライベートが公表されそうになり、一騒動。
もう一人は江角マキコさん。
年金払ってなかったのは確かにマズかったけど、国会問題にまで発展するようなことか?

偶然だけど、チョーさんとマキコさんが二人ずつ今世間の話題になっている。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-25 00:04 | 寸評
2004年 03月 24日

梅田の大型書店が変わった

春分の日が過ぎ、季節はそろそろ新学期。
学校だけでなく企業も新入社員が入社してくる時節だ。

大阪梅田のある大型書店で買い物をしたのだが、対応してくれた若い男性社員がどうやら新入社員のようだった。
見渡すと、胸に「実習中」のプレートを付けた店員さんがあちこちにいた。
対応が新鮮というか慣れていないというか、とにかく一生懸命な感じ。
いろんな客がいて大変だろうな、と思う。

今はそんなことないけど、昔は梅田近辺の大型書店の店員には対応が悪いのが多かった。
客を客と思ってないような話し方をする女性店員
横柄な感じの男性店員
とにかく、こっちは普通に買い物をしているつもりなのに、店員のせいで気分を悪くしたことが何度となくあったのだ。

そんな風紀が変わったのは、おそらく堂島にジュンク堂が出来てからだと思われる。
というのも、何度もジュンク堂で買い物をしているが、今まであそこで気分を悪くした経験がないからだ。
社員教育が徹底しているのか、それともたまたま対応の上手い店員と接していただけかもしれない。
しかし、ひとつだけ言えることは、堂島にジュンク堂が出来て以来、他の大型書店で気分を悪くする頻度が確実に減った。
これは本当だ。
客としては、気分良く買い物が出来ればそれにこしたことはない。
値段が同じならば、少々歩いてでも良い印象のある店を選ぶんじゃないのかな。
既存の書店は、ジュンク堂の出現で危機感を持ち、顧客本位の接客を心がけるようになったのかもしれない。

書店は値引きの出来ない書籍を扱う以上、店員の接客態度というのは他店と差別化を図る大事な要素のひとつだと思うのだが、どうだろうか。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-24 16:35 | 寸評
2004年 03月 23日

プライド

フジ月9「プライド」が最終回だったようですね。
自分、ぜんぜん観てませんでした。
クイーンが好きなのでクイーンのコトが話題になっていたのは知ってたけど、ドラマを観ようとまでは思わなかったなぁ。
これって視聴率よかったのかな?

対照的に、同じフジでも「白い巨塔」はほとんど観てました。
当初は最終回まで観ようとは思ってなかったけど、ハマッったっていうか面白かったので最終回までガッチリ観てしまいました。
一番よかったのは西田敏行やね。
演技力っていうか、なんか他の若い俳優さんを食ってた感じがしたし、最終回の義理の親子の会話のシーンなんか泣かせたなぁ。

で、「プライド」に戻るけど、観てないのでなんにも言えないわけだけど、やっぱりキムタクの魅力が光ってたんですかね?
どうなんだろう。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-23 12:14 | テレビ