カテゴリ:朝鮮( 45 )


2005年 08月 02日

クリアではないので・・・

7月28日の記事、ゴネ得の北朝鮮を囲む会にて、 のもの”さんのコメントに対する私の意見を記事として書きます。

doronpa氏が主張されている「在日全員送還」については、私も根本的な主張としては賛同します。
私も現在の在日社会に自浄作用があるとは到底思えません。
なまじ在日韓国人社会を垣間見ているだけに、これが意味するところは痛いほどよく分かるからです。
私はタチの悪い在日とは距離を置き、出来るだけ関わらないようにしてきました。
従って、在日に対しての私の態度とは、doronpa氏が言われている「見てみぬ振りをする在日」に他ならなかったでしょう。

さて、私がこのブログで元在日の帰化人であることを明かした理由は、韓国・北朝鮮関連の記事を書く際、朝鮮系日本人であることを前提としないと私の真意が伝わらない、と思ったからです。
そして、明かした後にもう一つの理由付けとして、今までの偏った在日像だけではない「このような意見の元在日もいるんだ」という在日の多様性を多くの人に知ってもらえるのであれば、朝鮮系日本人として記事を書く意義があるだろう、と思うようになりました。
ところが、これは明るみになりつつある在日社会のダークサイドを逆に見えにくくさせてしまうというマイナス効果もあるのかもしれない、とも思うようになりました。

で、話が戻りますが、日本に巣食う在日問題を正すために良い在日と悪い在日の区分けなんて厳密には出来ませんし、突き詰めて考えれば「在日全員送還」という結論に行き着くのは当然であろうと思います。
このブログをずっと読んでいただいている方にはお分かりかと思いますが、私の主張は在日ではなく日本人を主体としています。
どんな問題も「日本人としてどうなんだ?」と考え記事にしてきたつもりです。
そんな私ですから、「在日全員送還」という主張には賛同できます。
日本人以上に日本人に成りたいと思う私であれば、その最前線に立つべきかもしれません。
しかし、です。
その最前線で旗を振りつつ声を嗄らしながら「在日は帰れ!」と、韓国籍である私の母や身内に対して言えるのか?
そう考えると、この状況において私はそこまで非情にはなれません。
そこに私の甘さ、隙があります。
もし私が天涯孤独の元在日であったとしたら完璧な突撃兵になれたかもしれませんが、そうでない以上、やはりクリアな純度で「在日全員送還」を私が主張することには無理がありそうです。
だから、doronpa氏の主張は理解していますし賛同もしますが、私の立場として積極的な運動は出来ないでしょう。

以上が、のもの”さんのコメントに対する私の意見になります。

で、今私がここで挙げた2点、
1.在日の多様性を示すことにより在日問題の本質がボヤけてしまう危険性
2.クリアではない不純物の混じった私の在日批判
を理由として、私は今後このブログで朝鮮系日本人の思考を根拠とした記事は書かないようにします。

私が一番言われて困る批判は、「結局、おまえ朝鮮人やんけ」というものです。
これを言われたら何も言い返せません。
別に、血筋として朝鮮人であることを今は卑下してませんし隠すつもりもありませんが、いくら私が日本人であると主張したところで、納得出来ない人は納得しないでしょう。
また、精神的に日本人であることの証明なんて厳密には出来ないでしょう。
しかし、私が率直に思った感想は出来るだけそのまま書きたいので、どうしても「日本人としてどうだ」みたいな主張は書いてしまうと思います。
ですが、朝鮮系日本人の色合いが強くなるものや私の体験談による在日・韓国ネタを記事にするのは止めます。

今まで、特に abusanさんには事ある毎に朝鮮ネタのフォローをして頂いて助かりました。
私などよりも朝鮮ネタへの造詣は深いですね。(笑)
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

ただし、例外として以下の2点だけは別にします。

一つ
コメントを通じて在日や韓国に関する質問をして頂いた場合には、お返事を書きます。
これは、どのコメントでもそうですが、ご質問を頂いた件に関しては、私の知りうる範囲内で出来る限りお返事します。

二つ
拉致事件に関する記事だけは書きます。
北朝鮮による拉致事件は日本の主権の問題であり人権問題です。
この問題を考えるのに、血筋や生い立ち、国籍は関係ないでしょう。
一日でも早く拉致被害者全員の奪還を願う者の一人として、これだけはこれからも取り上げていきます。

-----------------------------
            追   記    2005/08/03
-----------------------------

たくさんの方からコメントを頂き、冷静になれた今、前言は撤回することにします。
当ブログを読んで頂いている皆様、ご心配をおかけしてすみませんでした。


皆様からのコメントの中で、logさんのコメントで目が覚めました。
頭から水をぶっかけられて往復ビンタの末やっと正気を取り戻せたような気分です。

実は、この記事を書くにあたり約一日考えていたんですが、在日問題に対する自分のスタンスのようなものが分からなくなっていました。
私が朝鮮人社会を批判する際、朝鮮人に対する批判は朝鮮人こそ厳しくしなければいけない、という考えでいます。
それは、異国で生きる道を選んだ移住者の態度に通じる考えだと思っています。
そんな私に「在日全員送還」という極論ではあるけれども日本人の意見として出てきた一つの対在日方策を目にしたとき、「朝鮮人こそ厳しく」という部分にハマりこんでしまい、他の思考が出来なくなっていました。
つまり、日本人以上に日本人らしくありたいと思う私が朝鮮人に厳しく接しようとしたときに、この極論に対して反証が出来なかったんですね。
かすかに残っていた冷静な自分が「それはいくらなんでも」と言っているようなんだけど、思考的にハマりこんでてハッキリ聞こえてこない。
きっと日本人の多くは、これを支持するだろうな・・・てなことも考えていました。
で、身動きできず煮詰まってしまい、こんな甘い態度では朝鮮ネタは書けないな・・・となり、その挙句がこの記事での宣言です。

今回のことで分かったことが一つあります。
それは、私のように「朝鮮系日本人が日本人として生きたい」と考える者にとって、日本を守るために有効と思える理論や方策に対しては、反論しにくい性質がある、ということです。
おそらく、日本の社会に受け入れてもらえるために、日本人なら嫌と言えることでも嫌と言いにくい環境を自分で作ってしまっているんじゃないか、と思いました。
それは私の弱点ですね。
それが分かったのは良かったです。

今回のことで、私は冷静な判断を失していました。
いつも冷静かと言えば、そうでもないですけど。(笑)
皆様にはご心配をおかけしました。
励ましの言葉、嬉しかったです。
これからも今までと変わらず続けていきますので、よろしくお願いします。
[PR]

by k_milliard | 2005-08-02 02:26 | 朝鮮
2005年 07月 01日

せっかくのブームに水を差しますよ

韓国映画界すったもんだ 監督「ギャラ高い」俳優「謝れ」(産経新聞)
>  韓国の人気映画監督、康祐碩氏がトップ俳優の実名を挙げてギャラの高騰を痛
> 烈に批判する一方、名指しされた俳優が謝罪を要求、「韓流」の中心である同国
> 映画界の「内紛」(韓国紙)として波紋が広がっている。

日本での韓国映画の興行って成功してるんでしょうか?
そのへんの情報には疎いですが、今でも新聞のテレビ欄を確認すると、韓国映画とドラマが放送されてない日が無いくらいだから、それなりに観ている人はいるんでしょう。

ところで、最近では日本のテコンドー団体にゴタゴタが続いていたように、半島関係の話題として、このようなゴタゴタはよく見受けられます。
もちろん、細かい事情はそれぞれ違うと思いますが、大まかに、

   内紛 -> 分裂 -> 衰退

という流れがあるように思います。
戦後、国内の朝鮮人社会の間でも権力闘争が激しかったように、中途半端に権力を手に入れた者同士が集まると、ろくなコトが無いようです。
その点、日本の場合は「和」を重んじる風潮があるので、出来るだけ衝突しないように話し合いで解決しようと努力する場合が多いと思います。
例えば、拮抗した力の勢力が三つあったとしたら、代表幹事を順番に務めるようにするとか、同業者間で「持ちつ持たれつ」の関係を作ったりするでしょう。
まぁ、それはそれで悪しき弊害も生んでしまうコトもあって、昨今の談合事件もそうだろうし、問題はあろうと思います。
しかし、一応話し合いで丸く収めようと努力する姿勢は、世界的にも誇っていいことじゃないでしょうか。

・・・で、話を締めようと思ったけど、「若貴問題」は解決しそうにありませんね。
今、巷で話題のゴタゴタと言えばこれですかね?
なんで話がこんなにこじれているのか知らないし個人的には関心無いんだけど、国技とまで言われている角界なんだから、騒動が長引くのは好ましくないと思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-01 11:40 | 朝鮮
2005年 06月 28日

地球市民たる資格無し

既にご存知の方もおられましょうが、天皇皇后両陛下がサイパンの各所で慰霊されている間に、韓国の日本大使館前で反日デモが行われていました。

以下、リンク先
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview2.htm?linkid=195&pid=wl&articleid=2005062714075517912&newssetid=87

いまさら中国や韓国で反日デモがあったところで、「勝手にやってたら?」と別段気にも留めない私です。
それに、小規模な反日デモごときに日本側がいちいち反応して騒ぐべきではない、とも思います。
そういう意味で、このニュースはスルーしようかと思いました・・・
が、天皇陛下への侮辱・・・これは一線を越えています。

韓国では今後、8月15日に向け今以上の反日活動が繰り返されるのかもしれません。
例え、この行過ぎた侮辱行為に対して日本政府が抗議したとしても、今の韓国で何かが劇的に変化するとも思えません。
しかし、世界のどの国に行っても「これだけは誰にも汚されたくない」という大事なモノがあるはずです。
それをお互いが尊重してこその世界平和でしょう。
使いたくない言葉だけど、「地球市民」と言うならば、それこそ地球市民たる最低限のマナーじゃないのか。

私はかなり言葉を抑えて書いてますが、この侮辱行為に憤りを感じています。

世の中には負けると分かっていても戦わないといけないことがあるんじゃないでしょうか。
それは暴力的な意味ではなくて、例え効果が無いと分かっていても、日本人の意思を公に知らしめないといけないことがある、という意味です。
これは拉致事件における日本政府及び国民の態度にも共通することですが、当事者が怒らなくて誰が怒ってくれるって言うんですか?
日の丸が焼かれるだけでも相当な侮辱なのに、これは日本人への最大級の侮辱です。
この感情を韓国風に言わせてもらえれば、「恨五百年(五百年の恨み)」に匹敵するような行為です。

しかしながら・・・陛下が侮辱されていても、それほど何も思わない日本人もいることでしょう。
そういう人は、もうスカスカですね。
何がスカスカって、日本人としてのメンタリティがスッカスカ~。
いや、日本人がと言うよりも、人間として、これ以上煮込んでもダシが取れないくらいスカスカな薄い人だと思いますよ。
[PR]

by k_milliard | 2005-06-28 16:45 | 朝鮮
2005年 06月 13日

あぁ、お約束

「慰安婦という言葉はなかった」…日本文科相がまた妄言(中央日報)
> 日本の中山成彬文部科学相が、韓日首脳会談を控えた時点に「そもそも従軍慰安婦という言葉はな
> かった」と発言し、波紋が広がっている。

韓国:中山文科相の慰安婦発言に「妄言」と反発(毎日新聞)
>  韓国の与野党やメディアは12日、中山成彬文部科学相が11日に静岡市で開かれたタウンミーテ
> ィング(対話集会)で「そもそも従軍慰安婦という言葉は当時はなかった。なかった言葉が(教科書
> に)あったことが問題」と述べたとし、「妄言」と一斉に反発した。

日本のマスコミ・韓国のマスコミや政府が、あまりにも「お約束」な反応なので、この「反日放火魔連携プレィ」について新たなコメントをするコトも無いんですが・・・
中央日報の「波紋が広がっている」と言うコメントにはちょっと笑ってしまった。
なんか、火事の現場に興味本位で駆けつけた野次馬が、友人に携帯電話で「野次馬が多くて大変だよ」ってボヤいているような感じです。

まぁ、韓国側はいつも「妄言」って騒いで日本側のこの手の発言を封殺しようとしてるけど、「いや、そうではなく、事実はこうだった」といった、まともな反論をして欲しいですね。
もう「妄言」って言葉が彼らの口から出ただけで、「あぁ、また根拠も無く言ってるのね」と思ってしまいます。
情報戦略的には、そろそろ「妄言」を使うのを止めて、根拠を提示した反論をするようにした方がいいですよ。
そうしないと、せっかくの韓流ブームが嫌韓ブームになってしまいますから。
と、一応の親切心からご忠告しておきますね。

・・・ってか、いい加減気づけよ。(笑)
[PR]

by k_milliard | 2005-06-13 00:31 | 朝鮮
2005年 06月 06日

韓国の韓国による韓国のための日本の歴史

「韓日共同歴史」研究も苦しい出発(朝鮮日報)
>  ドイツ政府は1970年代からフランス、ポーランドなど隣国との歴史理解に向け、積極的に話し合いに参加
> したことで、ヨーロッパの信頼を取り戻した。日本には、アジアはおろか、韓国の信頼を勝ち取ろうとする意
> 志はあるのか。

既に信頼されていたら勝ち取る必要など無いですね。 (^o^/~
それと、ドイツとの単純な比較論は、もう聞き飽きた。

つい最近の韓国漁船の違法操業を一つとってみても、報道のされ方や国民の受け取り方に大きな開きがあるんだから、何十年も何百年も昔のことについて話し合ったって合意できるはずがない。
最初っから無理な話だったんじゃないの。
例えば、事実を時系列に網羅して、それについて日本側の見解と韓国側の見解を述べるというやり方であれば可能かもしれないけど、たった一つの解釈だけで語れと言われてもねぇ。
現状であり得るとすれば、日本側の研究者を韓国側の意向に沿った人だけにすれば、一気に解決するでしょう。
[PR]

by k_milliard | 2005-06-06 12:24 | 朝鮮
2005年 06月 04日

事実を読み取る訓練

「漁民に暴力行使とは…」憤怒するネチズン(中央日報)
> 韓国人船員が日本巡視艇の保安官から暴行を受けたことが伝えられ、日本側の過剰な鎮圧行為が
> サイバー空間で論議となっている。 一方で「暴力を行使したのは誤り」と日本側を叱責している半面、
> 「韓国漁船にも責任がある」という意見もある。
>
> あるポータルサイトのID「sjh270」は「日本水域で不法操業をしたからといって、非武装の漁民に武力
> を行使したのは過剰鎮圧だ」とし、「先日、中国漁民から暴行を受けたが、今度は日本にも殴られた」
> と同情を表した。
>
> ID「minae」は、「漁船は日本側EEZを侵犯しなかった。確実な証拠もなく漁船を追撃した」とし、「たと
> え不法に操業したとしても、船主が韓国人であるだけに、刑事管轄権はわれわれにある」と主張した。
>
> 一方、反日感情に流されず理性的に対応すべきだと注文する声も多かった。 ID「clubgi」は、「日本漁
> 船が韓国海域に入ったとすれば、韓国海上警察も当然、日本漁船に停船を命令しながら追撃するは
> ず」とし、「相手が反抗すれば、物理的衝突も避けられないだろう」と主張した。

少なくともネットで積極的に韓国・北朝鮮ネタについて調べたり免疫のある人には不要でしょうが、そうではない方々に対しては、新聞やテレビで報道される韓国・北朝鮮側の主張を元にして「事実を読み取る訓練」を推奨したらどうかと思う。
あるいは、「朝鮮半島関連ニュース限定の読解力テスト」みたいなモノを作って、日本人のメディアリテラシー力の向上を図ってはどうか。

例えばこの記事でも、「非武装の漁民に武力を行使した」という短い文章から、「制止を振り切り逃走しようとする韓国漁船の船員に対して日本の海上保安員が実力行使せざるを得なかった」というのを読み取れるかどうか。
韓国側には、日本の警察による警備活動を軍隊の武力と同じモノだと意図的に捏造報道し、またそう理解しようとする習性があるので、そこさえ理解できていれば、この程度の低難度の問題は楽勝で解けますよね。
そういったテストがもしあったとしたら、日本人の何割くらいが合格、あるいは不合格するのか、ちょっと興味があります。

それと、この記事の最後の意見にもあるように、まともと言っていい意見もあるはずなんですよね。
私はここで何度も言ってますが、まともに話の出来る韓国人もいるはずなんです。
たとえ今は意見が違っていても、まずは同じテーブルでお互いを尊重して意見の交換が出来ればいいと思うんです。
国としてはダメでも、日本にとって本当の意味で友好的な付き合いの出来る韓国人がいたとしたら、私達はその人たちといい関係を築いていくべきだと思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-06-04 22:14 | 朝鮮
2005年 06月 02日

かくして事実が捻じ曲げられる

対馬沖の日韓にらみ合い続く(産経新聞)

この事件が韓国側でどのように報道されているのか、特に以下の二点が気になる。

1.日本の排他的経済水域に侵入したこと
2.海上保安部員2名を乗せたまま逃げたこと

以前にも韓国漁船の違法操業については取り上げたことがあるが、ますます韓国側は図に乗ってはいないだろうか?
おそらく、韓国では日本側に非があったかのような報道がなされるのではないだろうか。
そして日本側でも、事を穏便に済ませようと画策する政治家・マスコミの発言が予想される。
この件は違法操業の疑いなので刑事事件の範疇になると思うけれども、これを日本人がどう捉えるのかと考えた場合、国民の国防意識の低さも露になってくるように思う。
つまり、南北合わせた半島側は「これくらいいいだろう」とタカを括りナメているからこそ何度も侵入を図るのであって、これに対して毅然とした態度をとらないといけないのは当然の話で、漁船だけではなく不審船や潜水艦などの侵入に対するのと基本的な姿勢においては同じだと思う。

人の足を踏んでおきながら、「踏んだ足の裏が痛い、謝れ」と被害者面するようなアホに容赦する必要などない。
[PR]

by k_milliard | 2005-06-02 12:58 | 朝鮮
2005年 06月 01日

誰にも止められない

対日の韓国「恥辱の歴史清算」 反民族行為究明委が発足(産経新聞)
>  【ソウル=久保田るり子】韓国で日露戦争から日本統治時代までの対日協力者
> を調査する大統領直属の「親日反民族行為真相究明委員会」が31日、発足した。
> 今後4年間の委員会の調査活動では、故朴正煕元大統領をはじめ有力紙「朝鮮
> 日報」「東亜日報」の創業者らも対象となる。罰則なしとはいえ、存命の遺族らを巻
> き込む“親日派狩り”が懸念される。

逆走してます。
完全に道を逆走してます。

恥ですよ、こんなの。
だけど、もう止まりそうにないですね、この流れ。
どこまで行くつもりなんでしょうか?
こんなに近くで現在進行形の「魔女狩り」を見物できるとは思わなかった。
狩られる人が気の毒だなぁ・・・
「バランサー」なんて言って先進国きどりのつもりでも、実態は中世までで止まってますね。
もうトコトン行きたいトコまで行って自爆してください・・・
[PR]

by k_milliard | 2005-06-01 12:56 | 朝鮮
2005年 05月 29日

楽しくだまされてる?

速水もこみちが韓国女優にラブコール(日刊スポーツ)
>  人気急上昇中のイケメン俳優速水もこみち(20)が、韓国女優に熱烈なラブコールを送った。28日、東京・六本木で
> 韓国映画「彼女を信じないでください」(ペ・ヒョンジュン監督)の初日舞台あいさつにゲスト参加。同作で女詐欺師を演じ
> るキム・ハヌル(27)と対面し「映像で見るよりすてき。こんな人だったらだまされてもいい。韓国映画に出て一緒に芝居
> がしたい」と訴えた。ハヌルも「日本語が話せたら、楽しくだませたのに」と笑顔で答えていた。

って言うか、別の意味で、既にたくさんの日本人が騙されていると思うんですけど・・・
もこみち君、これ以上騙されんでくれ。(笑)

日韓映画・ドラマといえば、「韓国が男で日本が女」のパターンしか今は描けないと思ってたけど、こういうのならアリか。
つまり、韓国側の女性が日本側の男性よりも優位に立てるストーリーで、最後は日本側がマヌけな結末を迎えるとか失墜するとか、その手の話であればあり得るかもしれないな。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-29 18:35 | 朝鮮
2005年 05月 28日

反日活動の現場

日本の過去清算で国際集会 謝罪と補償求めるアピール(朝鮮新報)
>  「戦後60年」・被害者とともに日本の過去の清算を求める国際集会が21、21の両日、東京都
> 内で行われた。南朝鮮、日本、中国、台湾、フィリピン、オランダ、米国から日本による強制連行
> や「慰安婦」の犠牲者と遺族、朝鮮人強制連行真相調査団などの市民団体やNGOの関係者ら
> 約200人が参加した。
>
>  20日の全体集会では、日本の過去の清算を求める国際連帯協議会朝鮮委員会のメッセー
> ジを総聯中央の高徳羽副議長兼同胞生活局長が代読した。メッセージは「団結した力と共同行
> 動で、日本当局が犯罪を清算するよう求めていくべきだ」と訴えた。

先日書いた記事の後追い記事です。
この集会に朝鮮総連が関与していたのは、おそらく間違いないと思います。
関与の仕方に強弱はあるにせよ、「女性国際戦犯法廷」と似た流れではないでしょうか。
で、参加者は約200人ですか。
そんなもんかな。
気になったのは、これは20・21日に行われた集会なのに、この記事は26日にアップされている点。
エラい遅いな。
本部に校正してもらうのに手間取ってたのか?w
[PR]

by k_milliard | 2005-05-28 11:48 | 朝鮮