カテゴリ:寸評( 133 )


2004年 03月 26日

なにが危ないのか

鉄道の駅は、時には危険地帯になりかねない。
大勢の人が集まるだけに、なにが起きてもおかしくない。
朝夕の通勤ラッシュなんか、車両にギュウギュウに押し込められ、それだけで疲れてしまう。
スリ、痴漢、テロ・・・

だが、危険なのはそれだけではない。
非常に日常的な光景だけど、その実とても危険な場面があるのだ。
それは、特に複数の鉄道会社や支線が交差する、いわゆる乗換え駅に多い現象。
一般的には「駆け込み乗車」ということになるけれど、もう少し範疇を広げて「駅で走る」こと自体が危険だ、と思う。

たとえば、電車を乗り換えようとしていて、これから乗ろうとする電車が既にホームに停車していたりする。
たいていの場合、乗りたい電車が遠い位置からでも確認できたりするので、なんとなく走れば間に合うような気がする。
そして走ってしまう。
ところが、構内には同じく乗り換えたり乗り降りする人がいるわけで、駆け込み乗車をしようとするとどうしても他の客が邪魔になってしまう。
だが、間に合うかどうか微妙な状況だから焦っている。
本人はうまく人や物を避けている気になっているが、それが危ない。
シュルダーバッグが当たる、肘鉄食らわす、足を踏む
ぶつかったのが分かっていても、謝るのがいい加減になってそのまま立ち去る。
トラブルの元だ。
それだけじゃない。
ぶつかる物がなくても、足がもつれて勝手に転んでしまうケースもある。
実際この数ヶ月、1ヶ月に1回の割合で駅で転ぶ人を私は目撃している。
これは老人もいたが、若い学生がそうなったのも見た。
広い場所で転んだのならまだいい。
ホームで転んだとしたら、状況によっては生死を決めかねないほど危険だ。

だから、駅で走るのは止めたほうがいいと思う。
どんな理由があっても、例え電車1本乗り遅れて遅刻したとしても、トラブルを未然に防ぐ意味で走ってはいけない。
しかし、駅では「駆け込み乗車は危険」というアナウンスは流れていても、なぜ危険なのかその理由までは語られていないように思う。
「ああ、駆け込み乗車はドアに挟まれそうだし、他の人に迷惑だから止めないとな。
 だけど、遅刻しそうなときには仕方ないよな。」
ぐらいにしか思ってないんじゃないかな。
この「少しくらい」という気持ちこそが一番危ない、と思う。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-26 14:55 | 寸評
2004年 03月 25日

チョーさんとマキコさん

このところ、チョーさんとマキコさんが話題になっている。

チョーさんとは、まず一人目が長島茂雄さん。
野球のオリンピック日本代表監督として期待を一身に背負う中入院。
現在リハビリ中。オリンピックより体が大事。早く良くなってください。
もう一人はいかりや長介さん。
ドリフのリーダーとして一時代を築いた偉大なお笑い芸人ですが、逝くのが早すぎです。

そして、マキコさんとは、直接ではないですが、田中真紀子さん。
本人ではなく長女のプライベートが公表されそうになり、一騒動。
もう一人は江角マキコさん。
年金払ってなかったのは確かにマズかったけど、国会問題にまで発展するようなことか?

偶然だけど、チョーさんとマキコさんが二人ずつ今世間の話題になっている。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-25 00:04 | 寸評
2004年 03月 24日

梅田の大型書店が変わった

春分の日が過ぎ、季節はそろそろ新学期。
学校だけでなく企業も新入社員が入社してくる時節だ。

大阪梅田のある大型書店で買い物をしたのだが、対応してくれた若い男性社員がどうやら新入社員のようだった。
見渡すと、胸に「実習中」のプレートを付けた店員さんがあちこちにいた。
対応が新鮮というか慣れていないというか、とにかく一生懸命な感じ。
いろんな客がいて大変だろうな、と思う。

今はそんなことないけど、昔は梅田近辺の大型書店の店員には対応が悪いのが多かった。
客を客と思ってないような話し方をする女性店員
横柄な感じの男性店員
とにかく、こっちは普通に買い物をしているつもりなのに、店員のせいで気分を悪くしたことが何度となくあったのだ。

そんな風紀が変わったのは、おそらく堂島にジュンク堂が出来てからだと思われる。
というのも、何度もジュンク堂で買い物をしているが、今まであそこで気分を悪くした経験がないからだ。
社員教育が徹底しているのか、それともたまたま対応の上手い店員と接していただけかもしれない。
しかし、ひとつだけ言えることは、堂島にジュンク堂が出来て以来、他の大型書店で気分を悪くする頻度が確実に減った。
これは本当だ。
客としては、気分良く買い物が出来ればそれにこしたことはない。
値段が同じならば、少々歩いてでも良い印象のある店を選ぶんじゃないのかな。
既存の書店は、ジュンク堂の出現で危機感を持ち、顧客本位の接客を心がけるようになったのかもしれない。

書店は値引きの出来ない書籍を扱う以上、店員の接客態度というのは他店と差別化を図る大事な要素のひとつだと思うのだが、どうだろうか。
[PR]

by k_milliard | 2004-03-24 16:35 | 寸評