んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:寸評( 133 )


2006年 09月 07日

ネットの可能性に期待

今発売中の「SAPIO」で、小林よしのりさんがネット右翼との共闘を呼びかけていました。
やっと気付いたか、という印象ですかね。
自身がネットに疎いのは仕方が無いにしても、思い込みと決め付けだけでネットにおけるマスコミ批判がどのようなものかを理解しようともせず、匿名性の上で成り立つ言論はダメだとか言ってネット批判していたのを残念に思っていました。
きっと、信頼できる人からの助言でもあったのでしょう。

まとまった考えを「SAPIO」のような雑誌に形として表すためには3週間もかかるかかってしまうけれど、ネットでは1日もあれば情報は浸透しますからね。
その情報の精度や確かさについてはネットを利用する各人が自覚を持って検証する必要があるけど、だからこそ情報を吟味する力が自然と鍛えられるものだと思います。
とにかく、今はテレビや新聞など従来のメディアを通じたマスコミの姿勢を批判し是正しようとする動きは、ネットが基盤となっていることは間違いないでしょう。
その可能性に、小林さんも託したい気持ちが出てきたんでしょうね。
[PR]

by k_milliard | 2006-09-07 02:53 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(9)
2006年 09月 02日

お赤いのがお好き

これは朝日新聞9月2日夕刊1面の「素粒子」です。

--- 記事引用開始 ---
 
なぜ、いま安倍晋三なのか。
自民党総裁選の会見は拍子抜け。
ア 曖昧、抽象的な公約で
ベ 弁舌さらさら意味不明
シン 新憲法の旗でも振れば
ゾ 族議員の神輿に乗って
ウ 『美しい国へ』行けるのか

総裁選にまぎれて「リハビリ難
民」があふれ出すのか。医療保険
の適用日数制限に44万人余の反対
署名あれど、厚労省は反応せず。

♪白い旗はあきらめた時にだけ
かざすの、今は真っ赤に……。
 
--- 記事引用終了 ---

前半は、朝日お得意の「あいうえお作文」。
安倍官房長官に対する誹謗スレスレな内容だと思うんですが、どうでしょうか。
「意味不明」って言うけど、意味不明に感じるのは「アサヒ脳」な方々だけでしょう。(笑)
今流行の「脳トレ」よろしく、「脱・アサヒ脳トレ」でもやった方がいいですね。

あと、最後の2行が激烈に笑わせてくれます。
やっぱり朝日は、日本が赤くなるのがお望みなのね。

よっ!赤化大将!

宇多田ヒカルの「Colors」から引用するのもいいけどサ、こうも露骨に「アカ宣言」するとはね。
もう誰も止めないから・・・

とっとと本社を北京に移してこいやっ!
(PRIDE高田総統のモノマネでどうぞ)
[PR]

by k_milliard | 2006-09-02 19:17 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(10)
2006年 08月 17日

まだ夏休みボケ

お久しぶりです。
みなさん、お盆はどのように過ごされましたか?
私は家族で海水浴に行ったりと、ゆっくりした夏休みを過ごしてました。

さて、夏休みの間に8月15日を挟んで世間ではいろんな出来事がありましたね。
15日の朝は、テレビ各局が空撮までして小泉首相の靖国参拝を報道しているのを見て呆れてました。
まるで小泉首相が悪いことをしているような扱い。
日本のマスコミは、どうしてそこまで大騒ぎするんでしょうかねぇ。

で、夜は夜でNHKは相も変わらず一般視聴者をスタジオに招いての討論番組を装ったエセ平和主義番組をやっていて、気分が悪くなったのですぐにチャンネルを変えてしまいました。
私が見た時は、ちょうど外交評論家の岡崎久彦氏が話しているときでしたが、しこみ?みたいな参加者と討論させられていました。
大臣とか政治家・評論家をスタジオ中が集中砲火で攻め立てるみたいな映像、NHKはこの手の番組で毎回同じことやってますねぇ。
私は見なかったんですけど、番組の最後の方で首相の靖国参拝に関するアンケートの結果が、支持する方の割合が多かったらしいですね。
もし、それを見ていた方がいましたら、その時のスタジオの雰囲気なんかを教えて下さい。

あと、気になるのは日本の漁船がロシア国境警備隊に銃撃、拿捕された事件。
詳しい話がよく分からないんですが、日本側の言い分はどうなってんでしょうか。
いくらなんでも銃撃ってのが気になってます。
[PR]

by k_milliard | 2006-08-17 17:45 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(13)
2006年 06月 23日

残念無念

2006FIFAワールドカップ ドイツ大会
決勝トーナメント進出チーム
グループE:イタリア ガーナ
グループF:ブラジル オーストラリア

もっとチェコのサッカーを観たかったのになぁ・・・残念!
実はアメリカも好きなチームなんですけど、ガーナの勢いを止めることは出来なかったか・・・
もう・・・好きなチームが全部敗退してしまったよぉ。
あとはポルトガルでも応援しようかなぁ。



・・・日本は、玉田選手の1点、良かったですねぇ・・・

試合終了後、グラウンドに横たわる中田選手の姿が印象的でした。



とりあえず、次に向けて、ガンバの応援でもしようかなぁ。
[PR]

by k_milliard | 2006-06-23 09:44 | 寸評 | Trackback | Comments(6)
2006年 06月 19日

-2

対クロアチア戦、スコアレスドローの引き分けですか・・・

この試合、絶対に勝てると思って安心して観ていたのに、私の素人考えのヨミなんか外れまくり。(笑)
まぁ、点を取れなきゃ勝てませんよねぇ。
次のブラジル戦、2点差以上をつけて勝たなきゃいけないのかぁ。
ただ勝つだけでもシンドイのに、どうしたらいいんでしょうか?

あ、それと、韓国vsフランス。
フランス1点リードの後半、韓国のサイド攻撃に対してフランスのDFの寄せが甘かったのを観て、「もう1度サイドから放り込まれたらヤバいなぁ」と思ってた矢先、案の定入れられて同点にされてしまいました。
フランスのDF・・・ガッカリだよ・・・ orz
まぁでも、次のスイスは勝ってくれると思うので、大丈夫だと思います。
(またも根拠の無い自信;)
[PR]

by k_milliard | 2006-06-19 10:17 | 寸評 | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 13日

逆境に強い日本代表を見たい

2006年W杯ドイツ大会、日本のグループリーグ初戦となる対豪州戦、負けてしまいましたか。

こういうことを言うと怒られるかもしれませんが、私は日本代表が本気&本調子を出すためには、初戦は負けておいたほうがいいだろうと思っていました。
ただ、負けるにしても、1-3で2点差もつけられるとは予想外でしたが・・・
せめて、1-2だろう・・・

どうして、初戦は負けておいたほうが良いと思ったのかと言うと、野球のWBCの場合もそうでしたけど、日本代表は自らを逆境に追い込んだほうが良い動きをすると思うからです。
根拠の無い私のヨミでは(笑)、日本はオーストラリアに負けて、クロアチアに勝って、最後のブラジルとは引き分けるだろうと思っていました。
そうして、オーストラリアとの得失点差の勝負をして、僅かな差で日本が決勝Tに進出する、と。
こうなるには、ブラジルが2勝1分、オーストラリアが日本と同じ1勝1敗1分にならないといけないのですが・・・
それから、得失点が-2になってしまったので、次のクロアチア戦では、ただ勝つだけではなく、2点以上の差をつけて勝たないといけなくなりました。
更なる逆境だなぁ・・・

オーストラリアとの試合、サッカーに詳しくない私が言えることは特に無いんですけど、追加点を取れなかったのが残念ですねぇ。
負けると予想していた私がこんなことを言うのもおかしいのですが、やっぱり日本代表が負けるところを見るのは気持ちのいいもんではないです。

さて、次のクロアチア戦では、どういう日本代表を見ることになるのでしょうか。
このままズルズルと負けてしまうような日本代表ではないと思います。
まず間違いなく、クロアチアには勝ちます。
あとは、相手よりも1本でも多くのゴールを決められるように願うばかりです。
[PR]

by k_milliard | 2006-06-13 01:35 | 寸評 | Trackback(2) | Comments(13)
2006年 06月 06日

梅田の変革期

阪急HD「とにかく強引だった」(デイリースポーツ)
--- 記事引用開始 ---
  村上世彰容疑者の逮捕を受け、阪神株の公開買い付け(TOB)の成立が濃厚になり、阪神
 電鉄と阪急ホールディングスの両社はおおむね歓迎する意向を表明した。また、阪急ホールデ
 ィングスの幹部が「村上さんのやり方は、とにかく強引だった」と語るなど、村上容疑者を批
 判する声も多く聞かれた。
 
  阪急ホールディングスのある幹部は、阪神の経営権取得をちらつかせるなどの、村上容疑者
 の交渉姿勢に対して「とにかく強引だった」と不快感を隠さなかった。それでも「村上氏がや
 っていることを、全否定するつもりはない」と話し、株主価値向上のために企業に経営改革を
 迫る手法自体は評価した。
--- 記事引用終了 ---

統合効果、どこまで? 阪急阪神経営陣に課題(朝日新聞)
--- 記事引用開始 ---
  村上ファンドを率いてきた村上世彰代表は5日の会見で、阪急ホールディングスが阪神電気
 鉄道の株式に実施中の公開買い付け(TOB)に応じる考えを示しつつ、両社が目指す経営統
 合について「効果がいまだにわからない」と訴えた。TOBと統合の成立は確実になったが、
 同様の指摘は関係者の間でもくすぶる。統合に承認を求める6月末の株主総会に向け、阪急・
 阪神の経営陣は効果を具体的に示すという課題を突きつけられている。
--- 記事引用終了 ---

村上ファンドによる阪神株の大量取得が無ければ、おそらくこの時期に阪急と阪神の経営統合という話にはならなかったでしょう。

毎日、通勤で梅田を行き来し、梅田を主なショッピングの場とする身としては、ライバル同士と思っていた阪急と阪神が手を結ぶのは、しっくりこないです。
百貨店は、お互いの長所短所を補いつつ緩やかに統合していくのかなぁ、とイメージが出来るんですけど、電鉄はどうなるんでしょうか。
阪神タイガースは、しばらくの間はこのままの名称で継続するんでしょうけど。

阪急といえば、電車のマルーンカラーと、女性をターゲットにした百貨店のエレガントなイメージが強いです。
私自身が阪急百貨店で買い物をすることはあまり無いのですが、人へのプレゼントとか、滅多に買わない高価なモノなどは阪急百貨店で買います。
一方、阪神の方は、阪神電車に乗ることがほとんど無いので電車のことはよく分かりませんが、阪神百貨店ではよく買い物をします。
名物となったイカ焼きもある食料品売り場にはよく行きます。
それと、自分が着る服とか子供用のグッズなど、生活で使うモノを買います。
阪急電車が好きだしイメージとしては阪急の方がいいんですけど、どういうワケか買い物は阪神ですることが多いです。
ま、私の個人的な話はおいといて。w

現在、梅田は西梅田の再開発がかなり進み、これからは大阪駅北側のエリアの開発が予定されています。
また、阪急百貨店の増改築が進行中で、数年もしたら梅田の風景がかなり変わると思います。
それに加えて、降って沸いたような阪急と阪神の経営統合。
村上さんに対する評価は様々でしょうが、結果的に大阪のキタを代表する梅田の変化に色を付けたことは間違いないようです。
[PR]

by k_milliard | 2006-06-06 11:27 | 寸評 | Trackback(8) | Comments(6)
2006年 05月 08日

願わくば、世界チャンプには人徳を

亀田兄弟、瞬間視聴率40%-平均は関東地区33%(サンスポ)
--- 記事引用開始 ---
  ボクシングの亀田興毅・大毅兄弟がともに勝利した5日の試合を放送したTBS系の
 平均視聴率は、関東地区33・0%、関西地区27・8%、名古屋地区33・9%だっ
 たことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。
--- 記事引用終了 ---

年上とか年下に関係なく誰にでもタメ口で喋るのは、大阪の下町育ちの人に多いと思います。
これって大阪だけの話じゃなく、全国的に下町育ちの人にはありがちな傾向でしょうか?
私の実感としては、特に大阪はその傾向が強いような気がしてます。

誰にでもタメ口って、相手の懐にポーンと飛び込んですぐに親しい間柄になれるから良い面もあるんですけど、唐突に年下の人からタメ口で話し掛けられると、慣れていない人は面くらうと思います。
それが自然な流れの会話であればまだいいのですが、状況的に不自然な場合、戸惑いと共に反感を抱いてしまうこともあります。

今、当代きってのタメ口野郎と言えば、この亀田兄弟を置いて他にはいないでしょう。
この兄弟については好き嫌いがハッキリしてそうですが、私は嫌いですね。w
正確に言うと、この兄弟よりも彼らの父親が嫌いと言った方がいいかな。
この父親の教育方針としては、生活する上での最低限の読み書きさえ出来れば勉強なんかしなくてもいいらしいんですけど、とても最低限のレベルまで教育されているようには見えないんですが。
まぁ、人ん家の教育方針に文句を言うつもりはないですが、そのせいで将来的にこの兄弟が困らないことを祈ります。
それと、既に別れて暮らしているという母親が可哀想だなぁと思います。
そこまでせんと息子を世界チャンピオンに出来ないもんでしょうか。

で、亀田兄弟の試合を見る気は無いんですが、もし試合に負けたらどうなるんだろうかと言う、非常に根性の黒い興味心だけでビデオの録画予約だけはしてたりします。w
先に結果を聞いて、負けた時だけ見ようかなぁ、と。
・・・すいません、性格悪くて。

少なくとも、世界チャンピオンにでもなれば評価をすると思います。
それまでは、まともに試合を見ようとは思わないですね。
[PR]

by k_milliard | 2006-05-08 15:13 | 寸評 | Trackback(7) | Comments(11)
2006年 03月 22日

WBC雑感 その4

好評頂いていたかどうか分かりませんが、いよいよこのシリーズも最終回。(笑
ってか、これ以上ひっぱりようが無いんだけど。

日本が強豪キューバに勝つなんて、凄いですね。
日本の優勝を期待はしてたけど、不覚ながら予想はしてませんでした。

しかし、キューバって強いですねぇ、あらためて思ったけど。
最後の最後までしぶとい!
こういうのを、「敵ながら天晴れ」って言うんでしょう。
この感覚、韓国人には分からないかもなぁ。w

1次、2次といまいち調子の出なかった日本代表でしたが、準決勝からは日本代表の本来の野球が出来て、今思えば優勝するのに理想的なチームの仕上がり具合だったのかもしれません。
いや、やっぱり、もうちょっと準備して練習しといたほうがいいのかな?w

今回、イチローという人の、人となりがよく分かりました。
彼は、すごく素直なんでしょうね、自分に対しても何事に対しても。
思ったことを素直に言っちゃう。
そして、誰にも負けないくらい野球が好きで野球を愛してるんでしょう。
だから、野球を冒涜するような行為(どれとは特定しないけどw)に対しては、誰よりも腹が立つんだと思います。
優勝した直後のインタビューでは、私が知る限り初めて謙虚な発言(自分のプレーよりもチームのことを、と)をしていたのを見て、よっぽど嬉しいんだろうなぁと感じました。

それから、韓国代表及び韓国人は、イチローの発言を(被害妄想的に)きっかけにして奮起し罵声を浴びせてたわけですが、最後には準決勝でねじ伏せて日本代表は勝ちました。
思ったんですけど、これ、これから使えませんかね?
つまり、今後WBCのような大会があるとき、事前に韓国人を触発するようなことを誰かが言って韓国人の反感を買っておき、あえて日本の選手を逆境におき不利な立場にするんです。
そうすることで日本の選手を精神的に鍛えて強くする。
日本が勝つためのモデルケースにする、というか。
サッカーのアジア杯でも、どの試合もオールアウェーの厳しい環境の中を勝ち抜いて日本代表は優勝したわけですが、今回も対韓国戦においてはそういう面があったと思います。
世界レベルの試合で日本の選手が実力を出せないことが多いのですが、もっと精神的にタフになったほうがいいと思うんです。
何度もそういう試合を経験している選手、例えば柔道の谷選手のような人であれば、オリンピックでの戦い方をよく知っていると思います。
でも、今回のWBCの日本代表のように、日本代表としてプレーする経験の無かった選手がいたり、結果を出せないでいる選手の場合、精神性を鍛える意味で、あえて逆境を買って出るのも一つの方法かと思いました。
日本は幸いなことに、お隣に過剰に反応する方々が住んでおられますので(笑)、ちょっと思わせぶりなことを言って触発するだけで炎上する性質を利用しない手は無いでしょう。
彼らにしても、憎い日本人を好きなだけ罵倒できるんだから、いいストレスの発散になるんじゃないかな?(爆
もちろん、日韓戦みたいな場合は、最後にはきっちり日本が勝つことになるんですけどね。
(それで韓国人のストレスがもっと溜まるかもしれない、というのは横に置いておくw)

まぁ冗談はさておき、今回、韓国の選手や応援する韓国人の程度の低さが露呈したのと対照的に、日本の選手や応援する日本人のマナーの良さが際立っていたような気がします。
っていうか、酷かったのは韓国だけって話もあるけど。w
相対的に日本人の評価が上がるから、韓国人にはもっとやってくれ、と言ってみたりりして。(爆
思えば、2002年サッカー日韓共催W杯でもそうでしたよね。
スポーツでは、勝負は試合の内容と結果でつけるのが当たり前だと思うんだけど、韓国の場合はそうじゃなく、罵声を浴びせたり、腹が立つからと意図的なデッドボールもあったし、やり方が子供じみてました。
日本人は、あんなんじゃないからねぇ。
もし、韓国人と同じことを日本人がやったとしたら、エラい非難されると思うし選手としての評価も下がるでしょ。
そういうことを、今回あらためて思いました。
[PR]

by k_milliard | 2006-03-22 03:12 | 寸評 | Trackback(1) | Comments(8)
2006年 03月 20日

WBC雑感 その3

またまた書いちゃいました、野球ネタ。
しつこいですか?(笑

私は正直な話、福留選手のホームランがでるまでは日本が負けるんじゃないかと思ってました。
もちろん日本に勝って欲しいと思い応援してましたけど、無得点のまま後半になるという試合展開は日本にとって不利だと思ったので、半ば諦めかけていました。

で、まぁ、日本が韓国に勝った試合そのものよりも、試合内容とはあんまし関係の無いことを少々・・・

まず、韓国代表チームを応援するために球場に詰め掛けていた人々。
端的に言って韓国人なんですけど(笑)、あの悪名高いサッカーW杯の応援以来、な~んも変わっちゃいなかったですねぇ。
恥知らず、礼儀知らずの韓国人を見ていると、「韓国人」ではなく軽蔑の意味をこめて「朝鮮人」と言いたくなるんですけどね。
なんで、わざわざ嫌われるようなことを世界が注目しているような場所でやれるのか、その神経が分からん。

でも、そのヒントになるような発言がNHKのニュースを見ていたらありました。
それは、韓国が日本に負けたことについてインタビューされていた韓国の若い女性が、
「この恨みは、(サッカー)W杯で晴らす」
という趣旨の発言をしていました。
これです、これ、この感覚。
なんでスポーツの試合に勝っただけで、恨まれないといけないのか。
日本人には、まぁっっっっったく理解の出来ない感覚だと思います。
でも、彼らにはそれが当たり前のような思考であり感情なんですよ。
もちろん全ての韓国人がそうだとは言いませんけどね。
ただ、被害者妄想の強さも手伝ってイチローの発言に触発されていたとはいえ、特にイチローに対しては親の敵のような罵倒をしているそのサマを見ていると、あの熱狂を支えているのは「恨み」という感情なんだ、と納得がいきます。
恨む理由なんかなんでもいいんですよ。(笑
日本の選手にとっては普通の国際戦であっても、韓国の選手及びサポーターにとって日本戦は恨みを晴らす舞台なんですよね。
そりゃあ、モチベーションだって違ってきて当然でしょう。
だから、どんなスポーツでも韓国を相手に戦うのであれば、よほどの力量差が無い限り、日本はそれに匹敵するだけの何かが無ければ精神的なレベルで負けてしまい、試合内容に影響してしまうと思います。

それから、全然関係無いんですけど、韓国代表の帽子には大きな「K」の文字がありましたね。
あれ、「C」でなくてもいいんですか?(笑
オリンピックでなんだかんだと揉めてたみたいだし、やろうと思えば「C」でも可能だったと思うんですけど。
いや~、一体彼らは何にこだわっているのか、よく分からんです。
トリノで達成できたから、もう気が済んだのかな?(爆

なんかもうね、準決勝で韓国に勝っただけで私は満足なんですが。(笑
え?そんなこと言っちゃダメって?
もちろん、日本を応援しますけど、決勝戦ではキューバを相手に日本らしい野球が出来たのなら結果はどうでもいいです。
悔いが残らないように勝負出来ることを願うだけですね。

あ、それから最後にもう一言。
準決勝のチケットは早い段階で売れていたらしいので、球場にはアメリカ人の姿も結構たくさん見受けられたんですが、ネット裏で大きな日の丸を持っていたアメリカ人(かどうかは分からないけど、そう決め付けておく)がいたように、あの試合、アメリカ人は日本代表を応援していたことを信じたいです。(笑
[PR]

by k_milliard | 2006-03-20 01:12 | 寸評 | Trackback(2) | Comments(16)