んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2006年 08月 09日 ( 1 )


2006年 08月 09日

分からない~2006年夏

靖国神社をめぐり、政界で分からないことが続いています。
まずは、麻生外相が靖国神社を国家護持することを提唱していること。

麻生外相、靖国神社の非宗教法人化を(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  麻生太郎外相は8日午前の閣議後の記者会見で、靖国神社問題に関する見解「靖国に
 弥栄(いやさか)あれ」を公表した。宗教法人の靖国神社が全国の護国神社とともに自発的
 に解散して非宗教法人化し、最終的に特殊法人「国立追悼施設靖国社」(仮称)に移行さ
 せ、国家護持することを提唱している。「靖国社」の慰霊対象は特殊法人の設置法に明記
 し、「A級戦犯」分祀(ぶんし)を念頭に「国会が国民の代表として議論を尽くし、決断
 すべきだ」としている。
 
   (以下、省略)
--- 記事引用終了 ---

一番ひっかかるのは、「自発的に解散して非宗教法人化」ってとこ。
ここだけを見たら古賀氏とダブッてしまうんだけど、特殊法人として国家護持したいというのは分からなくはない。
「英霊を国がちゃんと奉ります」というのであれば納得出来る。
だけど、その議論の過程で特亜に配慮してA級戦犯がどうとか分祀しなきゃいけない、っていうのはどうだろうか。
麻生外相が今これを提唱しているのは、次期総裁選に絡んでいて政治的意味合いが強いのか。
そのへんのことが、よく分かりません。

あともう一つ分からないのが、これ。

二階経産相「靖国問題で首相を決めるべきでない」(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  自民党二階グループ会長の二階俊博経済産業相は8日の会見で、「靖国神社の問題で日
 本の首相を決めることを多くの国民は期待していない」と述べ、総裁選では首相の靖国参
 拝問題を争点にするべきではないという安倍晋三官房長官と同様の考えを示した。
 
   (以下、省略)
--- 記事引用終了 ---

二階経済産業相といえば中国参りでお馴染みなんですが(笑)、その方が一転こんなことを言ってるんですねぇ。
急に態度を翻したように見えますけど、ただ単に次期首相として安倍官房長官が有力だから同じ側に立っておこうって魂胆なだけなんでしょうか?
中国寄りの政治家としてイメージが強いから、ここらでクリーンヒットの一つでも欲しくなったか?w
それとも、今までは何らかの思惑があって中国に接触を図っていたけど、これが本当の二階さんなのかな?
[PR]

by k_milliard | 2006-08-09 10:41 | ニュース | Trackback | Comments(12)