んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2006年 07月 21日 ( 1 )


2006年 07月 21日

猫の手も借りたい 昭和天皇のお言葉も借りたい

三国同盟推進の2人批判か(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  昭和天皇はA級戦犯をひとくくりにして批判していたわけではない。
 
  昭和天皇の側近、木戸幸一内相の「日記」をみると、昭和天皇はA級戦犯に同情を示し
 ている。昭和天皇は終戦直後の昭和20年8月29日に「戦争責任者を連合国に引き渡す
 は真に苦痛にして忍び難きところ」、9月20日に「敵側のいわゆる戦争犯罪人、ことに
 いわゆる責任者はいずれもかつては只管忠誠を尽くしたる人々」と語ったという。
 
   (以下、省略)
--- 記事引用終了 ---

すんません、この報道を最初に聞いて思ったのは、このメモが本当に昭和天皇のお言葉を元にして書かれたものなのか?という疑いでした。
その真偽について現時点ではどうこう言えないので、止めておきます。

ただ、この報道以降、いわゆるA級戦犯の分祀論や小泉首相の靖国参拝を批判する声が大きくなったことを考えると、政治的な思惑を考えずにはいられません。
なにより、天皇制を否定しているような側が昭和天皇を政治的に利用している、そのやり方が不快です。
それだけ、これ以上まともに小泉首相並びにその延長線上にあるものを批判する材料が無いという証拠なのかもしれませんが。
そして、このことによって彼らの正体を見たような気もしたので、これはこれで良かったとも思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-07-21 11:00 | ニュース