んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2006年 06月 22日 ( 2 )


2006年 06月 22日

優越感と劣等感は表裏一体

「ブラジル戦では日本応援を」 韓国有力紙異例の論評(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  【ソウル=黒田勝弘】韓国の最有力紙・朝鮮日報が21日、サッカーW杯ドイツ大会の日本
 -ブラジル戦を前に、日本を応援すべきではないかという異例(?)の論評を掲げ話題になっ
 ている。理由は、これまでW杯で日本が登場する試合において、韓国国民が相手国だけを
 一方的に応援しているのはあまりに「偏狭でケチくさい」というのだ。
 
   (以下、省略)
 
--- 記事引用終了 ---

こういう意見が韓国側から出てくるのは良いことだと思いますが、この記事を読んで「たしかにそうだ」と心変わりする韓国人はあんまりいないでしょうね。
一番あり得るのは、韓国が絶対的優位な立場で日本が絶望的に劣勢な場合(日本vsブラジル戦がほぼこれに該当すると思いますが)で、その優越感から溢れ出る「ちょっとぐらい応援しといてやれ」的な「哀れみ」の気持ち程度でしょう。
なにも日本を応援する韓国人がいないと言っているのではなく、本当に日本に勝って欲しいと願う韓国人だったら最初っからそう思っていると思うし、そういう「親日的」な人の割合は5%もいればいいほうでしょう。

別に、いまさら日本を応援してもらわなくてもいいですけどね。
ま、野球のWBCみたいに立場が逆転したら、それはそれで恨みつらみがモノ凄いことになるのは折り込み済みです。(苦笑)
[PR]

by k_milliard | 2006-06-22 11:23 | 朝鮮 | Trackback | Comments(4)
2006年 06月 22日

油断大敵

新任委員に韓国人研究者 海底地形名称小委員会(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  韓国の聯合ニュースは21日、海底地形に関する国際機関「大洋水深総図(GEBCO)」
 が、下部組織の「海底地形名称小委員会」が同日からドイツで開く年次会議の新任委員に
 韓国人研究者を指名することを決めたと報じた。
 
  同小委は海底地名を国際的に認証するため、竹島(韓国名・独島)の領有権問題に絡め
 て日韓が注目してきた。昨年の会議は日本人1人を含む11人の委員で構成。全会一致の
 決定が原則のため、韓国は自国出身の委員がいなくては主張が通る可能性が低いと判断、
 韓国人を委員とすることを目指していた。委員数や任期に関する規定はない。(共同)
--- 記事引用終了 ---

竹島の領有権に絡んだ海底地形名称の問題は棚上げ状態でしたが、韓国が油断ならないのは、こういうことを着実にやってくるからなんですよねぇ。
委員の中に日本人がいるからまだ安心と言えるのかもしれませんが、こういうことはこちらから積極的に動いていかないと、気付いたら「韓国にハメられてた!」という事態を招きかねないと思います。
[PR]

by k_milliard | 2006-06-22 11:02 | 朝鮮 | Trackback | Comments(2)