んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2006年 06月 07日 ( 2 )


2006年 06月 07日

ひょっとして梅田の名物だった?

女装し電車内で下半身を露出…尼崎市部長を逮捕(サンスポ)
--- 記事引用開始 ---
  大阪府警淀川署は5日までに、女装して電車の中で下半身を露出したとして公然わいせつ
 の現行犯で、兵庫県尼崎市健康福祉局総務部長、池内裕容疑者(56)=同県西宮市=を
 逮捕した。容疑を認め「開放感に浸っていた」と供述。同署は身柄を釈放し、書類送検する
 方針という。
 
  調べでは池内容疑者は3日夜、阪急電鉄宝塚線中津-十三間を走行中の普通電車の車
 内で専門学校の女子学生3人に下半身を見せた疑い。かつらとキャミソール、ミニスカート
 で女装し、パンツをはいていなかった。
 
  学生時代から女装趣味があり、13年ほど前から自宅と別に大阪府豊中市にアパートを
 借り、着替えなどに利用していた。3日は大阪市の女装クラブで酒を飲むなどし、アパートで
 着替えて自宅へ帰る予定だったという。
--- 記事引用終了 ---

このニュース、スルーしてたんですけど、ふと思い出したことがあるので。

捕まった時の状況を羅列すると、阪急電車内・かつら・キャミソール・ミニスカート、とあります。
ふと思い出したことというのは、私、この人を何度か目撃していると思います。

会社帰りの事でしたが、割と背が高く浅黒い肌をした男性がピンク系の女性の服を着て阪急梅田駅の改札付近にいたのを目撃しました。
30メートルは離れていたんですけど、そんな格好した人がいたらどうしても目立つじゃないですか。(笑)
私は、そういう変わった格好をした人のところには近づきたくないので、その時も避けました。
その女装をした人は、セミロングくらいの髪型で、たしかにミニスカートでした。
他には、休日の公園でも似たような格好の人を見たことがあるので、おそらく同一人物だと思います。
本人は女装のつもりだろうけど、あれじゃあバレバレの仮装なんですけど。
どうせ女装するなら、女性に見える格好をすればいいのに・・・

私が目撃した人がこの捕まった人かもしれないと気付いた瞬間、「あぁ、あの人、公務員だったのか」と思ってしまいました。
「開放感に浸っていた」ってコトですが、女装だけで満足できなかったのでしょうか。
女装をするなとは言わないけど、節度を持って変装しろと・・・

こういう、変わった格好をした人が近くにいても、私は徹底して無視します。
彼らからすれば、たくさんの人に見てもらいたいんでしょうけど、見てあげなーい。w
私としては迷惑なんですよね。
見たくもないものを見せられているようで、気分が悪い。
だから、どうせ女装をするなら本物の女性らしく振舞って欲しいです、目立たないように。
まぁ、いろんな趣味の人がいるから、あんまり強くは言いたくないので、いつも無視してしまいますが。
[PR]

by k_milliard | 2006-06-07 12:11 | ニュース
2006年 06月 07日

本部と現地法人の関係

エレベーター圧死 メーカー強制捜査へ 制御ソフトに異常か(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  東京都港区の港区住宅公社が管理するマンションのエレベーターで都立高校2年の市川
 大輔(ひろすけ)さん(16)が死亡した事故で、警視庁捜査1課は6日、業務上過失致死容
 疑で、エレベーターを製造した「シンドラーエレベータ」(本部・スイス、日本法人・江東区)な
 どを強制捜査する方針を固めた。警視庁はエレベーターの「ソフト」に問題があったとの疑
 いを強めており、製造元などへの家宅捜索は不可欠と判断した。
--- 記事引用終了 ---

この事故のニュースを聞いたとき、まさか制御系のソフトに欠陥は無いだろうと思ってました。
と言うのも、エレベータに限ったことではないですが、工業製品で制御系ソフトといえばその製品の核になるもので、製品化にあたっては入念にテストが実施されているものだからです。
特に、万が一の事故が人命に直結するような場合は、被害を最小限に留めるようなシステムにしているはず。
ところが、今回の事故の原因が制御系ソフトとなると、エレベーター製造メーカーにとっては致命的なミスと言えます。
少なくとも、この会社の同じタイプのエレベーターに関しては、同様の事象が起きる可能性が高いでしょう。
また、事故のあったエレベータはこれまでにもトラブルが頻繁にあったようですが、おそらく根本的な対策が全くとられていなかったから、このようなことになったんじゃないでしょうか。

製造元の「シンドラーエレベータ」は本部がスイスの会社ですか。
これは私の憶測ですが、日本で発生したトラブルの詳しい内容やその対策などのやり取りが、本部と現地法人との間で上手く機能していないんだと思います。
つまり、製品のトラブル情報が会社の中でたらい回しになり、抜本的対策を責任を持って行う人や組織が無いから、こんな事故が起きてしまったのでしょう。
だから、結論を出すのは早いですけど、この事故は「人災」だと思いますね。
[PR]

by k_milliard | 2006-06-07 11:37 | ニュース