んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2006年 05月 10日 ( 1 )


2006年 05月 10日

生存証明

北朝鮮向け「特定失踪者」ラジオ放送に妨害電波(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  北朝鮮に拉致された可能性を排除できない行方不明者を調べている「特定失踪(しっそう)
 者問題調査会」(荒木和博代表)が、北朝鮮向けに流しているラジオ放送「しおかぜ」に妨害
 電波が発信された。安倍晋三官房長官は9日午後の記者会見で、妨害電波は北朝鮮当局が
 発信しているとの見方を示した上で、遺憾の意を表明した。
 
  「しおかぜ」は昨年10月から始まった短波放送で、第三国の電波配信会社を通じて、北朝
 鮮向けに流している。
 
  当初は特定失踪者や拉致被害者の氏名などを読み上げていたが、段階的に放送内容をリ
 ニューアルしてきた。4月からは、ニュースや解説を流しているほか、元北朝鮮工作員の安明
 進氏(37)が朝鮮語で北朝鮮の人々に決起を促す呼びかけも行っている。
 
  安倍長官は妨害電波について、「北朝鮮国内から遅くとも今月5日ごろから発信されている」
 との見方を示し、「1人でも多くの特定失踪者の人たちに声を届けたいという気持ちでこの放
 送をしているわけであり、こうした妨害は遺憾であり残念だ」と述べた。
 
  調査会では「妨害電波が今後も継続されるか様子をみて、対応を考えたい」としているが、
 妨害電波の発信は北朝鮮側が「しおかぜ」に危機感を抱いていることの表れといえる。対北
 放送の効果が裏付けられた形だ。
--- 記事引用終了 ---

吉本新喜劇のお約束ギャグに、何らかの理由で逃げて来た人を押し入れ等に匿い、そのまん前で両手を広げ「ここには誰もおらへんでぇっ!」と大声をあげる、というものがありますが、それを思い出してしまいました。

放っておけばいいものを妨害せずにはいられなくなったのか、わざわざ反応してくれましたか。
これでは、拉致された人が生存していることを証明してくれているようなものです。
これも、おそらくトップからの指令でしょうけど、やってることが間抜けです。
ひょっとしたら、こういうトラップをいくつも仕掛けていけば、案外簡単に引っかかるかもね。
そのうち、自爆の積み重ねでにっちもさっちも行かなくなるんじゃないかなぁ。
[PR]

by k_milliard | 2006-05-10 11:49 | 拉致事件関連