んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2006年 03月 20日 ( 1 )


2006年 03月 20日

WBC雑感 その3

またまた書いちゃいました、野球ネタ。
しつこいですか?(笑

私は正直な話、福留選手のホームランがでるまでは日本が負けるんじゃないかと思ってました。
もちろん日本に勝って欲しいと思い応援してましたけど、無得点のまま後半になるという試合展開は日本にとって不利だと思ったので、半ば諦めかけていました。

で、まぁ、日本が韓国に勝った試合そのものよりも、試合内容とはあんまし関係の無いことを少々・・・

まず、韓国代表チームを応援するために球場に詰め掛けていた人々。
端的に言って韓国人なんですけど(笑)、あの悪名高いサッカーW杯の応援以来、な~んも変わっちゃいなかったですねぇ。
恥知らず、礼儀知らずの韓国人を見ていると、「韓国人」ではなく軽蔑の意味をこめて「朝鮮人」と言いたくなるんですけどね。
なんで、わざわざ嫌われるようなことを世界が注目しているような場所でやれるのか、その神経が分からん。

でも、そのヒントになるような発言がNHKのニュースを見ていたらありました。
それは、韓国が日本に負けたことについてインタビューされていた韓国の若い女性が、
「この恨みは、(サッカー)W杯で晴らす」
という趣旨の発言をしていました。
これです、これ、この感覚。
なんでスポーツの試合に勝っただけで、恨まれないといけないのか。
日本人には、まぁっっっっったく理解の出来ない感覚だと思います。
でも、彼らにはそれが当たり前のような思考であり感情なんですよ。
もちろん全ての韓国人がそうだとは言いませんけどね。
ただ、被害者妄想の強さも手伝ってイチローの発言に触発されていたとはいえ、特にイチローに対しては親の敵のような罵倒をしているそのサマを見ていると、あの熱狂を支えているのは「恨み」という感情なんだ、と納得がいきます。
恨む理由なんかなんでもいいんですよ。(笑
日本の選手にとっては普通の国際戦であっても、韓国の選手及びサポーターにとって日本戦は恨みを晴らす舞台なんですよね。
そりゃあ、モチベーションだって違ってきて当然でしょう。
だから、どんなスポーツでも韓国を相手に戦うのであれば、よほどの力量差が無い限り、日本はそれに匹敵するだけの何かが無ければ精神的なレベルで負けてしまい、試合内容に影響してしまうと思います。

それから、全然関係無いんですけど、韓国代表の帽子には大きな「K」の文字がありましたね。
あれ、「C」でなくてもいいんですか?(笑
オリンピックでなんだかんだと揉めてたみたいだし、やろうと思えば「C」でも可能だったと思うんですけど。
いや~、一体彼らは何にこだわっているのか、よく分からんです。
トリノで達成できたから、もう気が済んだのかな?(爆

なんかもうね、準決勝で韓国に勝っただけで私は満足なんですが。(笑
え?そんなこと言っちゃダメって?
もちろん、日本を応援しますけど、決勝戦ではキューバを相手に日本らしい野球が出来たのなら結果はどうでもいいです。
悔いが残らないように勝負出来ることを願うだけですね。

あ、それから最後にもう一言。
準決勝のチケットは早い段階で売れていたらしいので、球場にはアメリカ人の姿も結構たくさん見受けられたんですが、ネット裏で大きな日の丸を持っていたアメリカ人(かどうかは分からないけど、そう決め付けておく)がいたように、あの試合、アメリカ人は日本代表を応援していたことを信じたいです。(笑
[PR]

by k_milliard | 2006-03-20 01:12 | 寸評 | Trackback(2) | Comments(16)