んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2006年 02月 10日 ( 1 )


2006年 02月 10日

悪ノリなら止めてくれ

“おとり捜査猫”活躍?! NYで無免許獣医逮捕(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  米ニューヨーク・ブルックリンの検察局は9日までに、検事補が飼っている雄猫が“おとり
 捜査官”として活躍、無免許でペットに手術を行っていた疑いが持たれている男(28)の逮
 捕に貢献したと発表した。
 
  猫は生後8カ月のフレッド。男は昨年8月、ブルックリン在住の市民が飼っている犬に獣
 医師免許もないのに手術を行って傷を負わせた疑い。
 
  告発を受けた検察局がフレッドをおとり捜査官に“抜てき”、去勢手術を受けたいと男に連
 絡。指定された住宅にやって来た男は、飼い主になりすました検事から手術代135ドル(約
 1万6000円)を受け取り、フレッドを連れて行こうとしたところで現行犯逮捕された。
 
  8日開かれた記者会見にはフレッドが青い捜査官のバッジを首に着けて出席、報道陣の
 カメラのフラッシュを盛んに浴びていた。(共同)
--- 記事引用終了 ---

> 記者会見にはフレッドが青い捜査官のバッジを首に着けて出席

アメリカ人の、こういうジョークが好きです。(笑
私が今まで知り合ったアメリカ人も、おおむね明るい人ばかりで、ノリがいい印象が強いです。
カナダの人は温厚でおとなしいイメージが強いかな。
イギリスの人は、明るいんだけどどこか斜に構えてるというか、ジョークにも毒がある感じ。

で、シャレの分かるアメリカ人もいる一方、こういうのには反発を覚えてしまいます。

米国産牛肉「再禁輸は不当」 米議員が日本の対応非難(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  米上院のボーカス議員(民主党)は9日、加藤良三駐米大使と8日に会談し、米国産牛肉
 の対日輸出を早急に再開するよう要求したことを明らかにした。会談にはグラスリー財政委
 員長(共和党)も同席、再禁輸に踏み切った日本の措置を「不当だ」と非難し、再開が遅れ
 た場合には議会からの「強い反応」を招きかねないと警告した。
 
  ボーカス議員らは、対日輸出が「技術的な違反」で停止されたことについて「議会では不
 満の声が多数上がっている」と指摘。「日本の政治家の発言には根拠がなく、全く受け入れ
 られない」とも述べ、米国での視察後に米国産牛肉の安全性に疑問を投げ掛けた日本の
 民主党議員らを批判した。
 
  これに対し加藤大使は、米政府による報告書の内容を踏まえて検討する方針を説明し
 た。
 
  この問題では、下院農業委員会のグッドラッテ委員長(共和党)も日本に対し経済制裁の
 発動を検討する可能性を示唆している。(共同)
--- 記事引用終了 ---

はっはっはっ、日本に経済制裁発動ですか?
ボーカス議員らが言う

> 「日本の政治家の発言には根拠がなく、全く受け入れられない」

って、まるでどこかの半島の上半分が言ってることと「クリソツ」だと思ってしまうのは私だけでしょうか?(爆

まったく、属国と見下してる相手には言いたいこと言って。
この手の連中の中には、日本の正確な位置とか分かってない奴が結構いるんじゃないの?
だいたい、牛肉の輸出が止まってしまった理由が「技術的な違反」程度の認識しかないんだとしたら、アメリカの技術力もたいしたことないね。
アメリカって、そんなもんですか?
今までアメリカの工業力とか技術力にはそれなりの評価をしてきたつもりだけど、実情はボロボロなんだね。
[PR]

by k_milliard | 2006-02-10 12:38 | ニュース