んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 12月 27日 ( 3 )


2005年 12月 27日

漆黒の闇に点る豆電球の灯り

中国の知的財産保護「輝かしい進展あった」と自賛(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  新華社は27日、知的財産権保護について「輝かしい進展があった」と自賛する
 長文記事を配信した。海賊商品の横行で高まる国際社会の中国への批判に反論する
 狙いがあるようだ。
 
  記事は昨年9月から今年末まで、中国政府が全国の各組織を主導し徹底した知的
 財産保護運動を展開したと強調。施行した条例、摘発した事件などを詳細に伝え、
 「コピー商品を販売した業者を取り締まった上海市政府に日本の有名企業9社が謝意
 を表明した」などと成果を誇示した。
--- 記事引用終了 ---

韓国や○価学会の例を見るまでもなく、己の成果を自画自賛する行為ほど、怪しく見っとも無いモノは無いね。
端的に言うと、気持ち悪い。
ましてや、海賊版に関しては覇王ユニバーサル級のチャイナさんが自画自賛ときた日にゃあ、「どの口が言ってるんだ」と、ヨドバシカメラでデジカメを物色している中国人ツアー客の唇の一つでもつねってやりたくなります。(エイッ

で、その上海市政府に謝意を表明した日本の有名企業9社ってどこかな?
そりゃあ、取り締まりはやらないよりはやったほうがいいに決まってるけど、謝意を表明なんて出来レースっぽいよなぁ。
なんかこれ、盗賊一味に囲まれた状態で盗まれた物品を一つだけ返してもらったコトにして「ありがとう」と無理やり言わされてる瞬間を新聞の一面に載せてやったぞ、みたいな感じですよ。
[PR]

by k_milliard | 2005-12-27 17:48 | ニュース | Trackback | Comments(6)
2005年 12月 27日

クロテナガザルにもジャイアントパンダ並みの基本的動物権を!(by動物権擁護団体)

保護怠り、絶滅寸前 中国海南島固有のサル (産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  中国の有力紙、中国青年報は27日までに、海南省林業局が保護策を怠ったため、
 海南島固有のクロテナガザルが14匹にまで減少し、絶滅の危機にさらされていると
 報じた。同紙は「絶滅は目前に迫っている」と、早急に対策をとる必要性を訴えてい
 る。
 
 (途中、省略)
 
  同紙によると、このサルがすむ同省の覇王嶺国家級自然保護区の面積は300平方
 キロ近くに達するが、保護にあたる職員はわずか20人。保護区には民間団体が寄付
 した監視所と安普請の事務棟などがあるだけで、保護区を示す立て看板や柵もなく、
 部外者が狩猟や伐採を好き放題にできる状態だという。
 
  また政府が人工繁殖を目的に省林業局に交付した「クロテナガザル繁殖センター」の
 建設費は保護区に渡っておらず、地元の関係者からは「林業局が金を使い込んだ」と怒り
 の声も上がっている。
--- 記事引用終了 ---

まさに支那クオリティ全開ですな。
これ、ひとよんで「チャイナ・フルスロットル」(笑

悪いのは汚職まみれと思われる海南省林業局の職員なんでしょうけど、ちなみにこの「覇王嶺国家級自然保護区」ってインパクト強いな。
「覇王」で「国家級」だもの。(笑
「国家級」でこの有様なのか、「国家級」だからこの有様なのか、どうでしょうか?

それから、絶滅しかけの動物を保護しないといけないというのは、あちらではどのくらい浸透してるんでしょうか。
中国ではサルも食べるらしいから、このクロテナガザルも食用にしたり皮を加工したりしてるんでしょうねぇ。
「生き物は絶滅しかけが一番美味いアルヨ」なぁ~んて言って食べてたりして・・・失礼;

それから最後に一言。
「クロテナガザルが絶滅しそうなのは、日本人が虐殺したからだ」などと言う類いの捏造クレームで日本に金をセビりに来るのだけは止めてね。(爆
それに便乗して日本の政治家もワザワザ向こうに行って記念館とか作ってこないように、よろしく!
[PR]

by k_milliard | 2005-12-27 11:24 | ニュース | Trackback | Comments(2)
2005年 12月 27日

「認定」あなたは中核派の仲間です

扶桑社教科書の不採択運動 中核派、深く関与(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の中学歴史・公民教科書の
 不採択運動で、過激派の中核派が市民運動を偽装して深く関与していたことが、警察庁と
 公安調査庁がそれぞれ公表した今年の「治安の回顧と展望」「内外情勢の回顧と展望」で
 分かった。
 
  警察庁は、扶桑社教科書採択阻止について、中核派が(1)イラク問題(2)「日の丸・
 君が代」問題(3)東京都議選-の「三大闘争」と同等に重視したと分析。「『つくる会
 の教科書採択に反対する杉並親の会』と共闘して、市民運動を装いながら、杉並区役所の
 包囲行動、同区教育委員会への抗議・申し入れ、傍聴等に取り組んだ」と記述した。
 
  公安調査庁も、中核派が杉並区役所前で街頭宣伝や「人間の鎖」を行ったと認定。教員
 に浸透を図る「教労(教育労働者)決戦」の一環として、教職員組合や市民団体に対し、
 同派系大衆団体を前面に立てて共同行動を呼びかけたと指摘している。
 
  また、卒業式・入学式での国旗掲揚・国歌斉唱反対運動についても「都立高校の周囲に
 活動家を動員して、ビラ配りに取り組んだ」(警察庁)、「東京をはじめ大阪、広島などで
 ビラを配布した」(公安調査庁)などとして、中核派の関与を明らかにしている。
--- 記事引用終了 ---

今年も終盤に来て大きな偽装問題が世間を騒がしているけど、これもちょっとした偽装問題だよなぁ。

この夏、教科書採択の現場で私が目撃したのも、やはり中核派だったのかもしれない。
それと、こういう実態を知らずに動員されていた、人の良さそうな年配の女性たち・・・いつ目が覚めるんだろう。
平和のため、子供のためと思ってやっていたことが、実は過激派という暴力的な輩と一緒になって活動をしていたことを知ったら、目覚めも悪かろう。(笑

でも、偽装されていて中核派だなんて知らなかったからといって、彼女達に同情は出来ませんねぇ。
少なくとも、批判している教科書ならザッとでも読んでから自分の頭で良し悪しを判断すべきだし、そういう運動に参加するからにはそれによって生じる結果にも「一参加者」とは言え、ある程度の責任はあるはずですから。

「平和を声高に叫ぶ人こそが、実は目的の為には手段を選ばない人だった・・・」
中世の時代なら、こういう話を物語として寓話とか昔話として子供達に語り継ぎ、人生を失敗しないための教訓にしていたことでしょう。
[PR]

by k_milliard | 2005-12-27 10:13 | 教科書採択 | Trackback(9) | Comments(4)