んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 12月 14日 ( 1 )


2005年 12月 14日

中国様に比べたら、日本なんかとてもとても・・・

「中国は有史以来の平和国家」 外務省副報道局長(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  中国外務省の秦剛副報道局長は13日の定例会見で、「歴史上、中国は他国を
 侵略したことはない」と言明、中国が有史以来一貫して平和国家だったと強調した。
 
  副報道局長は日本の政治家による「中国脅威論」に対し「中国人民は常に平和を
 尊ぶ伝統を持ってきた」と反論。逆に「日本は領土で中国の25分の1、人口で
 10分の1しかないのに強大な軍事費を維持している。日本の目的は何なのか」と
 批判した。
 
  中国は1949年の共産党政権誕生以来、50年の朝鮮戦争、62年の中印国境
 紛争、69年の中ソ国境紛争、79年の中越紛争など数多くの軍事紛争を経験して
 いる。(共同)
--- 記事引用終了 ---

いやぁ~最近仕事が忙しくて、とうとう目の疲れもピークに達したのかと思ったら、そうじゃなかった・・・
中国外務省の副報道局長が定例会見で、

> 「歴史上、中国は他国を侵略したことはない」と言明

してたんですね・・・
この発言、日本で反戦平和的活動をしている市民団体の皆さんはどう思うのかな?

で、続けてこの記事も読んでみる。

中国の武器供与に不快感 ネパールでインド外務次官(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  ネパールを訪問したインドのサラン外務次官は13日、カトマンズで記者会見し、
 中国がネパールに武器を供与していることに不快感を表明、中国に対し、ネパール
 の政治勢力の和解を促す努力を行うべきだとの考えを示した。
 
  ネパールでは直接統治を続けるギャネンドラ国王に対し、主要政党と反政府武装
 組織ネパール共産党毛沢東主義派が共闘する構図となり、中国の武器供与により政
 府軍と毛派の戦闘が激化するとの懸念がある。
--- 記事引用終了 ---

直接、戦車とか戦闘機で攻撃するのだけが侵略じゃないと思います。
こうやって、少しずつ他国に勢力を拡大していき裏でこっそり反政府組織を支援なんかしたりして、その国を混乱に貶める。
たしかにこの件では軍隊は侵攻してないけど、中国は周辺国に対して巧みに影響力を行使し、その先にある目的を達成しようとしているように思えます。
今時、いきなり侵略したってそんなの認められるわけないしね。
中国だってバカじゃないんですから。
あくまでもその国の内乱という形で戦わせて、自分に有利な体勢になってから段階的に吸収していく。
だとすると、今ネパールで起きていることは、危険度レベル3くらいにはなってますね。
そう思って最初の記事の発言にもう一度触れると、なんとも味わい深いものを感じます。

日本はまだネパールのようにはなってないけど、その萌芽を感じることは大いにあるんじゃないでしょうか。
[PR]

by k_milliard | 2005-12-14 10:30 | ニュース | Trackback(1) | Comments(11)