んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 11月 29日 ( 3 )


2005年 11月 29日

スターの名を汚すべからず

韓国MBC報道にネットで批判沸騰 クローン胚研究問題(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  人のクローン胚(はい)分野で世界の注目を集める韓国ソウル大の黄禹錫(ファン・ウソク)
 教授の研究をめぐり、問題点を報じたMBCテレビの番組に対し「国益に反する報道」との
 批判がインターネットを中心に沸騰。番組スポンサー12社のほとんどが広告打ち切りなど
 の意向を示し、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が“仲裁”に乗り出す騒ぎに発展している。
 
  MBCは22日、調査報道が売り物の時事番組で黄教授チームの研究過程で卵子を提供
 した女性に金銭が支払われていたことなどを伝え、倫理的問題があると指摘。疑惑は以前
 から伝えられていたが、24日に黄教授が事実を認め、細胞バンク責任者を辞任すると表明
 すると批判の矛先がMBCに集中した。
 
  黄教授が韓国で「スター」となっていたこともあって、ネットでは「民族の反逆者」とMBC攻
 撃が過激化し、番組スポンサーへの抗議も展開。26日にはソウルのMBC本社前で抗議
 集会も開かれた。
 
  しかし盧大統領は27日、青瓦台(大統領官邸)ホームページに異例の談話を掲載し「私
 もMBC報道に腹が立った」としつつも「広告取り消しは度を越している」と批判をいさめた。
 
  28日付の韓国各紙も「国益だけを掲げて報道を否定するのは非理性的」(京郷新聞)、
 「報道を売国行為と責めるのは望ましくない」(韓国日報)と報道、冷静な対応を呼び掛ける
 声も出始めている。(共同)
--- 記事引用終了 ---

日本で報道機関やメディアが批判されるのは、報道内容が偏っていたり事実に基づかない内容、酷い場合は捏造記事だった時だと思います。
特定アジアに配慮し過ぎた報道なんかもネットでは「売国的」と猛烈な批判がなされる場合がありますが、まだまだネットに疎い人を巻き込むほどにはなっていないと思います。

ところで、韓国では報道内容を当事者が認めていて客観的なものであっても自国の「誇り」に傷がつくような発言は許されない風潮がある、これはそれを証明するような記事ですね。
いかにも韓国らしいと言うべきか。
さすがに報道機関は冷静なコメントしてるけどね。

しかし「民族の反逆者」ってのは凄いよね。
こんなフレーズ、日本人には思いもつかないっす。(脱帽)
よっ、特定アジア一!(笑

あと、ちょっと笑ってしまったのは、盧大統領が、

> 「私もMBC報道に腹が立った」

っての。
おいおい、これが一国のリーダーの言うことか!?(爆
久しぶりに、このツッコみを入れさせて頂きます。

ダメだ、こりゃ!
[PR]

by k_milliard | 2005-11-29 12:02 | ニュース | Trackback(4) | Comments(9)
2005年 11月 29日

うやむやにせんでくれ、頼む

金属廃棄物に放射能汚染? 中国、中央アジアから輸入(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  中国新疆ウイグル自治区で、カザフスタンやキルギスなど中央アジア諸国から輸入した
 金属廃棄物を検査した検問所の職員が、脱毛や記憶力低下などの症状を訴えていることが
 分かった。
 
  新華社発行の週刊紙「国際先駆導報」が28日までに、一部の廃棄物が基準値を超える
 放射能を帯びていたことが原因と伝えた。
 
  同紙は旧ソ連時代の核実験場の廃棄物などが流入している可能性を指摘。自治区当局者は
 カザフやキルギスの当局と外交ルートを通じ交渉する必要があると訴えている。
 
  ある検問所では1月から10月末までに、2万1000トンの放射能を帯びた金属廃棄物を
 送り返したほか、2カ所の検問所でも1月から9月までに計4600トン以上が見つかった。
 (共同)
--- 記事引用終了 ---

ここ数日だけでも炭鉱事故と河川汚染で大変なのに、それに加えて今度はまたどエラいネタやなぁ。
今、中国はこの手の地球に優しくない事件に関しては世界一ですね。
よっ、世界一!(笑
って、冗談はともかく(失礼)。
この記事だけでは放射能汚染の疑いのある金属廃棄物の行方が分からないんですが、

> 旧ソ連時代の核実験場の廃棄物などが流入している可能性を指摘

ってことなので、これが既に何らかの加工を施され都市部の開発に利用されているかも・・・
     ガクガクガク ブルブルブル
そうなっていないことを祈るばかりですが、想像をたくましくすると、北京五輪で世界中から来た人がスタジアムとか施設で放射能に晒される事態になれば、9.11同時多発テロ以上の被害になるかもしれないですよ。
この事件、中国だけが悪いわけじゃあないけど、もし真相が不明なままフェイドアウトしたら、当分の間というか、もう中国には行かないほうがいいですね。
それと、現地の在留邦人が心配だなぁ。
場合によっては退避勧告が必要になるかも。
[PR]

by k_milliard | 2005-11-29 11:14 | ニュース | Trackback | Comments(2)
2005年 11月 29日

懸命な選択

中国、爆発事故が経済に影・工場や炭鉱で相次ぐ(日経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  【重慶=宮沢徹】中国の生産施設で爆発事故が相次ぎ、経済に悪影響が広がる恐れが
 出てきた。今月だけでも化学工場や炭鉱で10件以上の大規模な爆発事故が発生、供給
 不足の懸念から製品の価格が上昇し始めた。中国政府は再発防止へ向けて企業の安全
 管理規制を強化する方針。原材料価格の上昇や安全対策費用の上乗せが中国の強みで
 ある低コスト構造を揺さぶる可能性もある。
--- 記事引用終了 ---

> 経済に悪影響が広がる恐れが出てきた。
そういう見通しはずっと前から可能だったと思うんですが、経済の専門家とか記者で今頃こんなコト言ってる人がいるとしたら、その仕事辞めたほうがいいですよ。

> 製品の価格が上昇し始めた
> 中国の強みである低コスト構造を揺さぶる可能性もある
中国はもうダメぽ・・・(笑
2005年の終盤にきてこの状態。
はたして来年は、2008年はどうなっていることやら。
それと、中国に進出してる日本の企業はこれからどうするんでしょうか。
とっとと他の友好的に付き合えそうな国に工場を移転させるとか考えた方が懸命だと思うんですがねぇ。
[PR]

by k_milliard | 2005-11-29 09:46 | ニュース | Trackback | Comments(0)