んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 11月 21日 ( 1 )


2005年 11月 21日

全部俺のモノ

強権的な土地収用を批判 中国誌、日本と比較(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  中国誌「南風窓」はこのほど、日本の土地制度と比較して自国の強権的土地収用の実態
 を批判した記事を掲載、中国では収用後に開発した巨大ビルや大通りが住民のニーズに
 合わないケースが多く、土地が無駄になっていると指摘した。
 
  中国各地では、地方政府が都市整備や開発区造成などを理由に強引な土地収用を進め
 て住民と当局側が衝突、社会問題化しており、同誌は日本の土地制度について「政府も住
 民の土地を没収する権利はない」と紹介している。
 
  記事は、大阪府高槻市の例を取り上げ「市の中心部に水田があった。所有者に売却意思
 がなく、市側が土地収用できないためだ。日本国憲法は個人の土地所有権をここまで保証
 している」と指摘した。
 
  日本の土地制度下では都市整備が難しく、細い路地には消防車が入れないなどの問題
 点も挙げているが「(自治体は)超小型の消防車を開発し、問題解決を目指している。中国
 人には驚きだ」と強調。中国の国内事情については「農民が土地を奪われ、田畑が荒れ果
 てている」と伝えた。(共同)
--- 記事引用終了 ---

日本を引き合いに出して自国の不備を語るのは「兄貴分」韓国のお得意芸ですが(笑)、とうとう「親分」中国でもこんな記事が出るようになりましたか。
(「」内は皮肉で言ってますよ~w)

中国の土地収用に関するトラブルは今年だけでも何度も目にしているので特に驚きはないですけど、中国国内でこのような論評がされているのは民主化の影響でしょうか。
それだけ、中国の人権意識の低さ(無さ?)が露呈しているようにも思えます。
東シナ海のガス田みたいに、中国は平気で「日本のモノは俺のモノ」って態度だから、「人民のモノは『当然』共産党のモノ」というコトでしょう。
強引に開発を進めなきゃいけない実情もあるんだろうけど、このツケはきっと近い将来ハネ返ってくると思います。

まぁあれだね、新幹線の技術は教えられないけど、人権思想の何たるかくらいは教えてあげてもいいよね。
幸い、日本には人権問題を専門とした活動家やプロ市民な方々が多数おられますので、彼らを丸ごと放出してあげてもいいですよ。
あ、利子なんかいりませんから、無償で差し上げます。
せいぜい、彼らの言うことをよ~く聞いて下さい。
これで日本以上の人権国家に生まれ変わること間違いなし!
よかったですね。 (^o^/~


ところで(笑)、私は大阪市民じゃないですけど、

> 開発した巨大ビルや大通りが住民のニーズに合わないケースが多く、土地が無駄になっている

という指摘は耳が痛いですね。(苦笑
府民の私が言うのもなんですが、大阪市は世界一ムダが多い街だと思います。
誰が市長になっても大変だろうなぁ。
[PR]

by k_milliard | 2005-11-21 13:46 | ニュース | Trackback(4) | Comments(7)