2005年 11月 05日 ( 1 )


2005年 11月 05日

この罰当りがっ!

女人禁制の大峰山で女性ら3人が登山強行(朝日新聞)
--- 記事引用開始 ---
  女人禁制が1300年間続く修験道の聖地、奈良県天川村の大峰山への登山を
 目指すと公表していた性同一性障害を持つ人ら35人のグループが3日、現地を
 訪れた。女性の立ち入りを禁じる結界門(けっかいもん)の手前で地元住民約10
 0人と議論した結果、改めて話し合いの場を設けることで合意して解散したが、そ
 の後にメンバーの女性ら3人が登山を強行した。
 
  住民側が結界門前で待ち構える中、午前9時50分ごろにグループが到着。地
 元・洞川(どろがわ)地区の桝谷源逸(げんいち)区長(59)は「先人から受け継い
 だ伝統や生活がある。地元の心情を理解してほしい」と登山中止を求めた。グル
 ープ側は今後も話し合いを続けてほしいと要望した。しかし、午後0時半ごろ、3
 人が結界門をくぐって山に入った。その1人は「問題提起をしたかった」と説明し
 た。
--- 記事引用終了 ---

性差別かなんか知らないけど、こんなの地元の人や大峰山を信奉する人にとっては迷惑でしかない。

話し合いの合意をしておきながらそれを破り登山を決行した、と。
このやり口の汚さ、過激派そのまんまじゃないか。
最初っからまともな交渉する気なんか無かっただろ?
嫌がる相手に対し、それを知りながら無理やり迷惑行為をするのはセクハラと一緒。
性同一障害?そんなの関係ないよ。
君ら利用されてるだけだって。
どんな崇高な理想を掲げたって、やってることが理性的でないんじゃ世間の共感は得られません。

私は古い考え方の人間だからかもしれないけど、自然への畏怖心無きこんな奴らは絶対に罰が当たるよ。
[PR]

by k_milliard | 2005-11-05 08:02 | ニュース