んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 11月 01日 ( 1 )


2005年 11月 01日

大臣になるのって

官房長官に安倍氏 麻生外務、竹中総務 小泉改造内閣(産経新聞)

第3次小泉改造内閣発足。
安倍官房長官には期待してます。
麻生外相はいいとは思うんですけど、どうでしょうか。
よく分からないけど、なんか引っかかるモノがある。
近隣諸国向けにはズバズバ言ってくれそうだからいいのかな。

大阪の人間としては、大阪選挙区の中馬弘毅さんが行政・規制改革担当相になったことに興味を引かれました。
この内閣で抜群の悪人顔(笑)で、行革をビシバシやって下さい。

大臣に選ばれるのって、大方の普通の国会議員にとっては一応の「アガり」みたいなモノかと思うんですが。
次期首相候補と呼ばれている人や野心ギラギラな人は別として、「政治家たるもの一度は大臣に」と思ってる人は多いんじゃないでしょうか。
ニュースでは新内閣発足後の好例になっている、新官房長官が閣僚に選ばれた人の名前を読み上げるのに合わせてその人が報道陣の前を横切る映像。
あれを見てたら、大臣止まりの人なのか、もっと上を狙っている人なのかが、なんとなく分かるような気がします。
だって、やっと大臣になれた人にとっては、それが人生の花道なワケですから自然と表情にも出てくるでしょう。
って見方で中馬さんを見てたら、「あぁ、アガれて良かったね」と思ってしまいました。
(いやいや、ちゃんと仕事してもらわないと困るけど)
[PR]

by k_milliard | 2005-11-01 11:35 | ニュース | Trackback(4) | Comments(9)