んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 10月 15日 ( 1 )


2005年 10月 15日

踏み込めっ!

朝鮮総連系の団体幹部2人逮捕 薬事法違反容疑(産経新聞)
--- 記事引用開始 ---
  在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下団体の関係者による薬事法違反事件で、警視
 庁公安部は14日午後、医薬品を無許可で販売したなどとして同法違反の疑いで、医薬品
 製造会社「エムジー製薬」(兵庫県芦屋市)の社長、玄丞培(ヒョン・スンベ)(69)=埼玉県
 戸田市、システム会社「メディア・コマース・リボリューション」(東京都豊島区)の社長、鄭明
 洙(チョン・ミョンス )(53)=さいたま市桜区=の両容疑者を逮捕した。
--- 記事引用終了 ---

朝鮮総連関連団体への捜査、やっと出来たのか、と言う思いです。
もちろん法律に基づいた適正な犯罪捜査ですが、本丸はまだまだこれからでしょう。

私はニュース映像ではあまり詳しい状況を見れませんでしたが、ネットの画像などで濃ぃ~のを見ました。
さて、家宅捜索に抵抗していた朝鮮人を見て皆さんはどう感じましたか?
皆さんの中には、ちょうど10年前、上九一色村でのオウム真理教教団施設・サティアンへの強制捜査とダブった方もいるかもしれません。
あの時にも抵抗していた信者がいたように思います。
で、今回抵抗していた朝鮮人の多くは、ほとんど本気でこの家宅捜索を「民族差別」だと考えているはずです。
状況的に、オウムの末端信者のように彼らも「洗脳」されているだけなのではないのか、と思った人もいるかもしれない。
たしかに、それに似た状況はあるとは思いますが、総連関係の朝鮮人の場合は何十年もずっと日本に敵対心を持ってきた人たちですから、もう確信犯と考えていいでしょう。
この特異な一つの社会・運命共同体の中にあっては、何が白で何が黒なのか、一般的な常識とは相容れない価値観が支配していると思います。
例えば、彼らの中に日本人の拉致事件に関与した人物がいたとして、それが半ば公然の事実だったとしても、彼らはそれを隠し・庇い、日本の捜査に抵抗してくるはずです。
今回のように、明らかに日本側と総連側がぶつかり合っている状態では、朝鮮人という「つながり」がより強固に結束を固めてしまうことでしょう。
これは朝鮮人を庇って言っているのではなく、「日本人よ、甘い考えは捨てなさい」という思いで言ってます。
良心的な日本人が彼らに対してどう説得したとしても、絶望的な確立で分かってもらえないと思ったほうがいい。
話せば分かり合えるとか、そんな甘い考えは捨てておかないと火傷をするだけです。

やっと手をつけれた朝鮮総連です。
拉致事件の解明のためにも、捜査の手を緩めてはいけません。
激しい抵抗に遭うのは分かっていたことです。
時には条件交渉や取引を持ちかけてくるかもしれませんし様々な圧力もかかることでしょう。
しかし、徹頭徹尾、最後まで厳しい態度で望まないと上手く逃げられてしまうので、捜査当局の皆さん、ここは日本人の総意として「頑張って下さい、応援してます」そう言いたいです。
[PR]

by k_milliard | 2005-10-15 02:59 | 拉致事件関連