んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 09月 08日 ( 2 )


2005年 09月 08日

無邪気な犯罪? 幼児性お遊び症候群

消火剤事件で18歳少年逮捕 15歳少女も事情聴取(産経新聞)
>  神奈川県藤沢市で7日、軽ワゴン車から消火剤がまかれ、市立高倉中の生徒6
> 6人が軽症となった事件で、神奈川県警は8日、傷害容疑で同校3年の女子生徒
> (15)の事情聴取を始めた。

>  女子生徒は「消火剤をまいて遊ぼうと思った。中学生がいたのでかけた」と話して
> いる。同校によると、少女は3年になり、登校回数が減っていたという。

消火剤をまいて遊ぼうと思った」って・・・ (+_+;

ふぅ~ん、いいなぁ、後先考えずに遊べて。
はは・・・でも、これ、ただのイタズラでは済まないっすよ。
このご時世、場所が場所ならテロ犯になりかねないもんな。
昔なら、こんなコトしたら親に半殺しの目に遭うくらいメチャクチャ怒られてたと思うんだけど、誰か責任持って怒る奴いないのか?
なーんかこの娘、たいした反省も無くいつものように朝を迎えハッピーな毎日を過ごしてそうな予感。

それと、「中学生がいたのでかけた」って・・・ (i_i;

そこに中学生がいました  だ・か・ら  消化剤をかけましたぁ マル
そのワケの分からない理屈、いろいろ応用ききそうだ。

   通行人がいたので刺した
   子供がいたので誘拐した
   戦争を美化している教科書があるらしいので反対運動に参加した
   世の中が間違っているので要人を暗殺した
   憲法9条を改正したので他国を侵略した


それから、こんなニュースも。

娘の足に落書き「ざんねん」 虐待で起訴の父(産経新聞)
>  群馬県渋川市で先月、生後26日の二女を虐待し意識不明の重体にさせたとして
> 父親が傷害容疑で逮捕された事件で、父親が二女の左足に油性マーカーで「波田
> 陽区ざんねん」と落書きしていたことが7日、前橋地検などの調べで分かった。

>  県警などによると、虐待の動機は「遊び感覚」(捜査幹部)だったらしい。

こんなトコで名前を出された波田陽区はエラい迷惑だけど、まさか波田陽区の芸が事件を助長させた、な~んて言うアホおらんやろなぁ。(笑

しかし・・・最初の消化剤娘といい、この油性マーカーバカッ親といい、どうやら日本は年中いたる所でお花畑が満開なようですねっ!
あぁ幸せ(ハァト

こんな、遊びと犯罪の区別がつかないような奴は、ムショじゃなくて再教育センターにでも入れて人格を矯正してもらったほうがいいかもね。
あぁ、そういう分野は中国とか北朝鮮がお得意のようだから、このさい近隣諸国に面倒見てもらいますか。
案外、喜んで受け入れてもらえるかも。
ただし、何色に染まって帰ってくるかは知らないけど・・・



(最後は冗談ですよぉ~、本気にしないでねぇ)
[PR]

by k_milliard | 2005-09-08 15:22 | ニュース
2005年 09月 08日

沈静化を図る北朝鮮の攻勢

埋没する拉致問題=家族に危機感-横田夫妻ら応援に奔走【05衆院選】(Yahoo!ニュース 時事通信)
>  郵政民営化、年金、政権選択…。本格的な論戦が始まった衆院選で、北朝鮮による拉致問題は
> ほとんど話題に上らない。外交交渉は途絶え、拉致被害者の家族会が求める経済制裁も実現の
> 見通しが立たない。「どれだけの国会議員が自分の問題として考えているのか」。家族らは危機感
> を募らせている。

>  家族会は特定候補の応援はしないが、拉致問題に積極的に取り組んできた超党派の拉致議連
> 役員については、メンバーが個人で応援している。

>  早紀江さんは「本当に大事な問題なのに、多くの候補者が拉致問題に触れないのが不思議でな
> らない」と話した。

珍しく2ちゃんねるを覗いてみると、横田さんたち家族会の方が拉致議連の候補者の応援をしていることに対して批判的な板が立ってました。
まぁ、2ちゃんねるに書かれていることでいちいち反応しててもしょうがないので気にしてませんでしたが、ここ数日、同様に批判的な意見のブログをチラホラと散見しました。
「釣り」や「工作員」の可能性も含めていろいろ考えましたが、家族会の方々に冷ややかな態度が日本の大勢を占めていると思われてはいけないので、書かせてもらいます。

本来であれば、国民の代表者である全ての国会議員が、国の存亡に関わる重大案件である「北朝鮮による拉致事件」を真剣に討議すべきでしょう。
しかし、残念ながらこの問題に熱心に取り組んでいる議員は一握りです。
被害に遭われているご家族にしてみれば、少しでも親身になって国政の場で取り上げ発言してくれる人に当選してもらいたいと思うのは当然です。
いや、ご家族が候補者の応援演説として高台に上がりマイクを持たなければいけない状況にした国、及びその主権者たる国民こそ批判されるべきでしょう。
それなのに、横田さんが信頼している候補者の応援をすると、どうして批判されてしまうのか?
私だったら、そんな国や国民に絶望してますよ。
批判的な人の立場に立って考えてみましたけど、どうやってもその心情は私には理解できないです。

今回の選挙にしても、行財政改革を争点にするのはいいけど、拉致事件に触れている人は僅か。
国会議員がその程度ってことは、国民もその程度ってことですか?
これは、多くの人にとって拉致事件はどこか遠い世界の「可哀想な話」でしかない、という現状を表しているのでしょうか?

郵政民営化法案を通そうとしている小泉政権を優位にするために米国が巨額の広告費を投入したという話がありましたが、拉致事件においては北朝鮮からある程度の工作資金と要員が投入されているのでしょう。
横田さんに限らず、最近特に家族会へのバッシングが目立つように思えます。
そんな北朝鮮の工作活動に惑わされてはいけません。
家族会が孤立しない世論を作り、国政に反映させていく、そんな選挙にしたいです。
[PR]

by k_milliard | 2005-09-08 10:50 | 拉致事件関連