2005年 08月 03日 ( 1 )


2005年 08月 03日

主演、河野洋平

戦後60年決議、自民、民主から欠席者(朝日新聞)
>  自民、民主、公明、社民4党の賛成多数で採択された2日の「戦後60年
> 決議」の採決で、決議に慎重・反対と見られる平沼赳夫前経産相ら自民、
> 民主両党の数人が棄権・欠席をした。

>  平沼氏は採決前に議場を退席。記者団に「過去のことで反省すべきは
> 反省しなければいけないが、国会は法案などを審議する場で、国論を分
> けるようなことをあえて決議することには疑問がある」と語った。

>  民主党では達増拓也、西村真悟氏らも本会議を欠席した。

[戦後60年決議]「何のための国会決議なのか」(読売新聞)
>  採択の方針が、衆院議院運営委員会の理事会で降ってわいたように決まったのは、わずか
> 1週間前のことだ。
>
>  河野洋平衆院議長の強い意向があったという。自民、公明、民主、社民の4党の賛成多数
> で、すんなりと決まった。共産党は反対した。自民、民主両党の議員も10人近くが採決に先立
> って本会議場を退席した。
>
>  民主、社民の両党は当初、「植民地支配や侵略的行為」などについて「深い反省の念」を表
> 明した戦後50年の国会決議よりも後退しているとして、難色を示していた。だが、「ここに十年
> 前の『歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議』を想起し」との文言を加えることで、賛成
> に転じた。

「歴史問題の正しい処理は当然」 中国外務省(産経新聞)
>  中国外務省の孔泉報道局長は2日、日本の衆院が同日採択した戦後60年の国
> 会決議について談話を発表。「中国人民の抗日戦争勝利60周年に際して、日本が
> 侵略の歴史を反省し、歴史問題を正しく処理するのは当然だ」と指摘した。

いったい誰がこんな決議を採択しようとしたんだ、と思っていたら、河野洋平衆院議長の強い意向ですか!?
んで、決議後に中国外務省がこれを評価したと・・・とほほ・・・
エラい分かり易いな構図だな。
あぁ、きっとこれはあれだ、中国が企画プロデュースした下らないコントに間違いない。(笑)

そりゃ日本もダメになるわ、衆院議長が真っ赤な中国シンパだってんだから。
それから、共産党が反対した理由が分からないんだけど、一部反対した議員を除き基本的に自民、公明、民主、社民が賛成したというところに、日本の危機的状況が反映されてますね。
まったく・・・国会で何をやってんだか・・・
[PR]

by k_milliard | 2005-08-03 10:20 | ニュース