んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 07月 29日 ( 2 )


2005年 07月 29日

鶏が先か卵が先か

出生率、働く女性多い地域はアップ 厚労白書(朝日新聞)
>  出生率は女性が働く地域で高く、男性が長時間労働している地域ほど
> 低い――。厚生労働省が少子化の要因を都道府県ごとに分析したとこ
> ろ、こんな傾向が浮かび上がった。保育所の利用しやすさや気温の高さ
> はプラス、家計に占める教養娯楽費の割合の高さはマイナスに働くことも
> 分かった。29日に発表した05年版の厚生労働白書に盛り込まれた。

>  白書は「近年、北欧諸国のように女性の就労が進んだ地域の方が出生
> 率が高い傾向があり、女性の就労と出生率には正の相関がみられる」と
> し、国内でも同様の傾向があるとした。研究者の間では「育児をしながら
> 働く女性のニーズに応えれば、出生率に好影響を与える」と言われてい
> る。

この研究者の意見は、なるほどと思う。
たしかに、育児をしながらでも働きやすい環境が整っている社会は理想だ。
それに、女性の就労と出生率が傾向としてそうなっているのも分かる。
しかし、だからと言って出生率の高さの要因として女性の社会進出の高さを挙げているとしたら、少々論理として雑ではないのか。
白書でも触れている通り、お互いに相関関係はありそうだけど、どちらが要因なのかまでは分かっていないはずだ。
例えば、子供が生まれたことにより経済的な理由から共働きの必要に迫られて女性がパートなどを始めるケースもあるだろう。
つまり、出生率が高いから女性の就労が促進されている、とも言えるからだ。
きっと、お互いが複雑に絡み合いこのような傾向として表れていると思うんだけど、どうも「少子化の要因は」という議論が前提になっているだけに、情報が正しく伝わっていないように思える。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-29 13:44 | ニュース
2005年 07月 29日

「まさか」と思ったときには遅い

公判中、被告が被害女性殴る 証人尋問「かっとなった」(産経新聞)
>  28日午後2時5分ごろ、愛知県安城市で2月、幼児らを殺傷したとして殺人罪な
> どに問われた氏家克直(うじいえ・かつなお)被告(34)が名古屋地裁での公判中、
> 突然立ち上がり、検察側証人として出廷した事件の被害者の20代主婦を背後から
> 殴りつけた。主婦は救急車で搬送され、額に一週間のけが。

> 公判は約1時間20分後、氏家被告の前についたてを置き、腰ひもをつないだまま
> 再開された。裁判長は「なぜ、あんなことをしたのか」と尋ね、被告は「声を聞いて
> かっとなった」と答えた。

>  公判は午後2時に開廷。検察官は「氏家被告が暴行したのか」と質問。主婦が被
> 告人席を振り返って確認し「間違いありません」と答えた直後、被告が襲いかかっ
> た。氏家被告の手錠と腰ひもは外されていた。刑務官3人が制止しようとしたが間
> に合わなかった。

>  弁護側は「氏家被告は犯行時、統合失調症などで心神喪失状態だった」と無罪を
> 主張している。

どうやったらこいつが更生もしくは完治するのか知らないけど、少なくともこの状態のまんま野放しにするのだけはやめてくれ。

で、この件に限らず、最近護送中に逃げられたりするニュースをよく見るけど、犯罪者や容疑者に対して甘いよね。
人権さんがウルさいんだと思うけど、犯罪を犯した者を信用し過ぎてるって言うかさ。

   まさか殴るとは思わなかった・・・
   まさか拉致しているとは思わなかった・・・
   まさか侵略するとは思わなかった・・・

この裁判だって刑務官がいながら「まさか」って感じでしょ?
こういうことは、例え万が一であっても万全にお願いしますよ。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-29 11:31 | ニュース