んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 07月 19日 ( 2 )


2005年 07月 19日

ヤバッ! しっかり渦中にいるよぉっ!

まずは、以下のサイトを見てください・・・

労働者共産党
教育労働者への告発攻撃と反動教科書とは同列

> そのような状況の中、大阪府豊中市での今年三月の小学校卒業式で、教頭が子ども・保護者に
> 「起立」と、「君が代」の「斉唱」とを告げたので、教師Kさんは「日の丸・君が代の強制に
> 抗議します」と言って、その場から静かに退場したのであった。
> ところが四月十八日、豊中市教委の浅利教育長は教師Kさんを卒業式を妨害したとして、
> 「威力業務妨害」で豊中警察署に刑事告発した。そしてKさんを学級担任からはずすという
> ことも強行している。
> 以降、この教育労働者への告発攻撃と「つくる会」教科書攻撃とは同列にあるものとして、
> 反撃の闘いが進められている。六月十三日には、大阪ヨンデネット主催の「歴史の歪曲-
> 教科書改悪を許さない」集会の後、教育委員会への取り組みが行なわれている。
> 六月二二日には、豊中市で「扶桑社の教科書を採択させるな・教育労働者への弾圧をゆるすな」
> 集会が、大阪ユニオンネットワークの主催で開かれた。集会後、市教委のある豊中市役所まで
> デモ行進を貫徹。
> 市役所に着いたデモ隊は、市教委宛ての申入書を持って庁舎内に入ろうとしたが、ドアが
> 閉められ、市教委の職員が阻止してきた。周りには私服、制服がうようよする中、三十分に
> わたって抗議のシュプレヒコールを続けると、ついにドアを開けた。代表十人で市教委に面会し、
> 申入書提出の目的を果たした。

日の丸・君が代に対抗するネットワーク(略称:反ひのきみネット)
「日の丸・君が代」の強制に抗議した教員Kさんを刑事告発
>  4月18日、豊中市教育委員会の浅利教育長は、今年3月の卒業式で、起立して「君
> が代」を斉唱させられることに対して『日の丸・君が代の強制に抗議します』と発言し、そ
> の場から静かに退席しただけの豊中市立西丘小学校の教員Kさんを、卒業式を暴力的
> に妨害したとして「威力業務妨害罪」で豊中警察署に刑事告発しました。


当ブログを見て頂いている方々の中には、薄々私が住んでいるトコロが何処なのか感づいていた方もいると思います。
本当は内緒にしておきたかったんですけど、そうも言ってられない事態が起きつつあるようです。
そう、私は豊中市の住民なのです。
今まで、当ブログで教科書の採択への妨害活動や卒業式で公務に従わない教師を批判してきました。
が、まさか自分が住む市でも、全く同じ動きがあったとは今日まで知りませんでした。
猛省です。

あぁ、ちょっと自分に喝を入れていいですか?

どこに目ぇつけてブロガーやってんねん、ゴルァアッ!!!

ヒーッ
オロオロ;;;

まだ、我が市での動きについて詳細は掴んでませんし、この連中のこともよく知りませんが、応援メールとか色々自分なりに出来ることを考えて手を打っていくつもりです。

また、なんか分かりましたら記事にします。
取り急ぎ、オロオロと記事にしました・・・(大汗)
[PR]

by k_milliard | 2005-07-19 13:19 | 教科書採択
2005年 07月 19日

怪しいバイトは止めておけ

英情報機関、テロ容疑者監視せず・英紙が判断ミス指摘(日経新聞)
>  【ロンドン17日共同】ロンドン同時テロの実行犯とされるカーン容疑者(30)や、首
> 謀者とみられる男がテロ以前にも捜査線上に浮かんでいながら、英国内情報機
> 関、情報局保安部(MI5)が「国家の安全にとって脅威ではない」などと判断し、監
> 視下に置いていなかったことが分かった。17日付のサンデー・タイムズ紙が報じ
> た。

歴史ある情報機関がある英国でさえ困難なテロ対策。
情報機関も無いスパイ防止法も無い日本は、テロに関してほとんどザル状態じゃないのか、と思うと恐ろしくなってくる。

さて、今回の同時爆破テロ、私にはどうしても分からないことがある。
それは、現段階では「自爆テロ」ということになっているけど、「自爆する」或いは「自爆させる」ことの必要性だ。
もしくは、「自爆テロ」でなければならない理由はなんなのか。

実行犯は自爆することを知らされないまま、それぞれの持ち場に配置させられた、とする見方がある。
だとしても、地下鉄やバスなら自爆せずとも時限装置で十分だったのではないのか。
もしあれが、近づくのが困難な要人や要所を狙ったものであったのなら、自爆の必要性はあったろう。
しかし、特定の人物や場所を狙ったわけではなく、一般市民が乗り合わせているだけの交通機関で、わざわざ仲間や同じ思想を共にする人を犠牲にしてテロが出来るものなのか。
もちろん、私はどんな手段であれテロは否定するし、やってはいけない卑劣な行為だと思っている。
ただ、テロをする側の立場に立って考えた場合、今回の事件が「自爆テロ」だとするのなら、仲間内からも支持されないやり方だと思える。
それに、テロの前に実行犯全員が一つの監視カメラに写っているのも不自然な話で、監視カメラがたくさんある駅周辺で全員が一緒に行動するなんて、まるで「これからこいつ等に自爆テロをさせるぞ」という証拠を写させているようなものだ。
これは、犯行後、調べたら直ぐに足がつくように仕向けた、と言うことなのか。
実行犯は単なるコマに過ぎず、スケープゴートだった、と言うのだろうか。
それは、テロで犠牲になった被害者だけでなく、実行犯とされている人達にとっても悲しすぎる・・・

もし、そうであるなら、自爆したのは操られただけのテロリストとは無関係の人間だったと言うのなら、これは日本でも現実的に起こり得るテロだと思う。
例えば、生活に困っているような人とか目先のお金に簡単に動いてしまうような人にちょっとした大金を握らせ、「この荷物を○○に何時に届けてくれ」とバイト感覚で依頼する。
やろうと思えば、英国よりも日本の方がやり易いように思う。
考えてたら恐ろしくなってきた・・・

二度とロンドンで起きたようなテロが世界のどこであろうと起きないように、と願うばかりである。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-19 10:46 | ニュース