んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 07月 13日 ( 1 )


2005年 07月 13日

2005年は一大転換点たれ

扶桑社の歴史・公民教科書 数都県で採択の動き(産経新聞)
>  新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の中学歴史・
> 公民教科書が十二日、市区町村立中としては初めて栃木県大田原市で採
> 択されたことで、関係者は「全国各地に有望な地区があり、第一号が出て教
> 育委員らは勇気付けられるのではないか」と波及に期待している。また、現
> 在同社の歴史教科書を使用している私立中八校すべてが継続して採択する
> 方針であることも同日分かった。(教科書問題取材班)

扶桑社の教科書採択に関する問題について関心のある方には蛇足になりますが、これは何が問題かと言うと、扶桑社の教科書の内容の評価以前に、各自治体の教科書採択において特定の教科書だけが妨害され、関係者が犯罪性の強い嫌がらせ行為を受けているところに問題があります。
大まかに言えば、反戦平和を掲げつつ反日行為に勤しむ市民団体や一部マスコミが中国や韓国の外圧を利用した暴力的手法で、これまで以上に日本の思想的弱体化を図ろうとしている、ということでしょう。
これに対して、「これはおかしいぞ」と思い始めた国民が少しずつ増えてきたんだと思います。

しかし、現実社会ではまだまだ厳しい状況は続いていると思います。
例えば、首相の靖国神社参拝にしても、私の知り合いの比較的リベラルで戦前の日本を懐かしむような年配の方が、「どうして小泉さん、参拝しはるんやろうねぇ」と言っているのを聞いたことがあります。
また、愛媛県で前回扶桑社の教科書が採択された際、愛媛の人で扶桑社の教科書を軍国主義的内容で右翼が作った教科書だと本気で思っていた人がいました。
当時、現地ではそういう空気が支配的で、テレビの報道や新聞を鵜呑みにしていると、確かにそう思ってしまう環境にあったと思います。

今はどうでしょうか。
少しずつ流れは是正されてきているとは思いますが、なかなか現状を変えていくのは難しいでしょう。
しかし、こうやって事実を堅実に積み重ねていくことで、世の中が変わることを信じたいです。
[PR]

by k_milliard | 2005-07-13 10:41 | ニュース | Trackback(4) | Comments(19)