んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 19日 ( 1 )


2005年 06月 19日

マスコミが不信感を助長?

遺族説明会、ビデオ撮影で打ち切り JR脱線事故(産経新聞)
>  JR西日本が18日に開いた脱線事故の遺族説明会で、「個人の記録用」と許可を得て内部の様子をビデオ
> 撮影していた遺族の女性が、途中で「放送局のビデオ」と話したためほかの遺族が反発、JR側が「議事進行
> できない」として説明会を打ち切ったことが、出席した複数の遺族証言で分かった。
>
>  証言によると、女性は開会直後に撮影を申し出て、遺族側にビデオを向けず、JR側だけを撮影する条件で
> 許可を得た。JR側は説明会をマスコミに非公開とし、出席者に対してもほかの遺族の肖像権などを理由に撮
> 影の自粛を要請していた。
>
>  開始約4時間後の午後2時ごろになって、別の遺族から指摘があり、女性が放送局の依頼を受けたと認め
> たという。
>
>  出席者からは「撮影されないと思ったから来たのに」などと反発の声が上がり混乱、JRが説明会の終了を宣
> 言した。
>
>  閉会後、女性は共同通信の取材に撮影と発言を認めた上で「JR西日本の態度は信用できないので、発言
> を記録しておけばよいと思った。ビデオを持っていなかったので、民放の人に借りた」と説明。ビデオとテープは
> 「返しておいて」と別の人に託し、どうなったか知らないという。
>
>  出席した遺族の1人は「JRの説明が途中で終わり、何も決まらなかったことは残念で仕方ない」と話した。
>
> (共同)

JR西日本の態度が信用できないのは、ごもっとも。
ただ、結果的に遺族側の間で不信感が広がったのであれば、この女性が取った行動は軽率だったと言わざるを得ない。
それと、この記事だけでは詳しく分からないが、女性と放送局との間でどのようなやり取りがあって、このような事態に至ったのかが気になる。
この女性が、ただ単に機材だけを放送局から借りたと考えるのは不自然だし、スクープ狙いのような放送局側の思いをどうしても感じてしまう。
また、ニュース映像を見る限り、説明会に出席しようとする遺族にマスコミの記者やカメラが殺到しているように見えた。
取材するなとは言わないが、中には取材されたくない遺族もいるだろうし、その辺の配慮はされているのだろうか。

とにかく、一旦芽生えた不信感というものは、なかなか消えないだろう。
JR西日本への不信感だけでも相当なモノがあるだろうに、それに加えて遺族間でもお互いが信じられないなんて、これではまとまる話もまとまらないのではないだろうか。


--- 追記です ---

朝日放送、説明会の映像放映 JR西が配慮申し入れ(産経新聞)
>  朝日放送(ABC、大阪市)は18日のニュースで、JR西日本が福知山線脱線事故の遺族を対象に非公開で
> 開いた説明会の模様を撮影した映像を放送した。
>
>  JR西日本は同日、朝日放送に対し「取材自粛を要請したのに、映像には遺族の姿が映っているばかりか、
> 肉声まで入っていた。極めて残念」として、今後映像を使用する際には配慮するよう申し入れた。
>
>  遺族説明会は18日午前10時ごろから、兵庫県宝塚市のホテルで開かれ、犠牲者90人の遺族計240人が
> 出席。JR側は、遺族から要望があったとして報道各社に会場内での取材自粛を要請していた。
>
>  朝日放送によると、出席した遺族からビデオテープを入手し、夕方の全国ニュースと夜の地域ニュースで放
> 送した。同社広報室は正規の取材活動とした上で、抗議について「コメントする話ではない」としている。
>
> (共同)

予想通りというか、やっぱりアサヒ系列でしたか。
こっそりやっておいて、何が「正規の取材活動」だ。
JR西日本の姿勢を追及するのは報道機関として結構なコトだけど、と同時に遺族側にも迷惑をかけているという認識はあるのかな?
いや、無いんだろうなぁ。
いっそのこと、アサヒの取材クルーにこそ日勤教育を導入したほうがいいんじゃないの?(皮肉)
[PR]

by k_milliard | 2005-06-19 00:30 | ニュース