2005年 06月 14日 ( 2 )


2005年 06月 14日

利用されているのか?

台湾先住民ら、靖国神社の訪問断念 衝突懸念で警察が要請(産経新聞)
>  小泉純一郎首相が靖国神社を参拝したのは違憲で精神的苦痛を受けたとし
> て、国などに損害賠償を求めている台湾先住民ら約60人が14日、戦死した台湾
> 先住民の合祀(ごうし)取り消しを求めるため、靖国神社を訪れようとしたが、右翼
> が神社の周囲を占拠したとして、訪問を断念した。
>
>  台湾の先住民族は1940年代、旧日本軍の南方最前線に大量に投入され、多く
> が戦死し靖国神社に祭られたとされる。原告側は「加害者と同じところに祭られて
> いるのは許せない」として、2度にわたり靖国神社を訪れ、合祀の取り消しを求め
> たが、神社側は拒否したという。

来日している台湾の先住民の方々の思いは別にして、彼らを取り巻く環境というか訴えているやり方は、まんま左系列の組織のやり口と同じではないだろうか。
客観的に見れば、そう思わざるを得ない。
それとこの際、戦前戦中の高砂族に関する報道をするのであれば、もっと掘り下げて伝えるべきだろう。
このニュースを浅く聞いただけでは、まるで台湾でも日本軍が強制的に酷いコトしかしてないように受け止められかねない。
ご存知の方には蛇足ですが、詳しく知らない方は、このサイトを見てください。

高砂義勇伝 [異国で眠る皇国の戦士]

なにも、私は戦争を美化したくてこのような発言をしているのではなくて、偏った思想や思い込みは一旦どけて、当時あったコトや人々の思い、それに日本が戦争しなくてはいけなかった状況を冷静に見つめる姿勢こそが、これからの日本のためには必要だと思うのです。
だから、台湾の先住民族の訴えにしても、全部が全部そうではないというのをまず知って欲しいと思います。
この件がテレビでどのように伝えられるのか知りませんが、従軍慰安婦や南京大虐殺などのように、日本批判のネタとして「定型化」されてしまったモノと同列に扱われることが無いように願いたいです。
[PR]

by k_milliard | 2005-06-14 13:03 | ニュース
2005年 06月 14日

自由の国が不自由の国をサポート

米MS、中国でブログ検閲に協力 「自由」「民主主義」など禁止(産経新聞)
>  AP通信によると、米マイクロソフト(MS)は13日、インターネット上で自分の意
> 見などを書き込めるブログの開設サービスの中国版「MSNスペース」で、中国政
> 府に協力して書き込みを検閲していることを明らかにした。
>
>  AFP通信のインターネット版によると、「自由」「民主主義」「人権」「台湾独立」な
> どの言葉を含む意見を書き込もうとすると、「それらの言葉は禁止されています。
> 他の言葉に置き換えてください」とのメッセージが表示。中国政府にとり好ましくな
> いテーマの書き込みはできない仕組みになっているという。

恐ろしい・・・
もし、これと同じように日本でもブログが検閲されているとしたらと想像してみたが、マジで寒気がするほど恐ろしいと思った。
人権擁護法案・・・
冗談じゃなく、私たちの目の前まで迫ってきている。
まるでミステリーかSF小説の世界のように思っていたコトが、現実に起きようとしているようだ。

それから、この記事で気になったのが、自称「自由と博愛の国」アメリカの企業であるマイクロソフトが検閲に協力していた、という事実。
IT関連でアメリカが中国の圧制をサポートしているというのが、どうにも違和感がある。
アメリカは中国の人権弾圧などを非難しているはずなのに、これはどう考えたらいいのか?
これについてマイクロソフトは議会から何も言われないのかな。
あるいは、アメリカと中国の間で、なんらかの取引でもあるのだろうか?
[PR]

by k_milliard | 2005-06-14 12:59 | ニュース