んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 06月 02日 ( 1 )


2005年 06月 02日

かくして事実が捻じ曲げられる

対馬沖の日韓にらみ合い続く(産経新聞)

この事件が韓国側でどのように報道されているのか、特に以下の二点が気になる。

1.日本の排他的経済水域に侵入したこと
2.海上保安部員2名を乗せたまま逃げたこと

以前にも韓国漁船の違法操業については取り上げたことがあるが、ますます韓国側は図に乗ってはいないだろうか?
おそらく、韓国では日本側に非があったかのような報道がなされるのではないだろうか。
そして日本側でも、事を穏便に済ませようと画策する政治家・マスコミの発言が予想される。
この件は違法操業の疑いなので刑事事件の範疇になると思うけれども、これを日本人がどう捉えるのかと考えた場合、国民の国防意識の低さも露になってくるように思う。
つまり、南北合わせた半島側は「これくらいいいだろう」とタカを括りナメているからこそ何度も侵入を図るのであって、これに対して毅然とした態度をとらないといけないのは当然の話で、漁船だけではなく不審船や潜水艦などの侵入に対するのと基本的な姿勢においては同じだと思う。

人の足を踏んでおきながら、「踏んだ足の裏が痛い、謝れ」と被害者面するようなアホに容赦する必要などない。
[PR]

by k_milliard | 2005-06-02 12:58 | 朝鮮 | Trackback(8) | Comments(8)