んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 05月 22日 ( 1 )


2005年 05月 22日

韓国人の店は韓国人が潰す

町田のパブ従業員刺殺事件、男は以前も店に出入り(朝日新聞)
>  東京都町田市の韓国パブで従業員の女性が客の男に刺殺された事件で、男が以前に
> も数回、この店に来ていたことが21日、警視庁の調べでわかった。また、死亡した女性
> は「キム・インス、45歳」と名乗っていたが、韓国籍で同市原町田6丁目、金敏淑(キム・ミ
> ンスク)さん(53)と判明。

この事件とは直接関係ありませんが、私の親戚がかつてスナックを経営していた頃、馴染みの韓国人客が店で暴れた話を思い出しました。
店はかなり被害を受けたそうで、その韓国人は出入り禁止になったらしいです。
それが警察沙汰になったのか詳しい話までは知りませんが、その後しばらくの間、悔しそうにその話をしていた親戚を思い出してしまいました。

おそらく・・・おそらくこの事件でもそうですが、韓国パブとか韓国スナックのような韓国人が経営しているのが明らかな店で問題を起こす客は、韓国人(&朝鮮人)だと思います。
(「おそらく」と念を押しているのは、これは私の感じている印象でしかないので、断定はしません・・・)
なぜそう思うかと言うと、このような問題を起こす韓国人は喧嘩っ早い短気な性格の人でしょうし、こういう人はあちこちの日本の店でも小さなトラブルを起こしているはずです。
すると、だんだん受け入れてくれる店が自然と韓国系の店に限られてくる。
そこでおとなしく飲んでたらいいのに、悲しいかなアルコールが入るとどうしても粗暴な面が出てしまう。
経営者も韓国人だから最初のうちは大目にみてくれてるんだろうけど、それを良いことに「安心して暴れられる環境」で暴れてしまい、ついには警察も動くような事件に発展してしまう。
韓国人が韓国人の店で起こす事件の裏には、こういう流れがあるように思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-22 15:41 | 朝鮮