んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 05月 06日 ( 3 )


2005年 05月 06日

「メディア関係者」という胡散臭さ

週刊誌記者ら2人を逮捕 事件現場民家に侵入(産経新聞)
>  調べでは、2人は6日午前8時半ごろ、鎌倉市長谷の現場民家の敷地に、立ち入り禁止のロープをくぐって
> 侵入した疑い。逮捕されるまでの約25分間、写真数枚を撮影したという。
>
>  侵入するのを目撃した近くの住民が2人を取り押さえた。

>  ■桂敬一・立正大教授(ジャーナリズム論)の話 逮捕された記者とカメラマンが実際に現場を荒らす行為
> をしていたかどうかが、逮捕が適正かどうか判断する上で重要なポイントだ。警察は必要以上に広くロープを
> 張ることがあり、付近の住民の通行を認めることもある。警官の権限を余り広く認めると、表現の自由を制限
> することになりかねない。メディア関係者がロープ内に入っただけで逮捕された、ということならば好ましくない。

JR脱線事故におけるマスコミの不必要な加熱報道に辟易としていたけど、社会正義を振りかざし他人の権利を侵害するのが当たり前になっているマスコミ。
取材のためなら何でも出来るという驕りに吐き気がする。

この記者も問題だが、この事件にコメントしている教授にも問題がある。
この人、論点がズレまくり。
警官の権限を広く認めると表現の自由を制限することになりかねない、という指摘だけなら頷ける部分もあるが、これでは逮捕された記者の行為を容認しているようなもの。
この教授の主張からは、正義のためなら手段を選ばず、というテロ容認理論に通じる匂いを感じる。
警察権力を監視するジャーナリストの使命は分かるけれども、この記者の行為はそういうレベルの話じゃないだろう。
彼らの動機には正義なんか無くて、ただの興味本位じゃないの?
メディア関係者なら何やっても無罪放免かよ。
火事場泥棒のような行為を英雄のように持ち上げるのは止めなさいって。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-06 14:24 | ニュース | Trackback(4) | Comments(12)
2005年 05月 06日

英霊のつっこみが聞こえぬか?

靖国問題は日中で知恵を 山崎氏、要人と協議の意向(産経新聞)
>  山崎拓首相補佐官は5日午後、訪問先の中国・上海市内で記者会見し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝
> について「この問題の解決には知恵がいる。(日中)双方が出し合わなければならない」と強調、解決策を両国
> 間で協議する必要があるとの認識を示した。同時に「北京で話し合いたい」と述べ、6日から訪れる北京での中
> 国側要人との会談でこうした考えを伝えることを明らかにした。

この前の選挙では、すっかり創価学会のお世話になったそうですが、山崎補佐官さっそく活躍されてますね。
寝技に持ち込んで問題の解決を図るつもりなんでしょうか。
どうあがいたところで、中国の方が上手で丸め込まれるのがオチのような気がするけど。
と言うか、首相の靖国神社への参拝を「靖国問題」として問題化し、中国の外交カードの一つにしてしまっているコト自体が問題だと思うんだけど。
これって、お互いが寄り添って知恵を出し合い解決しなきゃいけない問題なのか?
そもそも「靖国問題」って言ってる時点で日本の屈辱なはずなんだけど。
祀られている人が「わし等は問題かい?」ってつっこみ入れてるぞ。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-06 10:23 | ニュース | Trackback(9) | Comments(2)
2005年 05月 06日

嘘で塗り固められた楽園

北の麻薬、核開発資金源に 日米、密輸ルート摘発へ(産経新聞)
>  北朝鮮の麻薬密売は、中国の吉林省など東北部が主要ルートの1つになっているとみられており、政府は中
> 国との連携も重視している。「北朝鮮は中国側の暴力組織に資金を提供して、麻薬密売組織として活用してい
> る」(日中関係筋)との見方もある。最近では、北朝鮮が「偽人民元」も製造しているとの情報もあり、「麻薬密
> 売ルートや偽札製造に関する日米中の協力関係の構築が重要だ」(同)といえそうだ。

北朝鮮が麻薬密売をして日本がその受け皿になっているのは周知の事実だと思ってたけど、アメリカも黙って見ているワケにはいかなくなったのかな。

しかし、偽造して金に成るモノなら何でも偽造してそうだな。
中国の貨幣まで偽造か。
法律も義理人情も、なんにも関係ない、なんでもアリの世界。
ある意味、これぞ「地上の楽園」だ。
[PR]

by k_milliard | 2005-05-06 09:58 | 拉致事件関連 | Trackback(1) | Comments(0)