んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 03月 27日 ( 1 )


2005年 03月 27日

きっかけはなんでもいい

数年前になりますが、たまたま仕事が休みだった日に地元の議会を観るために市役所に行ったことがあります。
ちゃんとHPで日程と時間をチェックしてから行きました。

その日の議題はもう忘れてしまいましたが、観覧席には私を含めて約10名いました。
その中には、マンション建設反対を訴えている市民の方が5名ほどいました。
議員の中に、マンションの建設反対運動を支援というか推進している人がいたので、その議員の支持者だったと思います。

議員と行政側の質疑応答が何度も繰り返され、初めて市長の肉声を聞くことが出来ました。
おそらく、国会も含めてどの議会でも基本的な運営方法は同じなのでしょう。
議題に対して多数決を取ったときには、まぁだいたい国会の与党と野党と同じような状況になってました。
与党側の会派と野党側の会派。
ですが、さきほどのマンション建設反対の議員だけは一匹狼みたいな感じで、全ての議題に対して反対してましたね。
共産党でさえ賛成しているのに、反対はその議員一人でそれ以外の議員が全員賛成、っていう議題もありました。
あとで調べたら、その議員は労働組合系で、ちょーっと裏がありそうな感じでした。

なかなか議会を観る機会は無いとは思いますし私も何回も行ったわけではないですが、生で観てみるというのは良いことだと思いました。
国会だとちょっと話のレベルが大きいこともありますが、地元の議会だと、「あそこの駅前の開発をどうするんだ」とか「保育園の統廃合をどうするんだ」とか、自分の生活とかなり密着した議題を話し合っているので、観ていて飽きるということは無いと思います。

なんでもいいと思うんです。
政治に興味を持つきっかけですから。
きっと政治に興味の無い人でも、「え、これっておかしいんじゃない?」と疑問を持ったり興味を示すことがあるはずです。
また、議会を生で観た人が、その状況を周りの人に話してみるというのもいいかもしれません。
最初は下らないことでもいいと思います。
「あの議員、話し方が変なんだよ」とか「うちの地元は自民党が強いみたい」とか、なんでもいい。
とにかく、地元の議会でも国会でも、興味を持つというのが大事でしょう。
その最初の一歩が、大切な一票につながっていくように思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-03-27 18:55 | 寸評 | Trackback | Comments(0)