んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 01月 28日 ( 1 )


2005年 01月 28日

韓国滞在記-3

で、お墓参りです。
韓国の昔のお墓は、土葬の上に盛り土をしたものです。
父は両親のお墓参りをしたいと言うので、小雪ちらつく悪天候の中、私と親類の人が左右から父を支えながら山を登りました。
山と言っても村のすぐそこで、30分ほどでお墓までたどり着きました。
村の近くにお墓があると言うよりも、お墓の傍に人が住んでいる感じ。

私からするとお爺さんとお婆さんのお墓は、それぞれ別の場所にありました。
お墓は、日本の墓地のようにズラ~ッと近接して並んでいるのではなく、ある程度離れた場所に間隔を空けて点在していました。
日本だと夫婦が同じ墓に入るのは普通ですが、韓国の古いお墓は一人につき一個。
お爺さんとお婆さんのお墓は、結構離れていました。

ふと気づくと、この盛り土のお墓が向こうの山奥に向かってずぅ~っと続いているのが分かりました。
いや、それは山と言うより、山全体がお墓と言っても過言ではないのですが、つまり私はそこでご先祖様のお墓を一望したのです。
一体、どれだけのお墓があるのか見当もつきませんが、とにかく見える限りの山奥まで全て私のご先祖様のお墓でした。
この光景に私は圧倒されました。
価値観が変わるというのはこのことで、決して私は一人で突然ポンと生まれてきたのではない、ご先祖様から延々とつながる「歴史ある命」なんだ、と一瞬にして悟りました。
なにしろ、ご先祖様との時間的なつながりが、立体的なビジュアルと共に目の前に広がってるんですから、これを見せられて何も感じないわけがない。
私の故郷は日本ですが、それを一発でこの地に引き寄せるだけの迫力があった。
もし私が韓国で生まれ育ちこの光景を見ていたとしたら、間違いなく一族の一人としての存在意義を感じ、個人としてだけではなく一族の繁栄のために生きたと思います。

しかし、日本に帰ってから冷静に考えました。
私は日本で生まれ、日本で育った。
血のつながりとしての故郷はあの村かもしれないけれど、私の故郷はやっぱり日本。
私は日本でしか生きられない。
一族の、ご先祖様とのつながりを悟ったのと同時に、これからも日本で生きていきたいと思いました。

その日の夜、村で一番の物知りという人が部屋に来てくれました。
私に、ご先祖様の話をするためです。
韓国にはそれぞれの姓の家系図をまとめた広辞苑のように分厚い本があり、この本を元に、その人が私に私達一族の話をしてくれました。
この本に記載されている一番古いご先祖様は、今の中国の内陸部に住んでいたそうで、その子孫のある人がその土地から離れ別の場所に移住したそうです。
それから何代かの後、この村に定住した人がいた、と。
その人が、云わばこの村を切り開き、今の私達につながるご先祖様である、ということでした。
最初のご先祖様から何百年経っているのか正確には分かりませんが、とにかくスケールのでかい話でした。
その本には、私の名前も記載されていました。
しかし、日本で日本人と結婚した女性の名前は記載されていませんでした。
それは、その家系図に日本人の名前は載せられないというよりも、その家族の自主的な判断で申告していないという感じでした。
ひょっとしたら、本当に、その家系図には韓国人の名前しか載せられないのかもしれませんが、定かではありません。
純血主義の強い韓国だから、あり得る話かもしれません。

韓国での滞在記は、これでひとまず終わりにします。
私が韓国語を話せたりハングルが読めたりしたら、もっといろんなことが経験できたと思います。
でもまぁ、普通の観光旅行では体験できないことばかりだったので、私の貴重な体験になりました。
もう父は他界してますし二度とあの村に行くことはないでしょう。
でも、あの村での出来事は、今でも私の大事な思い出となっています。
[PR]

by k_milliard | 2005-01-28 12:56 | 自分のコト | Trackback(1) | Comments(7)