んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2005年 01月 15日 ( 1 )


2005年 01月 15日

韓国滞在記-1

もう十年以上前の話になりますが、私が韓国に行ったときのことを何回かに分けて書きたいと思います。

韓国に行った時期は年末で、向こうで新年を迎え、約一週間滞在していました。
目的は、父の兄弟が勢ぞろいするという法事に出席するのと、父が生まれ育った田舎で先祖のお墓参りをすることでした。
滞在中はずっと父の親戚の家を泊まり歩き、観光といえばソウルでちょっとしたくらいです。

当時の韓国は、ソウルの中心街は新宿のような雰囲気があり、地方都市の中心部は日本の繁華街とそれほど変わらない様子でした。
ただ、それ以外の郊外などは、10年20年くらい前の日本といった印象を受けました。

まず食事について。
今、韓国料理というと焼肉とかピビンバとか結構一般的になってますが、滞在中に美味しいと感じたものはあまりなかったです。
一般家庭の普通の家庭料理ばかりで、日本の味付けに慣れている私の口には合わなかったですね。
たしかに、キムチはどこで食べても日本のものよりも美味しかったですけどね。
そんな中、父の田舎で食べた食事だけは、とびっきり美味しかった~。
特別変わった料理ではなく、白米とキムチと野菜と魚くらいなんですが・・・これが感動するくらい美味しかったんです。
おそらく、山と海に囲まれた村だったから、全て自給自足で地元の天然モノはかりだったからじゃないかと思います。
他には何もない、「ド」が付くほどの田舎でしたけど、あれだけ美味しいものを毎日食べられるというのは、物凄く幸せなことだと思いました。

食事といえば、法事では食べきれないほど大量の料理がでました。
韓国では、お客様に対しては食べきれない料理で迎えるのが作法のようです。
万が一にも料理が食べつくされるという事は「あり得ない話」で、韓国人としてのプライドにかけてもあってはならないことのはずです。
良く言えば心意気、悪く言えば見栄と言えるのではないでしょうか。

心意気・見栄に関しては、父は会う親類縁者に対して、漏れなく全員にお金か品物を渡していました。
一人に渡す金額は大したコトないと思うんですけど、必ず幾ばくかのお札を握らせ、子供には玩具なども与えていました。
当時の父は既に働いておらず、安いアパートで母と暮らし、裕福とは言えない生活をしていました。
それでも、韓国に帰る日を楽しみにしてコツコツとお金を貯めていたようです。
私が小学生の頃なんか、父が韓国に帰るからというので、母から「おまえもお父さんに何か」と言われて、泣く泣く私のチョロQとかシャーペンを父に渡し、それを親類へのお土産として韓国に持って行ったことがありました。
子供のものを奪うくらいなら新しいものを買えばいいだろうにと思いましたけど、あの時、私は初めて不条理というものを感じました。(笑)
どうして父がそんなことをしたのかというと、これも韓国人としてのプライドの高さが成せるワザではないかと思います。
たとえ自分がヒモジイ食事しか出来なくても、親類の前では格好をつけておきたいという気持ち、そんな父の心境は理解できても感覚として私には分からなかった。
先ほどの客人に対する食事といい、このへんに韓国人として引くことの出来ない精神性の何かがあるような気がします。
だから、韓国人と接していて、相手から過剰な「何か」を感じたとしたら、それは韓国人らしさだと捉えて、そのプライドを傷つけないように「上手くノッてあげる」のが優しさだと思います。
[PR]

by k_milliard | 2005-01-15 12:31 | 自分のコト