んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2004年 12月 17日 ( 1 )


2004年 12月 17日

やりたい放題

イラク派遣反対ビラ:「頑張ってきてよかった」3被告無罪(毎日新聞)
> 「被告人らは、いずれも無罪」。約1時間におよぶ判決理由読み上げの後、主文が言い渡される
> と、満員の傍聴席から「やったー」という叫びと大きな拍手が起こった。長谷川憲一裁判長が「退廷さ
> せますよ」と制止したが、どよめきはやまない。男性が玄関前で「無罪」の紙を掲げると、支援者ら約
> 50人が抱き合い、うれし涙を流した。
>
>  判決後、被告の3人と弁護団は東京都八王子市内で記者会見。大洞俊之さん(47)は「主文が読
> まれるまではドキドキしていた。僕にとっては(公務員の)職を失うかどうかの闘いだった」と、ほっと
> した顔を見せた。
>
>  大西章寛さん(31)は「単なるビラ配りが公訴される異常さを実感していた。判決で『表現の自由』
> に触れてもらえたのがよかった」。高田幸美さん(31)も「支援してくれた人たちと頑張ってきてよか
> った」と声を詰まらせた。栗山れい子・弁護団長は「過激な行動をするわけではない、普通の市民団
> 体だと認定してくれた」と話した。
>
>  一方、判決を知った検察幹部は「集合ポストではなく、わざわざ玄関前まで入ってきてドアにある新
> 聞受けにビラを入れているのに」とぶぜんとした表情。別の幹部も「一度追い返されたのにまた入っ
> てきて配っている。ビラをまかれて不快な思いをした人がいるということは軽視できない」と不満を見
> せた。中には「起訴すべき事件だったのかという気がする」と指摘する検事もいた。

自衛隊宿舎のビラ配り無罪 東京地裁八王子支部(河北新報社)

自衛隊宿舎のビラ配り無罪 逮捕「憲法に照らし疑問」(中国新聞)
>  さらに「入居者からビラ配布をやめるよう求められたことはあったが、管理者から団体側
> への正式な抗議はなく、様子を見ながら続けようと考えたのは間違った判断とはいえない」
> と指摘した。

嫌がっている人に対して無理矢理やるのは、セクハラと同じです。
「表現の自由」を錦の御旗に掲げさえすれば、何でも許されるのでしょうか?
被告人の一人は公務員のようですが、もし私が、
「国費の無駄遣い削減のため、このような人から真っ先にリストラすべき」
と訴えるビラをこの人の家や近所に配布し、止めてくれと言われても止めなかったとしても、それは法的にも構わないということですか?

一般の普通の国民がこんなことを平気で出来るとは到底思えない。
「表現の自由」とか言ってないで、ハッキリ言ったらどうなの。
相手が自衛隊だから、国だから、やりたい放題やってるんでしょうが。

「思いやり」のような人情とは縁の無さそうな人たちだなぁ、とつくづく思った。
[PR]

by k_milliard | 2004-12-17 12:46 | 寸評 | Trackback | Comments(4)