んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2004年 08月 14日 ( 1 )


2004年 08月 14日

金銭提供はよくないけど、

巨人・渡辺オーナーが辞任 スカウトで金銭提供判明し引責

ナベツネがこの程度の話、というと怒られるのかもしれないけど、でオーナーを辞任するというのが、少なからず違和感がある。
金銭提供はたしかによくない。
だが、他球団でもやっているようなコトで、唐突に辞任するというのがどうにも解せないのだ。
これでは明大の一場君が注目されて、ちょっと可哀相な気もする。
そんなコトを言ったら、過去にもっとエグい話がいくつもあったんじゃないのか?

昔、仕事で知り合った人がアマ野球のちょっとした関係者で、プロのスカウト事情に詳しかった。
その人が、プロのスカウト活動の酷さについて、
「(スカウトで)巨人がいつも槍玉にあがりますけど、もっと酷いことしてるのは西武ですよ。」
というコトを言っていた。
例えば、ある選手を獲得するために、その選手の身内を関係会社に就職させてあげる、とか。
そういう話を、憤りをもって語ってました。

今回は金銭提供という分かり易い形で表面化したけど、さっき例え話でしたような話って、もっと生々しいしエグい。
こんな表沙汰に出来ないようなケースが、過去にはいくつもあったろうと想像に難くない。
もし、このコトだけでナベツネがオーナーを辞任するというのなら、全球団のオーナーが辞任しなきゃいけないような気がする。


金銭提供というコトで話をします。
今回のような金銭提供はよくないけど、日本の、特に伝統的な社会などでは師匠や先生に金銭や物を「付け届け」などと称して渡すのが慣習になっているコトが多い。
建前としては弟子や生徒が感謝の気持ちとして渡したりするけれど、本音は、このお金で便宜を払ってネ、他の人よりも贔屓にしてネ、という意味合いが強い。
こういうコトは、そういう社会に入ってみないと分からないコトで、そういうコトと関わりなく普通に暮らしている人にはピンとこないと思う。
なんか、金銭等を渡しているという話だけを聞いたら、凄く悪いコトをしているように聞こえるかもしれないけど、その世界では当然の慣わしとして行われてきている。

金銭提供がいいのか悪いのか、と問われれば、悪いと答えざるを得ない。
しかし、現実の社会では今でも、提供する額の多い少ないで物事が決まっていたりする。
例えば、今まで一生懸命努力してきて、やっとある資格とか権利を得るトコロまで登りつめた、と。
すると、それを決める人から暗に金銭の提供をチラつかされた、或いは金銭の提供が決まりごとのようになっていた、とする。
こんな状況だったら、どうしますか?
お金を包みますか?それともキッパリ断りますか?
もし、金銭を提供したコトで後から批判を受けたとしても、私はその人のコトを批判しない。
私だったら、それが慣習になっていたのなら相場に合わせてお金を包みます。
それが不当な要求に思えたら(あくまで主観によりますが)、断るでしょう。

この辺の線引きは曖昧だし、一概には言えないコトかもしれない。
人によっては、一切金銭提供なんかしない、という人もいるかもれない。
それはそれで立派だと思う。
一方、そうではない人のコトは、そのコトだけで責める気にはならない。

こういうコトを言ってると共産党員から凄い非難を浴びそうだけど(笑)、そういう世界もあるんだと理解してください。
[PR]

by k_milliard | 2004-08-14 02:08 | 寸評 | Trackback | Comments(0)