んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2004年 07月 13日 ( 1 )


2004年 07月 13日

党の衰退を象徴する代表

NHKスペシャル「有権者の審判にどうこたえるか」

何気なく観ました。
観たというか、最初はラジオで聞いてて、帰宅後テレビで観ました。

各党の代表が出演されてました。
選挙の結果、思い通りになった党とそうではなった党の違いがハッキリししてて面白かったです。

自民・安倍さんと公明・神崎さんはいつものまま。
神崎さんなんか余裕でしたね。
民主・岡田さんは、まだまだイケるって感じで元気そのもの。

一方、悲惨だったのが社民・福島さんと共産・志位さん。
福島さん、声はかすれるわ顔はむくむわで、見た目3~5才は老けましたね、この選挙で。
党の規模がどんどん縮小していくのがよほど堪えているのか、観てて可哀そうなくらい疲れてました。
思わず「もういいよ。言いたいことは分かったから、誰か止めろって」とつっこんでしまった。
あれじゃ、体がもたないな。
強壮剤かなんか、ほら、巨人の清原が打ってるというニンニク注射。
あれでもやったほうがいいよ。
社民党は支持してないけど、あれじゃ福島さんが哀れだわ。

それから志位さん。
岡田さんと同じく日焼けしてんだけど、日焼けがまるで似合ってない。
岡田さんのはゴルフ焼けみたいで健康的。
志位さんのは貫徹明けの二日酔いみたいな感じ。
疲れてるのがアリアリ。
なんか、腹話術の人形みたいになってた。
頭はいいんでしょうね、秀才タイプっていうか。
でも外で遊ばなかった感じだな。

などと、勝手なコト言ってますが・・・

政治家って、特に党の要職の人って、体力ないと選挙なんて出来ないんでしょう。
言いたいコト言う前に倒れちゃいそう。
やっぱ、体がデカいとか声がデカい、っていうのは政治家にとって大事なんだろうな。
[PR]

by k_milliard | 2004-07-13 12:24 | 寸評