んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2004年 06月 15日 ( 1 )


2004年 06月 15日

何を守るか?

何を守るか?
で、その人のスタンス、考え方が分かる。

私が守るモノは、自分と家族。
これはほとんどの人がそうだと思う。
そして地元。
今住んでいる場所の環境が悪くなるようだと困る。
私はあまり土地には固執しない方だと思うけど、それでも自分の家族のコトを考えれば、場合によっては訴えるところに訴え出る。
少し前になるけど、住まいの環境に関して問題が生じたときに、訴えるところが役所くらいしか思いつかなかったから、役所に電話して事情を説明しようとしたことがあった。
そしたら、担当者の事務的な対応に腹が立って、自分でも驚くほど大きな声を出して怒ってしまったことがあった。
話がそれたけど、住んでる環境も守る対象になる、と思う。

その延長線上に、国がある。
少なくとも、私にはそうだ。
だから、国は守るものだ。
国家が国民を守る、と同時に、国民も国を守るもののように思う。
それは、自分を中心として守るべきものの大きな単位、と考えてもらっていい。
他国からの侵略が分かりやすい例えだと思うけど、それを少しでも許すということは、ひいては自分にも害を及ぼしかねない問題だからである。
つまり、国を守るということは、自分をそして自分の家族を守ることにつながる。

最近、外交といっていいのか分からないけど、世界の中で他国と話をする際に「国益重視」という言葉がよく聞かれるけど、最近この言葉が少しボヤけていてよく分からない。
いったい、何が日本の国益なのか?
商売で損しない、という損得の意味か?
それとも、将来の子孫まで含めた国民の生命の意味か?

何を国益と捉えるか、何を守るか。
国政では、そこのところをちゃんと押さえておきたい。
[PR]

by k_milliard | 2004-06-15 12:56 | 寸評