んなアホな!

nnaahona.exblog.jp
ブログトップ

2004年 05月 28日 ( 1 )


2004年 05月 28日

遠くてもつながっている

10年程前になるが、会社の後輩と話していたトキ、どういうワケか話題が北方領土になったコトがあった。
そのいきさつは忘れてしまったが、彼が言ったある一言だけは今でもしっかり覚えている。

「北方領土なんて、どうでもいいや。関係ねぇもん。」

私は絶句してしまった。
だから今でも覚えているのだ。

他人事、その一言に尽きるだろう。
たしかにそうだ。
私だって北方領土には行ったコトがないし、これからも行く可能性はかなり低いだろう。
もし、明日ロシアから返還されたとしても、直接私の生活が何か変わるとも考えられない。

北朝鮮による拉致事件。
もし、明日北朝鮮が拉致した人を全て解放し、全ての情報を明らかにしたとしても、直接私の生活が何か変わるとも考えにくい。

だからどうした。

おかしい。
国の主権が侵害されているというのに、関係ないとはどういうコトだ。
自分の隣に爆弾が落ちないと分からないか?
自分の家族が連れ去られないと分からないか?
その鈍い神経はどうやったら治るんだ?

他国の理不尽な暴力によって人生を狂わせられた人がいる。
その家族の人生も狂ってしまった。
息子の帰りを待ちながら毎日のように泣きながら亡くなってしまった人もいる。
この人達に石を投げるようなマネが出来る神経が私には分からない。

主権侵害の問題は、私たち国民全員の問題である。
たとえ自分の生活に直接関わりがないと思えても、この問題は私たちにつながっている話だ。

日本人が日本人を守らなくてどうする。
[PR]

by k_milliard | 2004-05-28 03:05 | 拉致事件関連 | Trackback(1) | Comments(0)